2014.10.26

  「学問の神様」 北野天満宮へ参拝の後、下の子が「時雨殿に行きたい。」と言ってましたので今度は下の子の要望に沿うべく移動します。「時雨殿」とはどこにあるのか?、何の施設なのか??。私は下の子に言われるまで知りませんでした。(笑)
 
 北野白梅駅近くに車を停めます。そして、駅へ。切符を買って乗り込みます。
 IMG_1994電車の一番後ろに乗りました。出発するとすぐに次の駅です。

路線は路面電車のようです。
というより、もうひとつの線では路面を走っているところもありましたね。
































 (始発の)北野白梅駅の様子。行き止まりの駅です。どうして、北野が(京都市街地側の)始発終点で、その先の更に街中まで行っていないのかは分かりません。昔は京都市電か走っていたので市電時代は路面線になってもっと先までつながっていたと思います。(推測ですが) 市電廃止後に北野の駅も行き止まりに改造したような造りです。
IMG_1993



































 途中駅ですれ違います。単線です。

IMG_1995




































 仁和寺駅の先は丘の間の切り通しを走る期間もあります。思い出しましたが、この路線は修学旅行で来たときも乗ったことがありました。乗っている途中、車窓を見ながら「どこかで見た景色だな・・・・」と思いましたが、やがてあいまいな記憶は確信に変わりました(笑)。当時も受験の神様ということで、(短絡的に)北野神社にお参りをしたあと、嵐山にこの路線で移動したのでした(笑)。

 嵐山の駅に着きました。途中駅でもうひとつの路線に乗り継ぎしたので20分以上かかりました。北野からが北野線でいわば、分線でもうひとつが本線なのですね。基本的に北野線の電車は、途中駅(帷子の辻かたびらのつじ)で本線に乗継しないといけないようです。最初は駅の名前が読めませんでした・・・・・。
 修学旅行で最初に嵐山に来たときJRの駅ではなく、もっと嵐山の橋に近い駅で降りた記憶がありましたが、この記憶が蘇って来ました。北野から嵐山電鉄の電車に乗り、ここ嵐山電鉄の駅で降りたのですね(笑)。

DSC00714




















 嵐山電鉄の駅前付近。混んでいます。

DSC00711



















 桂川の方面。こちらも人で一杯です。どうして嵐山はいつも混んでいるのでしょうか?。
DSC00713