11/22(土)(2014)の夕刻。
 
 近江神宮の祭神は天智天皇。天皇にちなんで境内には「時計博物館」があります。閉館は16時までなので、すでに閉まっていました。時計博物館の近くには、「漏刻」がありました。最古の時計の復元です。
DSC00920


























 ↓漏刻の説明。
DSC00919














 下の子が「勧学館を見たい」と言うので、境内の林の中の道を歩きます。社殿への正面階段から数百メートル離れた所に社務所のような建物があります。更に歩くと、境内の端までやってきてしまいました。
 階段を登った高いところにある社殿からは、琵琶湖は木々に隠れて見ることができませんでした。しかし、ここからは琵琶湖の眺望がききます。
 ↓近江神宮の鳥居と琵琶湖の水面
DSC00925














 上の写真の鳥居の所から、琵琶湖と反対方向の坂道を登ると「勧学館」がありました。普通の研修施設のような建物なので、特に全体の外観写真は撮影していません。何かの研修で来ている高校か中学生くらいの子が数人いました。建物の中には入っていませんが、漫画「ちはやふる」の記事によると、ここの二階で、毎年1月の10日から15日ころにかるたの名人戦、クィーン戦が開催されるそうです。
 ↓「勧学館」の入口部分。大津市の「OTSU」のキャラクター人形が置かれています。
DSC00926














(追伸)
 今年(2015年)の名人戦とクィーン戦をインターネット中継で下の子は観戦していました。主に(自分の目標?である)クィーン戦を観戦していました。中継では観客の様子は分かりませんが、事前申し込みと抽せんで観戦でき、抽せんで当たらない場合は、神社の境内にモニター画面が設置され、テレビ観戦もできるそうです。
 下の子は「来年(2016年)は観戦したい。(抽せんで当たらなくても)近江神宮には行ってモニター画面で。」と言っていました。開催日は冬休み期間ではなく、ちょうど新学期が始まった週の土日のようなので、果たして来ることができるのでしょうか!?。

 ↓ 近江神宮の社殿 DSC00912