11/22(土)(2014)の夕刻。
 
 近江神宮の正面階段を登り楼門をくぐります。うると、朱色の門とは異なり、瓦葺の社殿があります。更に階段を登り正殿でお参りします。すいています。他に参拝者は2人か3人名程度あとから来たくらいです。
 ↓ 近江神宮の社殿
DSC00911














 正殿。これ以上進むことはできません。11月下旬の連休なので、「七五三」の参拝者もいるかと思いましたが、日没に近い時間帯だったのでいませんでした。
DSC00912














 正殿の横に連なる回廊を歩きます。
DSC00914














 水が湧きでています。比叡山のふもとの湧水でしょうか。しかし、正殿の奥には国道のバイパスのトンネルが通っているはずです。現代化の波は静かな境内にも押し寄せています。この付近で「鹿」を目撃しました。私はよく見なかったのですが、下の子は確かに見たと言いました。鹿のような鳴き声も林の中から聞こえます。
DSC00915














 正殿で参拝してから、楼門付近に戻ります。回廊には「百人一首」のパネルが。
 「大江山~ 」などの歌も含め100枚のパネルがありました。
DSC00916














 「有馬山~」
DSC00917














 ↓ おみくじやお守り売り場も閉まるところでした。白い上着?に赤い袴をはいた巫女姿の女の子が数人「店じまい」の支度をしています。時間ギリギリで近江神宮限定「ちはやふるおみくじ」を買うことができました。(笑)
 下の子はこれが欲しかったそうです。このためにエライ遠くまでやってきました。(笑)
DSC00918