2014年11月24日

 彦根 旧大名庭園 「玄宮楽々園」の「楽々園」 いまだ工事中の部分もありました庭園には池は無く、「枯山水」と説明があります。ただ、既述のように配布されていた説明文書によると、もともとは池もあり、お殿様のご命令かどうかは分かりませんが、のちの時代に造作を変更した(か、いつの時代かに手入れが行き届かなくなって枯山水様式に変わった??。)ようです。

 正面から眺めた庭園。楽々園の御殿の建物から見るとほぼこのように見えます。奥にある庭園は、玄宮園です。石組みと林が残っています。芝生や一部露出している地面の先に玄宮園の池の水面が見えます。
 写真左は窪んでおり、かつての池泉の跡を感じます。

DSC01249




















 地震の間の説明と奥には、池の無い芝生と石組の庭園が広がっています。

DSC01248




















 書院につながる部分の棟は工事中。地震の間。昔の耐震構造というより、茶室で柱と柱の間が狭く丈夫な造りになっているから地震にも強いのであろうという理由だから??、『地震の間』というようです。昔のことなので、長い御公儀の太平の世の間、一度、地震で屋敷の一部が壊れてその教訓を忘れないとの意味で『地震の間』と名付けたのかと思いましたが、違うようです。
 その先には、園の名前の由来となった『楽々の間』があるようですが、工事をしています。

DSC01250



















 
 上の写真でも写っていますが、転園の中ほどに石燈籠があります。昔は、庭石ももっとたくさん配置されていたと思いますが、築山なども含めて明治以降かなり失われてしまったのでしょうか。

DSC01252




















 築山を正面から。山から滝となって水が流れ出る様を表現したのだと分かります。
 枯山水に変更する(というか説明の文脈からすると、時期は判然としないが、いつの頃からか枯山水になった??)以前は池があって、水が流れていたと説明文書にはありました。

DSC01253




















  楽々園の御殿の建物。書院は、角にあり、日当たりがよいです。
庭を観賞するのに一番良い場所です。建物自体はこの10倍はあったといいます。
 現在は失われている建物の一角で、のちの大老井伊直弼も生活をしたそうです。

DSC01254























 (既出)御殿の書院(広間)の部分。上段の間が区別されており、お殿様と家臣、来客などの対面の間だったようです。 内向きのプライベートな空間だったとのこと。
DSC01247





















 モミジと書院。 写真右は工事中で地震の間と楽々の間に続いているようです。
DSC01255