2015年8月

 美川ムーバレーの砂金体験。
 テントの中でひたすらバン皿を振ります。たとえ、腰が痛くなろうとも一心フラン(漢字が・・・・)です(笑)。

DSC03280


 私達が砂金採りを開始する前は、体験のお客さんはいませんでした。(私達が開始する前はいたと思いますが。)私達があまりに真剣に(笑)、必死に(笑)バン皿を揺らしているので、かは知りませんがお客さんが何組かやってきました。
 下の子は器用に砂を落として砂金を見つけます。「あった。」と。この一言を聞くと穏やかではなくなるのです(笑)。私の戦果は・・・・というと、15分行って小さい粒が一個のみ。焦ります・・・・。
 下の子は更に砂金採りを進めて再び「あったよ」と。すると近くで体験をしていた他の子やその親がちらっと下の子の方向を見ます。他の人が砂金をゲットするとアセルのは何故でしょう!?。ホントに人間の心理って不思議です
 私は、ついに別の場所に移動して砂金採りをします。今までは一か所に固定されていましたが、ここ美川の砂金採りでは遠慮はいりません。自由に動けるルールを大いに活用しました(笑)。
 移動してずさっとバン皿に砂を入れます。そしてよく回転させます。次いで三角形というか〇を描くように砂を水中で振り落としていきます。金の比重を考えて水の底の砂をこれでもか!!!!っとパン皿に入れたのですが、上手くいきませんでした・・・・。
 結局私は最初にゲットした金の粒よりも更に小さい極小粒しか採ることができませんでした。平均の個数よりも少なかったです。まだまだ修行が足りませんでした
 テント内の台のみではなく、池でも砂金採り体験を開始するおとうさんと男の子もいて、だんだんと砂金採りコーナーが賑わってきました。

 受付係の人が見本で実演してみせると必ず砂金が現れます。しかし、私が行っても一粒も出てこないことがしばしば・・・・・。何回も行ったことがあるのに・・・・・。この違い(毎回ゲットする人とできない人)のコツがまだ掴めていません。えっ、邪心がある!?。

↓ 砂金採り体験の看板。上の通路は坑道から出て、川と道路の上を渡り、レストハウスまで行く歩道橋です。

DSC03277


 ツレと上の子は、砂金すくい体験はせずに、坑道入口の近くの売店でかき氷を食べて涼んでいました。

DSC03279


 砂金採り体験のあと、駐車場に戻り出発しました。この鉱山は金山ではなかったようです。昔の鉱山、坑道の説明を見る間もなく出発したので鉱山に関する知識は得ずじまいでした・・・・。
 ともかく先を急ぐため慌ただしい砂金採りでした。