良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

2020年07月

 

奈良のたび 奈良国立博物館へ 2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 奈良のたび 奈良国立博物館へ  2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 7月22日 祝日、4連休初日。飛行機で伊丹空港に到着した。

 地下鉄のなんば駅から、近鉄に乗り換える。さらに地下の近鉄駅に階段をおりる。
 8:42 近鉄線 奈良行きの電車に乗る。沿線の景色を見ながら移動。同じ学校の制服を着た女子学生が多く乗っている。電車、山のすそ野にさしかかり、モーターの音をウイーンと上げて、のぼっていく。大阪市内方向がよく見えるが、曇天でややかすんでいる。花園ラグビー場のスタンドもよく見える。
 「ああ、昨年の秋(11月のこと)にもこの路線に乗ったが、あのときは、クリアな晴天だったな。あのときでは、今年のコロナの流行で旅行がこんなにも制限されるとは全く予測できなかったな。」と思う。この日は、まだ梅雨のあけない曇天だ。
 生駒山のトンネルを抜けて、学園前でその制服の生徒は降りて行った。昨年11月の平日の朝に乗車したときには通学で多数乗っていた、帝塚山学院?の生徒であろう。この日は、祝日なので部活であろうか?。しばらく、部活も禁止されていた関係で試合の生徒も多いらしく、試合の道具などを持った他の学校の制服、ジャージ姿の中高生は、阪急、地下鉄でも見た。近鉄沿線の学校のグラウドでも練習している光景が見られた。

 
 9:18 近鉄奈良駅に到着。
 伊丹空港を出て、まっすぐ、奈良に向かったが、1時間半はかかった。うーん、空港から時間がかかるなあ。
 自宅からの所要時間で考えると、新幹線で朝6時過ぎ発の新横浜から「のぞみ」乗車し、京都駅到着が2時間後の8時過ぎ。乗り換えして、近鉄京都経由、近鉄特急で近鉄奈良駅までやってき方が早いであろう。
 でも、飛行機の料金は11,550円でお得だったし(新幹線は12,000円くらいは、EXで購入でもかかる。)、マイルも貯めたということでよしとしよう
 近鉄奈良駅の改札を出て、地上に。駅前付近は、それなりに人がいる。歩道を歩いて、緩やかな坂を奈良国立博物館へ歩いて行く。
 「人が少ない・・・・。全然いないぞ。」と気づく。私の前に歩いている人は1人だけ。振り返っても、私のうしろには、2人くらいしか、歩いていないのだ・・・・・・・・・。
 春先、3月の時点でテレビのニュースで奈良公園付近の様子が放映されて、「観光客が激減している」と報道されていた。ならの光景は「新型コロナ感染症流行の影響で観光客が激減した観光地の象徴」のようになっていた。あれから5か月近く経過したが、7月下旬の時点でも観光客は戻っていないようだ。もっとも、蒸し暑い夏のこの時期は、観光客は減る時期であるが・・・・。
 
  ↓ 近鉄奈良駅から奈良国立博物館への歩道の風景・・・、人が少ない。

IMG_3690

 ※ 帰宅してから時刻表で調べてみたが、新幹線利用の場合は、京都駅で乗り換えになるが、8時30分京都発の近鉄特急が奈良行き特急の始発。これに乗ることができれば近鉄奈良駅に9:05着。時間的には、あまり変わらないかな??。

 途中、歩道にあった奈良の観光巡回バス「ぐるっとバス」のバス停を見る。4月の途中から全便運休であった。観光客が激減しているからであろう。
 昨年の11月に来たときは、月曜休みで見学できなかった平城宮跡の東院庭園や遺構展示館に、時間があったら「ぐるっとバス」に乗って、行こうと思ったが、路線バスでも行けるが本数が限られた筈。今回は、断念した。またの機会に。でも、「今年の秋は(感染拡大の再流行などがあった場合)来れるのかなぁ?。」と、ふと頭をよぎった。
 ↓ 近鉄奈良駅から奈良国立博物館への歩道上、奈良県庁前のバス停。
   「ぐるっとバス」全便運休の告知。

IMG_3692

 歩道を歩く人は少なく、シカせんべい店の周囲には、鹿が群がっている。エサをあげる観光客が少ないので、シカは、直接売店のシカせんべいをおねだりしているようだ・・・。
 ひたすら蒸し暑い中を歩いて、9:34頃、奈良国立博物館の前に到着。なら仏像館に入る。
 9:30に開館した直後であった。
 奈良でもセミの音はすごかった。「シャンシャンシャンシャン・・・シャカシャカシャカシャカ・・・。」と途切れることなく凄い音。

DSC00783







奈良・京都のたび(羽田発~伊丹空港~大阪へ3) 2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 奈良・京都のたび(羽田発~伊丹空港~大阪へ3)  2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 7月22日 祝日、4連休の初日のこと。
 
↓ 「大阪国際空港」 伊丹空港のビル。モノレールの駅より。
 

IMG_3686

 機体の外に出ると、伊丹空港のロビー、搭乗ゲート付近は人が全然いない。出発する飛行機がないためか、乗客が少ないからなのか、いつになく、すいているぞ。 
 出口に急いだ。昨年の11月に来たときと同様に、ビル真ん中まで歩く。遠い~。手荷物は預けていないので、すぐに外に出る。

 
IMG_3684

 ↓ 到着出口のところ。工事の結果、一か所に集約された。
  せっかく、工事して新しくなったのだが、北(主にJAL)と南(主にANA)、二か所に分けてほしいな・・・・。

IMG_3685


 7:44頃、空港ビルの外に出る。自動ドアがウィーンと開いて、外に出るとセミの音が突如として耳に入って来る。凄くうるさいぞ!!。「ミンミン・・・」ではない、「ほえほえ」でもない、「シャンシャンシャンシャン・・・シャカシャカシャカシャカ・・・。」ような音だ。
 神奈川県所在の自宅付近、都内でもこんなにうるさくない・・・。伊丹、豊中付近は、住宅も多いのだろうが、朝からこんなにもセミの音がすごいのか。今、聞こえているセミの音は「ジジジジ・・・・」という、アブラセミの音ではない。関西は、クマゼミのようだ。 
 で、蒸し暑い

 ※数日後のこと。何気なくラジオをきいていると、某コメンテーターがこの季節、東京と関西を行き来していて感じることは「・・・関西と関東はセミの声が違う。大阪のセミは、うるさい。」であるという。「東京のセミは、大阪よりも静かだ・・・・。大阪はクマゼミでうるさい・・・・。」という、そのコメンテーターのコメントによると「温暖化の影響で、クマゼミが関東にも来る。」という。)

 7:52発のモノレールに乗る。おなじみの時刻だが、降機が遅れたり、モタモタしていると間に合わない。普通に歩いて移動していたのでは、間に合わない場合もある。
 現に、同じ飛行機でこの時刻のモノレールに間に合った人は、20-30人くらいではないか?(と、勝手な推測だが、見たところモノレールに乗り込んできたのは、それくらいの人数だった。勿論他の便の乗客もいるであろうが。)。次は、10分後なので、急ぐ場合は、時間をロスしてしまう。
 1駅だけ乗り、改札を出て、乗り換え。阪急線に。
  8:00発 蛍池駅から阪急線の梅田駅行きの急行に乗る。車内の乗客数は、新型コロナ感染症流行下で、外出が少なくなっているとはいえ、いつもの土曜日の朝(この日は、土曜日ではないが、4連休の初日なので土曜日みたいなものだ。)より、やや少ないくらいではないか。座れないので、立っている。
  8:15 阪急梅田駅に到着。
  新幹線で移動した場合、新横浜発6:00の列車は、8:12に新大阪駅に到着。梅田、大阪駅までと考えると、「飛行機の方が、10分くらい早いのかなぁ?。」と来る度に考える。でも「眠いなあ。」。料金的には、早く予約して割引運賃が適用されれば、飛行機の方が(出張・宿泊プランなどパッケージツアーのケースを除く。)安いかな。
  阪急の駅を出て、地下に入るが、間違って御堂筋線の南改札まで、遠回りして歩いてしまった・・・・。久しぶりなので、間違った
 8:22御堂筋線 梅田駅発。なんば駅で降りる。地下鉄の駅から、近鉄の地下駅に、さらに階段を下る。

IMG_3687

 奈良に向かうことにする。

IMG_3689










奈良・京都のたび(羽田発~伊丹空港~大阪へ2) 2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 奈良・京都のたび(羽田発~伊丹空港~大阪へ2)  2020年7月(新型コロナ感染症流行下)
 7月22日 祝日、4連休の初日のこと。

 6:30 羽田発、伊丹空港行きのJAL。機内は、ほぼ満席であるが、ちらほら空席はある。かつては、朝一番の伊丹行きの便は、基本的に満席であったが、今回は空席がある。搭乗率は9割くらいかな。
 機内アナウンスによると「間隔を空けて乗客を座らせる」という措置は、6月中までで、7月以降は通常通りに隣り合って座らせているという。
 

 この日は、雲りで小雨が降っているくらいの天気だった。
 機体整備場を通過し、ずんずん進む。滑走路への橋を渡って機体は進む。いつものD滑走路に。離陸町の飛行機が手前で連なっていることもあるが、本日は、待っている機体が無い。滑走路手前で待つことなく、そのまま滑走路に進入する。コ゜ーっとスピードを上げて、滑走し6:51頃に離陸した。

 曇天なのですぐに雲の中に突っ込んで上昇していく。景色はすぐに見えなくなった。
 水平飛行になると、カートのサービスがあった。しかし、メニューは普段よりも少ない。お茶紙パックの伊藤園 か、紙コップについでサービスしてくれるのは、りんごジュュースのみだ。 パックのお茶をもらう。
 機長(か副操縦士)のアナウンスが早いタイミングであった。ここ3~4か月くらい乗客は激減しているいうが、パイロットの人達は、普段と同じように乗務しているのかは、不明。
 テーブルを出して、いつもならば、コンピニおにぎりを食べるところであるが、今回は買うことができなかった・・・。早起きして眠いので寝る

 今回は、座席を進行方向左側に予約した。つまり、伊丹行きでは、南側の海なとが見えるはずなのだか、窓から見える景色は一面の雲海・・・。離陸から15分-20分もすれば、名古屋・中部国際空港上空に達するはずなのであるが、わからない。
 離陸から35分くらい経過すると、グウーンと降下を開始する。はや、大阪が近づいてきた。雲が薄くなってきて、途切れている合間から地上をみると奈良盆地の上空のようだった。

 ↓ 雲が途切れた。奈良盆地の西側、法隆寺の南のエリアのようだ。

DSC00772

↓ 奈良盆地から大阪平野に抜ける峡谷。昨年の春に高速道路で通過したなあと思い出す。
  山が迫って、川が流れている。地図で見ると関西本線もぐるっと山地を迂回して通っていますね。

DSC00773


 更に降下して雲を抜けると、霞んでいるが大阪のコンクリートの街並みがはっきり見える。
 大阪は、曇天ではあるが、降雨はしていないぞ。でも水蒸気がすごいぞ。

DSC00774

 上空から風景を眺めると、学校などの建物の合間のグラウンドの土の色が目立つ。関東地方の関東ローム層のドス黒いというか、焦げ茶色の地層と違って、関西以西のグラウドなど土が露出している場所は明るい色なので、目立つのだ。
 子供のころ、西日本に旅行したときの感想は「土の色がまぶしいな。」だった。あの頃、抱いた感想は間違っていなかった。「大人になった今もそう思うよ。」と本日、改めて飛行機の窓から大阪の地上を眺めて思った

DSC00775

 ↓ と、大阪城に。周囲のビルと比較すると小さい。
   「お城がどーんとそびえている」のではなくて、ビルの合間にこじんまりとしている感じ。

DSC00776

 お城はあっという間に通過して、大川にさしかかる。

DSC00777

 川の合流点。(2017年4月に訪問した)「藤田美術館はどこかな?。」と探す。今は建て替えで休館中のはずだ。
 写真でも判別できず・・・・。
 造幣局の敷地は、わかった。造幣局の桜並木の通り抜けの道もわかる。傍らの川にかかる橋も覚えている。

DSC00778

 ↓ 梅田付近と思われるビル群。 拡大。

DSC00779

 ↓ 梅田付近と思われるビル群。

DSC00780

 ↓ 梅田付近と思われるビル群を過ぎると淀川。淀川を渡ると、
   新大阪駅の真上を飛ぶのです。よって新大阪駅は撮影できず。

DSC00781

DSC00782


  今まで、機体の右側の座席のことが多かったので、今回は左側に座るが結局、空港に着陸直前に見えるであろう、例の某学園の目立つ色の建物は不明だった。

 伊丹空港には、7:33頃ランディング。(つまり着陸。)

 そのまま、ターミナルに。機体の外に出ると、伊丹空港のロビーには、搭乗ゲート付近も含めて人が全然いない。出発する飛行機がないためか、乗客が少ないからなのか、いつになく、すいているぞ。 
 出口に急いだ。改修後、ターミナル中央部に出口が集約されたので、すごく歩く。遠い・・・・。


 



奈良・京都のたび(羽田発~伊丹空港~大阪へ 1) 2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 奈良・京都のたび(羽田発~伊丹空港~大阪へ 1)  2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 新章です。 
 おお、何ということであらふ!?。この疫病の流行は!?。100年ぶりともいう、未曾有のパンデミックに私達は直面しているのだよ。(昔風の書き方・・・)
 民間航空機の利用者は激減という。4月から5月にかけて、航空会社のウェブサイトを見るとかなりの便が「運休」となっていた。
 今回の「たび」(以下単に「たび」)を計画した時点では、政府が出した「緊急事態宣言」が解除になって久しい。飛行機の運行本数もかなり戻っている。ただ、運賃の値段はそれほど下がっていないように感じた。
 たびに出ることを決めたのは、比較的出発の直前だったため、片道は割引運賃の利用。帰りはマイルの特典航空券利用とした。行きのマイルの無料航空券であるが、出発予定日はこの時期では異例の4連休の初日のためとあって、羽田、伊丹間の路線は既に満席で予約できなかった。

 後世のため(実は読むのはボクだけだったりして!?。)に、この新型コロナ感染症流行下の旅行の事を早めに記録しておこう。
 最近、気になることがあるのだ。マスコミでは「コロナ禍」という言葉が頻繁に使用されるやうになった。しかし、このプログでボクは「コロナ流行下」と書くことにする。今現在進行している疫病の世界的流行は厄災なのであるが、禍根の「禍」ではないことを信じているよ。ボクは。

 たびは、蒸し暑い梅雨の末期の時季だった。7月の4連休、本当は、オリンピック開催のための連休だったのであるが、オリンピックは無くなってしまった・・・・。今年の梅雨明けは遅い。この日時点でも梅雨明けの気配はなかった
 
↓ 羽田空港でゲートの横から搭乗機を撮影。 機種はB787だったと思う。
  

IMG_3676


 横浜駅を5:34発 羽田空港行きに乗車。乗客は、いつもより、すこし少ないくらいではないか。早朝の時間帯、人の動きが激減している訳ではないようだ。
 5:55駅に羽田空港駅に着く。どっと乗客が降車する。急いで、空港ターミナルに。
 地下のコンビニ(ローソン)で、いつもの通りコンビニおにぎりを買おうととるが、品切れ。補充用商品のカゴは到着して、床から積み上げられているのだが、補充する気配はない。出勤前のCAやGS(グランド スタッフ)と思われる女性や、これから空港に勤務すると思われる人が買いにきている。結局、コンビニおにぎりは買えずに、そのまま出発ロビーに。
 ↓ 羽田空港 ターミナルビル地下のローソンに。でも、この日は、お目当てのおにぎりが・・・・。
 
IMG_3666


 出発ロビー人の多さは、過去に利用した土日祝日の同じ時刻とあまり変わらないような気もするが、やはり少ない。
 6:05保安ゲート前に。ゲートも行列まではしていない。うーん、(人の多さは)4連休の初日としては少ないかも。
 大阪・伊丹空港行きにも空席がある。


IMG_3670

 6:10過ぎに、保安ゲートを通過する。
 搭乗ゲートに歩く。食事できるお店も開いているが、購入して食べる時間まではないかな、と思い買わない。6:20発の沖縄・那覇空港行きのフライトがあるのだが、ゲートのところで乗客が行列している。連休の初日(例年ならば、学校の夏休みに入っている時期だが、今年は何とも言えない。)とあってか、子連れも多い。いかにも、南の海に行きますというラフな格好のおとうちゃんもいる。


 その近くに伊丹行きのゲートも指定されている。すぐに搭乗案内となり、乗り込む。後方の窓側の座席。すでに、隣の通路側の座席には若いにいちゃんが座っていた。
  ↓ 羽田空港 第一ターミナル。12番ゲートから登場。

 
IMG_3677

 6:29には「この機体はドアがしまりました。」と、アナウンスが流れる。続いて「ドアモードをオートマにしてください。」と。定刻よりも1分早い出発となるのかな?

 しかし、機体は動かない・・・・。とにかく、ドアをはよ閉めろというのが、定時出発の極意なのかなあ?。7:39に至り、ようやく動きだす。外は雨が降っている
 機体が動きだすと、やや石油臭いが・・・・。熱が床下から伝わってくる。エンジンが動いているからであろう。と、冷房が強くなった。機内はほぼ満席だ。

 窓から滑走路を見る限り、小雨が降っているかもくらいの天気かな。本日現在、梅雨明けは奄美地方までで 本州以北は、どの地域も梅雨明けはしていないのだ。
 機体は、D滑走路まで走行する。移動するスピードが速い。

 ↓ 機体整備場前を通過。雨が打ちつける・・。

IMG_3678


途中、駐機場がある。多くの機体がとまっている。以前は、ニュースでたくさんの飛行機が停まっている映像が流れたが、以前の報道と比較すると、本日現在では、駐機はずいぶんと解消、改善されて、櫛歯が抜けたように機体が並んでいる。飛行に復帰している機体も多いようだ。


IMG_3680


  ↓ 整備場の南端で、カーブしたところ。うまく撮影できず。

IMG_3682

 



プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ