2014年11月24日

 平成26年秋 国指定名勝 旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園 特別公開。

 特別公開用に開放された駐車場に車を停めます。。お屋敷の隣接地の空地です。数台の車が停まっています。先ほどの彦根城周辺と異なり、人はいません。静かです。 
 庭園の入口には案内の看板が出ています。特別公開は、無料です。写真には写っていませんが、入口の脇にはテントがあり、特別公開の主催者である市の教育委員会の職員であろう係の人が一人います。案内のパンフレットを受け取り、入場します。係の人に「庭園の水は抜いています。ぬかるんでいるので、池の中の水があつたところには入らないようにしてください。」と注意を受けます。



DSC01303




















 入口の横に連なる建物。かつての蔵です。 
 この建物だけを見ると、旧大名の下屋敷ではなく、地元の有力な一族のお屋敷ではないかと思います。
 先の記事の写真に写っている門柱に表札があります。文字は小さくて写真では判読はできませんが、縦書きで「井伊直愛」と書いてあります。なんと、旧大名家である井伊家の末裔にして元彦根市長の私宅でした。
 ようやく、この庭園が近年公開されるようになった理由が解かりました。江戸時代に造作された大名庭園とはいえ、個人の住宅だったので公開されるはずがありません。しかも市長様のお屋敷です。直愛氏が死去した現在では、井伊家は別のところに居住し、このお屋敷、庭園が文化財としての調査を受け、名勝指定され、年に2回のみとはうえ、公開されるようになったと理解しました。道理で外から見える建物も「生活感」があるわけです。
現代の住宅としても使用されていたのですから。
 付近は、琵琶湖のすぐ近くの住宅と畑、雑木林などが混在する地域。上の写真に写っている住宅の住人はかつては「市長のご近所さん」だったのですね。

DSC01329




















 玄関の門は固く閉ざされています。何年も開いたことが無いような、古めかしい雰囲気です。
 テントで受け取った『解説シート』には、「廃藩置県の後、彦根における井伊家の居宅はこの屋敷が用いられ・・・・」とあります。また「平成13年に国の名勝指定を受け、彦根市が管理団体となり庭園の維持管理を図るとともに、公有地化に努めています。」とあります。現在でも井伊家の所有なのだと分かります。

DSC01305


























 玄関の脇を通り抜け、奥の庭に出ます。
 たしかに水が抜いてあります。だまだ整備は途上のようです。大名庭園というよりは、個人の邸宅の広い庭のような印象を受けます。
 『解説シート』によると明治22年に建築されているようです。しかし、途中、修理はしているでしょう。戦後昭和22年に解体された棟もあります。
 
DSC01306




















 池の正面を振り返ると、玄関奥につづく建物があります。雨戸が閉まったままです。かつても市長宅の広間だったのでしょう。庭園を観賞するのに一番よい場所です。
 写真右の建物の脇を通って、正面の門から庭に出る順路です。「順路」と書きましたが、木の枝の下をくぐり抜けるように通る箇所もあり、観光コースとして整備されていません。空き屋敷となった個人の住宅のお庭をこっそり見せて頂くようなイメージです。

DSC01311



















 
 正面の門から庭に出る「順路」。奥の建物が玄関棟、写真右手は先の駐車スペースの広い空地。

DSC01327























 広間に続く棟。廊下でつながっています。台所などの建物のようです。トタン板の壁だったり、廊下の窓はガラスの入ったサッシですし、勝手口のドアはアルミですし、普通の戦後様式の住宅と変わりありません。戦後に補修、改修または増築??されたような感じです。
DSC01312




















 広間棟を横から見たところ。
 「順路」の看板に沿って敷地の奥に進みます。しかし、池の周囲を回遊することはできません。
池の手前から庭園を眺めるのみです。

DSC01314