7月のある日のこと。
  
 腰越漁港までやってきました。久々の地元ネタです。
 江の島で海水浴ではなくて、直売所でフライを食べるためです。自転車でやってきました。片瀬東浜海岸が見えますが、海水浴客で賑わっています。実はまだ梅雨明け宣言は出されていませんが、暑いので海水欲はできす。
 ↓ 腰越漁港から江の島方面。晴れていますが、雲が多いのは梅雨明け直前のためです。
 IMG_2591



























 漁協直売所の入口。道路に面しているので、以前から通るたびに気になっていました。最近ではテレビで紹介されたりと認知度が高まっています。近いのになかなか来ませんでした・・・・。

IMG_2594




















 店の入口のガラス戸。反射して見にくいですが、奥にフライを販売するカウンターと手前にイスとテーブルがあります。

IMG_2590


























 店内にある大漁旗。直売所といっともこの日の店内で販売している海産物は多くありませんでした。袋詰めされたのりやしらすなど。やはり「フライ」の販売がメインのようです。
 店内の様子は写真撮影はしていませんが、芸能人の色紙もありました。店内には数組のお客もいます。

IMG_2593



































 午後の遅い時間の訪問だったため、名物の「朝どれあじフライ」は完売。カマスも完売。
 サバが1枚300円で販売していました。1枚といっとも半身で、大きいです。これ一枚でフライ定食のおかずになります。女性では食べきれないでしょう。店内のテーブルで1枚を分割して食べて、あとは持ち帰ります。
 お茶のサービスもあり助かります。また、調味料の備え付けてあります。ソースに「からし」と充実しています

IMG_2592




















 腰越漁港の傍らの砂浜。川が流れ込んでいて、その水辺で子供達が遊んでいます。決して清流ではなく、生活排水は流れ込んでいないのでしょうか。

IMG_2595




















 遠目に見る片瀬東浜海岸。少ないようですが、もっと江の島寄りの砂浜は賑わっていました。海の家もオープンしていて、海の家のテラスでは、何かイベントを開催するのでしょうか、フラのワンピースの衣装を着て、レイを首からかけたギャル(女の子)達もいて華やかでした(笑)。
 夏の始まりですね!。ただし、道路は渋滞でした。午後の遅い時間でも江の島方面に向かう車列が続いていました。全然動いていませんでした・・・。

IMG_2596