2015年3月
 
 小田原文学館の企画展示 「小田原ゆかりの皇族 閑院宮を知る」の見学です。
 
 ギイッと小田原文学館の建物の門を開けます。土足は禁止で靴を脱いで上がるようになっています。内部は普通の邸宅のようです。玄関には下駄箱があり、廊下につながっています。下駄箱には靴が一足もありません。訪問者は私以外にいないようです。ちょっと緊張です(笑)。
 玄関を上がると廊下に面して受付のカウンターと事務室があります。玄関の左に今回の企画展 「小田原ゆかりの皇族 閑院宮を知る」の 展示室があります。カウンターには、女性が一人います。券を買います。庭園の奥には、別棟の展示室があるのですが、そちらに行きますか?、と聞かれました。閉館まで時間も無いので行きませんと答えました。もうすぐ戸締りをするようです。

 ↓ 建物右側が玄関です。

IMG_2303



























 展示室に入ります。廊下は板なので歩くとギシギシと音を立てます。「うぐいす張り」の廊下ではありませんが、見学者は私一人のみ。板がきしむ音が館内に響きます。なんだか肩身が狭いです。自意識過剰ですかね(笑)。
 企画展示室は広くはない。一室が閑院宮家の資料紹介であてられていました。窓はありません。文学館に改装するに当たり、閉じたのでしょう。資料に日光が当たり、変色していまいますから。
 展示は大きく分けて三つありました。
一、最初のガラスケース。・・・江戸時代からの閑院宮家の歴史とその資料。
二、次のガラスケース。・・・明治時代から昭和戦前期の当主。閑院宮載仁親王に関する資料。
   二・二六事件当時の日誌の展示もありました。
三、載仁親王の後嗣 春仁王についての資料。
 四番目として、隣の常設展示室との境の壁際に小田原の閑院宮邸の敷地などの説明がありました。
 年表も掲示し、閑院宮家の歴史と載仁親王、春仁王父子の資料展示でした。

 企画展のパンフレットより。載仁親王と子女の女王、春仁王の写真の掲載があります。
 
DSC02520


















 載仁親王は立派な髭を生やした貫禄ある皇族です。


(既出) 企画展の「のぼり」です。退出後に撮影。
 
IMG_2302