(2015.7.25 土)

  横須賀市の「港湾空港技術研究所」の一般公開にやってきました。実は「国土交通省技術政策総合研究所」も同じ場所にあり、同時に一般公開を行っています。
 あらかじめ、整理券を入手しておいた津浪実験施設へ再び向かいます。
 
DSC02898




















 工場の一角のようです。

DSC02899




















 時間が来るまで待ちます。整理券を提示して入場します。

DSC02900


























 展示してあった模型。
 

DSC02901




















 見学場所は二階にあるため、階段で登ります。迷路のようです。

DSC02902




















 実験施設は二階部分にあり、一階はパイプがあります。給水排水関係の設備でしょう。
 写真奥のコンクリートが水路の壁です。

DSC02903


























 水路は狭い。1メートルくらいしかありません。
 深い。5メートルはあります。水深は更にあります。

DSC02904




















 水路の終末点。ゴムタイヤなどを設置して消波する仕組みになっているようです。

DSC02905




















 水路の前で待ちます。長い。100メートルくらいあります。見学者は自由に水路の両側に集まって見学します。

DSC02906


























 右手に説明のスクリーンがあります。
 左手の小屋は実験装置の操作室です。

DSC02908




















 テレビでこの施設を見たことがある人も多いでしょう。国内最大級の施設のようです。ここに来て、「あっ、テレビで見た実験施設はここだったのだ。横須賀市とあったが、ここの施設だったのだな。」と改めて気づきました。
 実験施設の正式名称がスクリーンに写されています。津波実験施設は私が勝手に考えた俗称です。


DSC02909




















 波が押し寄せます。

DSC02915


























 コンクリートに当たった瞬間。ドーンと音がします。

DSC02914



























 波が引いたあと、何回か押し寄せている様子。見学は終わりなので帰っている見学者も多いです。写真に写っている人も少なくなっていることが分かりますね。しかし、波は複数回打ち寄せることを知っておかねばなりません。
 
DSC02916



























 見学を終えて外に出ます。
 建物の外で。水路が更に伸びています。

DSC02917