東京駅の日本橋口から数分。川を渡れば、すぐに日銀に到着です。
 川を渡った橋のたもとから撮影した本館全景。
IMG_2053














 「にちぎん体験2014」として、公開されています。東京文化財ウィークの「NO.2」にも掲載されている目玉企画です。
IMG_2083


























 IMG_2055門を入って中庭に出ます。中庭に面したここが正面の玄関のようです。















 玄関の上部。本館の正面部分。いわば「顔」に当たります。
IMG_2057














 中庭には「ポルティコ」のような?回廊になっています。古代ギリシア建築におけるイオニア式(を思わせる)柱廊。ネオルネサンス様式の建築です。(ゴメンナサイ。適当に書いています。ほほとんど間違いです。笑。)
IMG_2060


























 正面の内側。皆さん 玄関を見上げて撮影をしています。(笑)。正面の内側はトイレであることが分かりました。南東向きの本館正面の内部はなんとトイレでした・・・。
BlogPaint



















 トイレに入って行く人がいます。
IMG_2072














 IMG_2071玄関に近づいて撮影。この更に奥の部屋が旧営業場となっていましたが撮影禁止となっていました。



























 IMG_2075お札のボードから顔を出して、記念撮影ができるようになっています。















 馬の水飲み場。どうやら、この広場は、明治初期は馬の待機所(現在でいう車寄せ)だったようです。
IMG_2076




















 





 回廊をもう一度。着物で見学をしている人がいました。お茶席の帰りでしょうか?。本館の奥には、三井の新しいビルが写っています。
IMG_2079







 






 見学は中庭のみ。展示はこの中の一室にある展示室で見ることができます。建築様式としては、似ているなと思ったのが、マドリード郊外にある「エル・エスコリアル」。フェリペ二世が建てた巨大な宮殿です。エスパーニャ・ルネサンス様式の建築なので、ここを「ネオ ルネッサンス」と(勝手に)記したのはあながち間違いではありませせん。(笑)