2015年9月5日 (季節は真逆、遅れての記事投稿です(笑)。)

 南伊豆にやってきました。目指すは「ヒリゾ浜」でしたが、渋滞で駐車場に入れず・・・。目的地を変えて谷川浜にやって来ました。谷川浜への渡船の時間もあるので、長く滞在できないのでは、と思い。ここも断念しました。船で渡り、2時間くらいは滞在できそうですが、戻ってくると着替える所が無いようです。よって躊躇してしまいました・・・・。
  谷川浜を出発、白浜に行ってみることにしました。海水浴は白浜にすることとしましよう。混雑具合が分からないのですが、船の時間に左右されないので、心配はありません(笑)。元々、伊豆の海水浴場といえば、「白浜」ですからね(笑)。原点に立ち返って王道を行くことにします(笑)。
 先ほど食事をした「びゃく」の前を通り、国道136号線を進みます。「ヒリゾ浜」への交差点は、真っ直ぐ下田市街地に進み、曲りません(苦笑)。内陸の道を進みます。途中、賀茂温泉の施設は工事中でした。工事中は閉鎖されて利用できないようになっていました。 
 下田市街を抜けて、40分くらいかかりました。下田駅の手前の道はやや混雑していました。

 ↓ 白浜大浜の海水浴場。この日は、午後になり曇ってきました。
   晴れ間もたまにありましたが、全体的にどんよりした天気でした。

DSC03732


  ↓ 浜の中央付近。海の色が緑色で冷たく見えます。天候のため仕方ないです・・・。
    快晴のときは、透き通ったブルーに光るでしょう。今年の夏は、も8月下旬から、昨年ほどではありませんが、涼しくなりました。天気も悪い日が続いたので、9月になってからの猛暑は無かったような・・・。

DSC03731


 駐車する場所は比較的簡単に見つかりました。国道沿いのファミマ(コンビニ)を山側に曲がると、緩斜面に駐車場があります。海岸に一番近い駐車場です。ここも空車がありました。すでに午後3時半なので、帰った人も多かったのでしょう。と、道沿いには駐車場の勧誘をしているおじさん、おにいさんが何人がいます。「空車あり」と看板を持って「呼びこみ」をしています。このうちの一か所に車を停めました。敷地内に別料金の有料シャワーがあるので゛、着替えやすいと考えたからです。

↓ (帰るときに撮影。) 駐車した海の家の付近様子。山側の様子です。 

DSC03753

↓ (帰るときに撮影。) 駐車した海の家の様子。赤い屋根の家の向こうが海側です。

 
DSC03752

↓ 海岸の中央?、入口付近の様子。「白浜海岸」の記念碑です。
写真、左奥のホテルは有名ですね。「伊豆白浜」の代名詞といっても過言ではありません。

DSC03748

↓ 碑の先の、砂浜海岸の中心付近で浜の全体を俯瞰して、状況を把握します(笑)。
どの辺が陣地を取る(レジャーシートを敷き場所取りをする)のに最適かな、と探ります。

DSC03733

浜も南方向、下田市街地側の岩場の付近がよいか?。

DSC03734

 それとも、北東方向、稲取、白浜中央方面か?。
 ↓ この写真を撮影したとき、雲が晴れうっすら陽射しが差し込んできました。夏らしい光景です。
DSC03741

波が比較的荒く、サーファーが多いので、北西は避けて、南の岩場方向に行ってみることにしました。
↓ 振り返って、国道やコンビニの方向。
DSC03736

岩場までは行かないが、その手前付近に陣取ることにしました。
↓ レジャーシートを敷いて座った所から撮影。

DSC03739

↓ レジャーシートを敷いて座った所から撮影。
 岩場方向。人も少なく、サーフィンをしている人も少ないので、海水浴には適しているかと。
砂浜に寝そべっているビキニの女性二人が写り込んだのは偶然ですので、ご了承ください(笑)。
決して意図的ではありませんよ(苦笑)。
 このときは、わずかに晴れ間が見えました。浜の端っこは、浜辺近くでも岩が露出している場所があるので、サーフィンの人もあまりやってきません。よって、サーフィン規制のない時期の海水浴には適していると思います。

DSC03737