2015年5月5日

 国立新美術館にやってきました。特別展「ルーブル美術館展 日常を描く-風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」の見学です。タイトルが長いので「ルーブル美術館展 -ヨーロッパ風俗画」と省略します。
 「ルーブル美術館 ヨーロッパ風俗画展」と記載している媒体もありましたね。

 ↓ 会場で買った絵葉書より。
  フェルーメールの展示場所は、会場案内図の中に「V」と自分で印をつけました。
  DSC02758
 

 


















 たしか、会場の真ん中、つまり一番奥まったところにあったと記憶します。
 「鼻の高い」男性の姿が印象的です。