2015年8月

 ここは大三島です。「しまなみ海道」を通ってやってきました。ここは四国。実は愛媛県に属しています。広域
合併の結果、今治市の市域の一部です。意外な感じもします。本州から見れば「今治」といえば四国の本島にある海の向こうの町というイメージですが、瀬戸内の島々も市域となり、広島県の本州側とも狭い海峡を隔てて隣接するようになりました。
 高速道路を通り、大三島のインターで降ります。まずは道の駅に立ち寄ることにしました。
「多々羅しまなみ公園」です。

 ↓ 道の駅の海辺から見た「多々羅大橋」。
 このアングルからの光景は有名ですね。最近ではテレビなどでも時折放映されるようになりました。
 「サイクリストの聖地」とも言われています。碑もあります。
 対岸は生口島です。こちらも近年レモンで有名です。

DSC03562

 ↓ 上の写真と同じ場所から。方向を変えて。コンクリート護岸の先にはわずかに白砂の砂浜があります。
 橋と対照的に「反対側の沿岸」の風景はほとんど紹介されることが無いかも知れません(笑)。

DSC03563

 ↓ 真正面。海が広がっています。
 沖合の写真左奥に霞んで写るびょこんとして山は、しまなみ海道で通って来た向島(むかいしま)の山でしょう。

DSC03564

道の駅のある敷地の公園。「しあわせの鐘」があります。みなさん盛んに鐘わついています。炎天下で、しかも屋根が無いので、鐘まで歩くのがキツイですが・・・。だから私はシアワセになれない!?(笑)。

DSC03565

 「多々羅しまなみ公園」の駐車場と建物の様子。たくさんの車が停まっており、賑わっています。写真には写っていませんが「自転車」で来ている人も多く、自転車もたくさん停まっています。バイクで来ている集団もいて、観光バスのもやって来たり、混雑していました。みなさん熱中症には気を付けましよう。

DSC03570

 実を言いますと、サイクリストには外国人の姿も多かったです。サイクルコースとして「しまなみ海道」が注目され、上述の通り今や「サイクリストの聖地」です。以前来たときは、そのようなことは聞きませんでしたが・・・・。最近の円安の影響もあいまって外国人が訪れるようになりました。自転車に乗っている人は欧米人も多く見ます。数年前までは考えられませんでした。


 さて、時間軸を戻します。
 大三島に至るまで通ってきた橋の風景をお楽しみください(笑)。
 「しまなみ海道」は本州から尾道水道を渡り
  ↓
 向島
  ↓
 因島大橋で因島。
  ↓
 狭い海峡(瀬戸)を渡る橋で生口島
  ↓
 多々羅大橋で大三島
 というルートです。 因島大橋は瀬戸大橋のような吊り橋で、比較的長くて大きい。本州を通る尾道~糸崎間の電車の車窓からも見ることができます。

DSC03553

 因島大橋の「外洋」側。「外洋」といっても瀬戸内海なので「本州から見て沖合、四国側」と呼んだ方がよいでしょう(笑)。

DSC03554



DSC03555

 ↓ 生口島への橋。

DSC03556

 生口島は、ポコンと突き出た高い山が印象的です。島の形も卵型ですね。

DSC03557

 生口島では、山の中腹を高速道路は通ります。眺めが良いです。

DSC03558

 多々羅大橋が見えてきました。橋の手前にはパーキングエリアがあります。実は「しまなみ海道」の開通当初は岡山に住んでいた時代だったので、ここにも来たことがあります。上の子はまだ赤ん坊の頃だったので、覚えていないでしょう。下の子は生まれてもいませんでした。


DSC03559

 今回はPAは通過して多々羅大橋を渡ります。
 サイクリスが多かったと上でも書きました。しまなみ海道の橋を通過するとき、自転車で通行している人も傍らに見ることができます。
 ツレは、サイクル姿の人を見ると、「ユーいるかな?」とサイクリストの中から、外国人を見つけているのです。外国人と分かると「あっ、ユーだ。」といちいち声に出して言います。某テレビ番組の影響です。日本に来る外国人をユーというようです。もっとも主要空港周辺では外国人は多いので、「ユー」とは定義しないでしょう。
 ここでは今まで来なかった日本の地方の名所まで来るようになった外国人に対しての総称という意味が大きいのでしょう。サイクル姿ということは、自分の国からわざわざ自転車を空輸して来日しているケースも多いと思います。彼らを特に「自転車ユー」、「サイクルユー」と呼んでいるようです・・・・。子供達も真似をして言い出します。「あっ、自転車に乗っているユーだ。」と。子供達もテレビを見ているようです・・・・いちいちウルサイです(怒)。



DSC03560

 多々羅大橋。そして大三島に到着しました。


DSC03561