27日の木曜日 NHK朝のニュースの中の紅葉中継は、奈良 当麻寺 西南院 からでした。(寺名の漢字については、以後「当」の字で統一します。)
 7時前の時間帯に中継がありました。すると、前日までは7時30頃にも放映がありましたから、やはりニュースの時間帯の中で複数回中継するようです。(やっと中継のしくみが理解できました。(笑)。)
 当麻寺のシンボル 東塔と西塔の二本の塔 と紅葉を中継画面でとらえていました。もっと詳しくいうと、「紅葉」と「黄葉」の両方でした。西南院からは、両塔の眺望がよいようですね。
 訪問したときは、奥院と中之坊しか拝観していませんでした。
 紅葉という言葉は、もみじの葉の色がかわりゆく様を言葉で表現したものでしようか。一般的には、よく言われるように紅葉といっても「黄葉樹」の「黄葉」のほうが多いと思います。もともと京都には紅葉するもみじが多く、その様を表した「紅葉」という言葉が京の都から全国に派生したなのでしないかと・・・。あくまで、個人的な仮説ですが・・・。

 ↓ 2013年5月の連休の訪問時に撮影。両方の塔が写っている写真を探しましたが、
   これ1枚しか撮影してないようです・・・。   
   一体、何をしていたのでしょうか!?(笑)
DSC06897














 ↓こちらは東塔。季節柄「ぼたん」と「つつじ」がきれいでした。
DSC06918














 あ~。紅葉が終わると、そろそろ今年もおしまいですね。