(2015.7.25 土)

  横須賀市の「港湾空港技術研究所」の一般公開にやってきました。「国土交通省技術政策総合研究所」も同じ場所にあり、同時に一般公開を行っています。
 敷地に入ってまず目に入るのが、「国土交通省技術政策総合研究所」の建物。「港湾空港技術研究所」の施設の方が大きな面積を占めていると思われますが。メインは「技術政策総合研究所」のような印象を受けます。
本省直轄の研究所が、すべてを統括しているようなイメージを受けます。

 さあ、飛行機のシュミレータ操縦体験です。
 整理券で取っておいた時間に「技術政策総合研究所」の建物に行きます。今回の一般公開の受付は、ここの一階で行われています。
 階段を登って再び会場の三階へ。
 順番を待ち、子供が操縦席に着きます、というか机に置かれたパソコンの前のイスに座ります。
 パソコンに接続されたステイックレバーの操縦桿で操作します。

 DSC02892さあ、テイク・オフです。




























 羽田空港の滑走路を離陸し、あとは自由に飛んで再び羽田に戻ってくるコースを操縦すればよいようです。が、離陸したまま、低空で迷走?を続け、都心の上空を飛んでいます。操縦の方法がよく判らない。新宿の高層ビルの上を旋回したり・・・、本当は羽田に戻らなくてはならないのですが。
 あえなく、新宿の上空400メートルくらいの高度で途中で時間切れ・・・・。4分くらいで終了となりました。高度130フィートというのですかね
 係の人はいるのですが、聞かないと詳しいフライト方法(というか、操縦の方法)は教えてくれない。ただ、離陸して、飛んで、途中で終わりでした。

DSC02894


























 シュミレータ体験のそばにあったパネル。羽田空港の滑走路などについての解説と飛行機についての解説です。
 
DSC02891




















 三階の窓から撮影。海に関する展示がありました。

DSC02896




















 私は・・・・というと、子供がシュミレータの体験をしている間、三階の窓から外を撮影です。
 こちらは、山側、道路側です。正門の様子。新たに入場してくる人はいません。写真右奥が駐車場です。

DSC02889



















 
 三階から。山側は更地になっています。あとで見たのですが、自衛隊の病院の跡地でした。久里浜の海にごく近い地域。住宅や倉庫が並んでいる地域です。

DSC02890



























 シュミレータ体験の隣では、管制の解説コーナーがありました。インターネットでも見れるサイトなのですが、「フライトレーダー24」の画面です。世界中の航空機の飛行状況が見れるサイトなのですが、私もこのときまで知りませんでした。子供も俄然興味をもったようです。
 操縦体験では、うまくできませんでしたけどね。

DSC02897




 















 シュミレータ体験と三階を見学した後、一階の食堂へ。正午にはまだ早いのですが、弁当販売を行うようです。
食堂の入口に弁当が積み上げられています。
 すでに買う人の列ができていて、並びます。人気メニューは少なくなってしまっています。お昼を食べる所もこの付近にはありません。ここでお弁当を買って、食堂で食べることにしました。

IMG_2600



































 食堂の外観。一階が食堂になっています。
 二階から上は、研究所の部屋です。三階で先ほど展示があり、窓から火力発電所の方向の景色を撮影しました。
 風光明媚な国土交通省の研究所の食堂です。

DSC02925