良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

2018年06月

 

千寿「天むす」 購入 近鉄名古屋駅 2018年6月 

 千寿「天むす」 購入 名古屋駅  2018年6月 

 名古屋駅。(地元では、「なごやえき」ではなく「めいえき」と呼ぶ。)「名古屋うまいもん通り」の一角にある「まるは食堂」食事をした。その後、天むすを買いに。売店を探す。
 「地雷也」の天むすは、食べたことがあった。今度は千寿も食べてみることにする。(ずっと以前、千寿も食べたことはあったと思うが、覚えていない・・・・。)
 
↓ 千寿の天むす
  食べてみると塩味がきいいる。塩水を米にふりかけて味付けしているように感じた。エビは小さいかな。
 (エビも画像に入るように撮影
  


IMG_2496

 駅の改札付近は人が大変多いが、ビル内の通りを進むと人どおりは少なくなる。
 ピークタイムを過ぎているため店の入口では、待っている人はいない。待合のイスには誰も座っていない。すぐにカウンターの席に案内された。

 ↓ 「元祖 めいぶつ天むす」は登録商標されていた。

 近鉄名古屋駅の付近にある。「天むす」の売店を探しに向かった。

IMG_2495

 「天むす」の売店を探す。
 近鉄名古屋駅の改札付近にあった。ここに来るのは、子供のとき以来だ。子供の頃、近鉄特急で伊勢志摩に行ったことがある。そのとき以来だ。「あれ、こんな改札だったかな?。」と全く駅の様子は覚えていない。
 あのときに名古屋のタクシーの運転者から聞いた名言「名物に、うまいもの無し。」は今でも忘れない。(このブログでも何回か書いたと思う。どこで書いてのか、覚えていないが・・・・。)

 近鉄名古屋駅は地下であった。地図を見れば地下にあることは、わかるが、意外にもJRの駅(めいえき)から近鉄までは通路が狭くて分かりにくかった・・・・。

 「千寿」の本店は三重県の津、というので、以前、津市を訪れた際に探しに行ったことがある。しかし、同行の家族から「早く伊勢神宮のおかげ横丁に行きたい。」と文句を言われたので、早々に津から退去したことがあった。結局、津市内の本店は見付けることが出来ずじまいだった・・・・。 

↓ 「千寿」売店の様子。ほとんど単品経営店舗。5個入りで720円のセットのみの販売のようだった。


IMG_2488


 現在、名古屋で有名なのは 「地雷也」と「千寿」だろうか。販売網では 「地雷也」である。販売箇所でいうと、 「地雷也」はあちこちで買うことができるが、「千寿」の売店は少ない。
 個人的には、「千寿」のほうが、塩味がきいていて、自然のおにぎりの味がして(塩味は濃いが。私は加齢のためか、味付けの薄いものを好むようになったので。)よいように感じた。「地雷也」よりも おにぎりのお米がやわらかい。あまり、固めていない食感。
 人によっては「地雷也の方がおいしいよ。」と言う人もいる。事実、今回「千寿」を買っていっても、そう言われた。「地雷也」のおにぎりの方が、固くてエビも含めて、プリッとしていて食べやすいかもしれない。
 販売力では「地雷也」、希少性では「千寿」といったところか。どちらが、おいしいかは個人の嗜好の問題が大きいので、永遠に解決しないかな。




まるは食堂「えびフライ」 食事 名古屋駅 2018年6月 

 まるは食堂「えびフライ」 食事 名古屋駅  2018年6月 

 岐阜県立美術館を見学、その後電車に再び乗って、名古屋市内に移動した。名古屋駅で降りる。
 (地元では、「なごやえき」ではなく「めいえき」と呼ぶようだ。)

 ランチの時間帯はとっくに過ぎていた。昼食の場所を探す。名古屋駅にたくさんお店はあるので。
既に14時頃である。

 名古屋名物といわれる「えびふりゃー」にチャレンジすることにした。「まるは食堂」が有名である。知多半島の先端、美浜町が本店であると記憶する。名古屋市内や中部空港にもお店があることを思いだした。一度、行こうかと思ったことがあったが、まだ行ったことが無かったので丁度良い機会だった。確か、名古屋駅にもあったなと思いスマホで検索する。 
 名古屋駅の改札から少し外れた駅ビルの1階の通路に「まるは食堂」のお店はあった。 

 ↓ 店の看板と通路の様子。
 

IMG_2491

 「名古屋うまいもん通り」の一角にあった。

IMG_2493

 駅の改札付近は人が大変多いが、ビル内の通りを進むと人どおりは少なくなる。
 ピークタイムを過ぎているため店の入口では、待っている人はいない。待合のイスには誰も座っていない。すぐにカウンターの席に案内された。

IMG_2492


 ↓ 1,460円(税込)の定食。エビフライが2本ある。

  漬物はたくあん。同じく名古屋名物の「味噌煮込みうどん」と異なり、白菜ときゅうりの漬物は無い。私は「漬物男」なので(笑)こだわるなあ・・・・。しかし、酢の物が付きます。油ものなので確かに漬物よりも、酢の物の方が付け合せとしては、いいですね。エビフライ2本は、どんどん食べてしまった・・・・・・。
 味噌汁が付いている。通常の関東の味噌汁のような味で、濃い赤みそでは無い。
 まるは特製のタルタルソースがついている。プラ容器をプチっと押して、タルタルを出すようになっている。

IMG_2489


↓ 店のカウンターの様子。めいえきのお店は「JR店」というそうだ。
  あとエビフライの「断面」も撮影。大きいエビなので、フライの衣は密着していない。よって、かぶりつくと、衣は離れてしまう。エビそのものを噛みしめます。

IMG_2490


 「数量限定 JR店のみ」の超特大 有頭エビフライもあったが、さすがに(加齢のため)、カラダが受け付けないのでヤメておいた。
 次いで、近鉄名古屋駅の付近にある。「天むす」の売店を探して向かった。






JR名古屋駅 乗降と駅ビル内の様子 2018年6月 

 JR名古屋駅 乗降と駅ビル内の様子 2018年6月 

 岐阜県立美術館を見学、その後電車に再び乗って、名古屋市内に移動した。名古屋駅で降りて改札の外に出た。 (地元では「なごやえき」ではなく「めいえき」と呼ぶようだ。)

 ランチの時間帯は過ぎている。昼食の場所を探す。14時前の時間帯である。
 ↓ 駅ビルに「高島屋」が入居している。オープンしてまだ1年か1年半くらいらしい。
 

BlogPaint

 一番の課題は「名古屋ではエスカレータは左なのか、右乗りなのか?。」を解決することである(苦笑)。
 以前、とあるラジオ番組を聞いていて偶然「名古屋は東京の大阪の中間なので、左右のどちらでもない・・・・・。」ということ(番組が募集したリスナーの投稿)を耳にしたことがある。しかし、今自分で見る限り、東京と同じく、「名古屋は左寄り」である。つまり「エスカレータの進行方向左側に寄って乗り、右側を、歩行する人達のためにあけておくこと。」である。
 名古屋では特に左右のごちゃごちゃ乗りでもないようだ。結論は「主に左側寄り、右空け。」。
 先月の京都駅付近でも、同様だったな。(つまり「左側寄り」)


 初夏、梅雨入りの季節となった。
 駅の改札付近は人が大変多い。多くの人が行き来している。若い人も多い。警察官も警備中で、多数巡回している。 

 ↓ エスカレータの様子。

IMG_2485


  名古屋駅から、東海道線の快速で西岐阜駅に向かった。
再び名古屋駅に戻り、降車して改札を出て食事に。

IMG_2464


↓ 「めいえき」の駅ビル内、「名古屋うまいもん通り」にある「まるは食堂」に行った。
  


IMG_2493



2018年5月 もつ鍋 食事 (万作家 博多駅前) 

 2018年5月  もつ鍋 食事 (万作家 博多駅前) 

 福岡といえば「もつ鍋」だ。最近の福岡訪問は、夏の暑い季節に来ていたせいか、汗をかきながら食べることを嫌ったためか今まで、もつ鍋を食べたことはなかった。
 今回は春の気候のいいときの福岡訪問。先に、もつ鍋ついての記事投稿だ。

 観光して夜、再び福岡市内に戻ってきた。
 博多駅近くの「万作家」のお店で食べることにした。私が博多駅の近くのホテルに宿泊していたためだ。


 ↓ 運ばれてきた、もつ鍋。 普通の小腸の部分だけではない。
   色色な部位が入っている。よって見た目はバラバラかな。

IMG_2251

 あとで、ガイドブックなどを見たのだが、もつ鍋に入れる小腸以外の肉の種類は、ハツやセンマイなどらしい。
 私は黒い表面の肉は「ギアラ」と思ったが、違うらしい・・・・・。
 
  居酒屋ような店内である。最初は奥の座敷に通された。神奈川と違って、分煙は徹底されていない。かなりタバコ臭い・・・・・る私は構わないが、子供連れなので、出入り口付近のイステーブル席に変更してもらった。幸い、タバコのけむりは来なかった。店内には、おじさん、おばさんのグループ、その隣りは学生らしいグループもいる。祝日ではあるが、夜の平日の居酒屋にいるようなサラリーマン風の人も多かった。熟年の男女のカップルも。

 店の案内には「すき焼き風」のもつ鍋とある。

 スープはすきやきのタレのようなものを入れたかな。しょうゆ色の液体。
 もつ鍋は、人数分頼んだ。一人前1296円(消費税コミ)。トッピンク゛ができる。豆腐(焼き豆腐)をトッピンク゛した。一人108円(消費税コミ)。シメは別料金とのこと。一人前162円(消費税込み)だったかな??。で「ちゃんぽん」にした。通常ならば、「ごはん」であろうが。ここの店はちゃんぽんがいいらしい。
 鍋は、店の人が段取りしてくれるので、肉の入った鍋に野菜などを自分で、投入するのではない。
 

IMG_2253


 鍋には、豆腐が目立つ。ニラ、キャベツなど。肉はかなり縮む。特にセンマイは縮んだかな??。でも、どれがセンマイかよく分からなかった・・・・
 子供のリクエストで、馬刺しを注文した。熊本名物であるがメニューにあった。子供は馬刺しが大のお気に入りなのだそうである。もつ鍋よりも「馬刺しが食べたい」とあとで言っていた。

 シメは別の料金である。 シメは人数分では多いようだ。よって一人前少なくして、「ちゃんぽん3人前。」にした。
  シメのちゃんぽん麺を投入する!!。と、野菜などは隠れてしまった・・・・・。この時点で肉はほとんど食べつくした。鍋は、分厚い。ガスコンロがついていた。その上に鍋をのせる。
 カウンター席では、テーブルの上にコンロ台は無い。よって持ち運び式のコンロをカウンター席の上に置いて料理していた。
 

IMG_2256


  会計を済ませると21時頃であった。1時間と少しいたかな。
 

 
↓ 久々の博多駅 筑紫口。新幹線の改札に近い方。
 福岡は賑わっているな。


IMG_2125

 博多駅の筑紫口の前を通って、ホテルに戻った。

IMG_2126





プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ