2014年11月24日

 玄宮園の池のほとりを歩きます。江戸時代の代表的な「池泉回遊式庭園」です。よって、この記事のタイトルは「見学」という語を使用せず、敢えて「回遊」とします。

 池の正面に立ちます。まず目に入るのがこの風景。正面に池と亭閣。その上に天守閣。
 この風景は数百年変わっていないのではないでしょうか。
 もっとも山の上の本丸には長櫓や低層の建物があったとは思います。現在のように「公園」としては整備されていませんでしたから、山の斜面や本丸部分には木々がもっと生い茂っていたでしょうか。
 それとも金亀山と天守閣は「借景」なので、よく見えるように管理、整備されていたのでしょうか。
 池にかかる右の橋は「七間橋」、池の中の島を経由して「臨池閣」に更に橋がかかっています。
 案内パンフレットによると「玄宮園十景」が当時から示されていたそうです。私もこれから十景を辿って「回遊」していきます。(笑)

 
DSC01263




















 まずは、天守閣をアップで見上げます。
 
DSC01264




























  方向を変えて、南(つまり先ほど車を停めた駐車場方向)を見ます。
 池に長い橋が一つ、その右に短い橋がひとつ合計でふたつかかっています。
 「玄宮園十景」のひとつ「龍臥橋」です。パンフレットでは「3」番目と番号が振ってあります。おそらく「十景の三」と呼ばれたのでしょう。池は「玄宮園十景の九」の「魚躍沼」です。まさに「魚が跳ねる」ような沼ですね。
 「池」とは命名されていません。
DSC01261




















 振り返ってみると、「玄宮園十景の七」の「飛梁渓」です。水の流れていにい「渓谷」にアーチ型の太鼓橋がかかっています。戦国時代より更に前の時代の「枯山水」様式を彷彿とさせます。

DSC01266





















 池の端まで歩きました。天守閣をバックにした庭園は、時代劇のドラマでも使用されます。お殿様が家臣を連れて歩きながら話シーンに登場しますね。
 池の中の島の名前はパンフレットの中にはありませんが、写真に写っている島の向こう側(お城側)が「玄宮園十景の十」、「鶴鳴渚(かくめいなぎさ)です。長寿の象徴、鶴の鳴く渚なのでこの島はおそらく「鶴亀島」というのではないでしょうか。勝手に命名して申し訳ありません(笑)。

DSC01267





















 舟着場跡から池の中心を望む。
 写真右の池のほとりの道は池の側を通る道とやや高い高台を通る道とふたつに分かれています。小さいことですが、池のほとりのアングルと高いアングルから借景を含めて風景を眺めることができます。
 写真には写っていませんが「玄宮園十景の八」の「涵虚亭」の跡があります。更地なので気付かず撮影しませんでした。(笑)かつての亭閣の跡ですね。
DSC01269





















 舟入なのでしょう。
  案内図には「舟着場跡」とあります。ここに舟屋は・・・、たぶん無かったですね・・・・。(あくまで想像ですが。)

DSC01270





























 (既出) 玄宮園入口にあった夜間ライトアップ特別公開の告知。
DSC01235