11/22(土)(2014)

  国宝「智証大師坐像」「黄不動尊立像」の拝観に向かいます。像が安置されているお堂を正式には唐院大師堂というようです。
 ↓ 受付の看板。拝観は、大人1人500円。「秘仏ご開扉」とあります。入場券には「ご開帳」とありました。
DSC00848


























 聖域のため、テントから先の撮影は禁止です。
 灌頂堂の脇を歩き、小さい階段を登ります。大師堂は壁にかこまれており、門があります。唐門というのでしょうか、桧皮葺きでした。門は下の写真の灌頂堂の真裏にあるため、写真には写りません。まさに大師堂つまり、「聖域」への入口なのです。
DSC00847




















 大師堂の受付のテントがあります。ここが今回の特別公開のメインの拝観場所でしょう。説明文にも寺の「一番重要な場所」ということが書いてあります。 受付テントも賑わっています。
 受付の横に不動明王の像の写真があります。これは、拝観して知りましたが、安置されている重要文化財「黄不動尊立像」でした。
 受付横には灌頂堂があり、目隠しをした人(一般の拝観者)がお坊さんに案内されて、待機しています。こちらが、非常に気になります・・・・。 一体何をしているのでしょうか!?。灌頂堂から大師堂のエリア、テントから先は撮影禁止です。
 門をくぐり、壁にかこまれた唐堂大師堂の敷地内に入ります。大師堂内部日には靴を脱いで上がります。仏壇の扉は開かれており、お堂の外からでも正面に安置されている「智証大師坐像」を見ることができます。
お堂の内部、仏壇中央と向かって左には智証大師座像があります。右には黄不動尊立像がありました。合計で三体安置されています。
 智証大師座像は二体あり、ともに国宝に指定されている三井寺の秘仏です。左の坐像「御骨大師像」。大師の遺骨が坐像の内部に奉納されているためです。信仰的には、真ん中に安置の「中尊大師」坐像が中心なのでしょうが、遺骨が内部にある点では、左の坐像の方が重要なような印象です。二体の智証大師坐像の説明文よると共にに「智証大師の姿を写している」そうです。左の像がやや大きいようですが、像の区別については、その場で見ただけなので分かりません。
 お堂には、入れ替わり拝観者が出入りし、正座して拝んでいます。皆、偉大なる智証大師の徳にあやかりたいのでしょう。私もしばし、貴重な仏像の見学とお参りしました。
DSC00845


























 境内内の特別公開の案内板
DSC00862