平成23年の暮れのこと。ある新聞の文化部関連の記事が目に留まりました。大大的な扱いでした。
「清明上河図」が中国国外に初出品、しかも日本にやってくる。
「清明上河図」 上海万博において、この絵の動くデジタル復元画像が中国館パビリオンの大画面で放映されるなど、現代中国においてもお宝中のお宝。清朝最後の皇帝溥儀も自伝(日本語版)において「逸品中の逸品」ということを書いています。
 なぜ、内戦中に国民党政府によって台湾に移動させられ台北の故宮博物館にではなく、中華人民共和国に現在保管されているのか・・・。歴代皇帝に秘蔵され、清朝崩壊後の近現代の政治と戦争の荒波にもまれ、第二次大戦後、北京の故宮博物院に戻されるなど数奇な運命を辿った秘宝中の秘宝・・・・。
 前出の溥儀の自伝「我的半生」(日本語版「わが半生」)にもそのいきさつが書かれています。私が読んだのは、まだ十代の頃、ベルトリッチ監督、ジョン・ローン主演、アカデミー賞受賞(最優秀作品、監督賞、主演男優賞など受賞。音楽賞に坂本龍一氏。)の映画「ラストエンペラー」を見た後、書店で買ったものです。今世紀に入ってかなり改定された版もありますが、これは読んでいません。KC3D0232

当日、まずは東京は有楽町にやってきました。時刻は午前11時半。
交通会館の中に入っている全国各地のアンテナシヨップめぐりです。
最初は大阪府の「大阪百貨店」からスタート。大阪名物粉モンで腹ごしらえ。





KC3D0234KC3D0235










KC3D0236


 香川県は食事はありません。物産販売のみ。











KC3D0237 
KC3D0239

 博多のアンテナ店です。福岡県としてではないようです。いちごのあまおうソフトが人気でした。寒いですが、買って食べます。右の写真はほとんど食べてしまった「ミニあまおうソフト」のお姿をとらえたものです。


KC3D0240

同じく地下には和歌山県があります。通路をはさんで反対側に富山県などもあります。










KC3D0241 1階の中央入口の横に北海道があります。まさに有楽町駅前の一等地。
じゃがバターが人気でにぎわっています。
 試食もありました。冷凍の食品を購入し、家で食べることにしました。








アンテナシヨップめぐりのため、なかなか東京国立博物館に辿り着きません。
乾隆(カンロン)帝がお待ちかねです。これは若かりし頃の皇帝の肖像画ですね。
KC3D0242