2014年11月24日

 名勝 玄宮楽々園のうちの「玄宮園」です。
 ささ、玄宮園の池のほとりを歩いて「玄宮園十景」を回遊しています。(本稿では「見学」とせず、敢えて「回遊」としています(笑)。)

 池をぐるっと回遊して、「玄宮園十景の六」、「鑑月峯(かんげつほう)」の少し先のあたりの池のほとり立ちます。目に入るこの風景。手前には、池の中に置石、正面奥には池にせり出て建つ「臨池閣」。その左の陸の上には茶室である「鳳翔台」があります。この風景もまた数百年間変わっていないのではないでしょうか。
 

DSC01272




















 アップで撮影。その代り、「鳳翔台」が写っていません。(笑)

DSC01273




















 「玄宮園十景の三」、「龍臥橋」の上から歩いてきた方向を振り返ります。写真右の松の木の奥が「玄宮園十景の六」の「鑑月峯」、私が(勝手に命名した)「鶴亀島」には橋がかかっています。鶴亀島の木々に隠れている辺りが「玄宮園十景の八」の「涵虚亭」跡です。
 写真では、池の水面に反射して光って見にくいですが「玄宮園十景の十」、「鶴鳴渚」も望むことができます。

DSC01274




















 橋の上から反対側を見ます。南の方向。庭園の「東口」や駐車ば方面です。写真左の紅葉しているモミジの奥が「玄宮園十景の五」の「薩垂林」と思います。見落としてしまいました・・・・。ただし、「垂」の字が違いますが・・。
 と、写真をよくよく見てみると、太陽が池の水面に反射しています。時刻は正午前です。南中時刻に近いので、ほぼ真南に近い方角から太陽が照っていることがわかりますね。(笑)
 太陽が写ったのは本当に偶然です。夜になると「月」の光も池に写るのでしょう。
 お殿様は、先に通った「玄宮園十景の六」、「鑑月峯(かんげつほう)」から月を愛でたのでしょう。

DSC01275



















 龍臥橋の更に先の「高橋」を渡ります。お茶席の提供されている鳳翔台の近くまでやってきました。お茶(別料金)は頂かず、出口に向かいます。

DSC01277



















 出口に向かって池の中島を歩きます。山がこんもりとしています。もしかしたら、この島こそが「鶴亀島」かも知れません。(笑)

DSC01278





















 「琴橋」を渡って振り返ります。写真左が、「玄宮園十景の四」、「春風埒(しゅんぷうれつ)」のはずですが、よく判りませんでした・・・・。


DSC01279






















 出口の「東口券売所」から見た当時の絵図をのせた案内板。
 当時と庭園の様子はあまり変わっていないのでしはないでしょうか。

DSC01280





















 「玄宮園十景」をほぼ回遊することができましたが、一部判然としなかったり、写真撮影が漏れていましたが(笑)。