2015年9月20日の日曜日、「五連休」の二日目、北海道旅行1日目。
 旭川市内のホテルに到着した。 

 ホテルの部屋で少し休憩して夕食に行くことにします。
 すでに夜9時近く。下の子は食べにいかないというので、三人でホテルの外に出た。多分、我々がいない間はテレビを見るのでしょう(笑)。
 ホテルを出て、駅の方向に歩き、食事をする店を探す。

 旭川といえば「旭川ラーメン」だろう、ということで今夜の目的は「ラーメン」です。
 私は積極的に外食でラーメンを食べませんけどね(苦笑)。旅行中は別です(笑)。普段は、たま~に博多ラーメンか薄味のラーメンを食べるくらいかな?。(博多ラーメンは薄味でないが・・・・矛盾してる(苦笑)。)

 事前に調べていたところでは「山頭火」が宿泊ホテルに近くて、食事に最適のようだ。
 「最適」というのは「旭川のラーメン店」は、閉店時刻が軒並み早い・・・・。インターネットで調べたところ、閉店時刻は夜の8時くらい(が平均)で、ラストオーダーは7時半。
 たとえば、観光客か最も行きやすいラーメン施設である「旭川ラーメン村」のテナントの閉店時刻は夜の8時でラストオーダーは7時半。「山頭火」も「旭川ラーメン村」のテナントに入っているが、閉店は8時だ。
 8時といえば、空港でレンタカーを借りて乗り込んだ時刻・・・・。出発前にラーメン店は閉まっています・・・。

 ホテルから近くて、閉店時刻が遅い店はここ「山頭火」くらいしか、検索できなかった。ここは山頭火の「本店」のようだ。少しだけ待って、テーブル席に座れた。
 ラーメンを注文。820円だった。ラーメンには豚肉が何切れも入っている。物凄く脂がのっている。肉はチャーシュウという位置付けではないようだ。物凄く肉厚。ともかく、お肉の脂肪は、ボクのおなかにすべて吸収されてしまいそうだ・・・・・(笑)。
 味はしょうゆ、みそ、塩とあった。サイドメニューでギョーザ一皿310円も注文した。
 ビールは「クラシック」の瓶を注文。この後は、運転もなく、アトはホテルに戻って寝るだけなので、たびに出て気が緩んでいる(笑)。
 もっとも、着たばかりの北の街の夜の外気は冷たくて慣れていないし、温かいラーメンと冷たいビールはあまり組み合わせがよくなかった・・・・。
IMG_2752

 私は、しょうゆラーメンを注文。ツレはみそ、子供は塩を注文。仲よく一人一種類ずつ注文した(笑)。
 なぜ「しょうゆラーメン」なのかというと、「旭川」といえば、しょうゆという漠然としたイメージがあったから。「みそ」はどちらかというと札幌ラーメンの印象・・・。

 ラーメンを食べている間にラストオーダーの時刻となってしまった。店内はカウンター席とテーブル席がいくつかある。閉店時刻に近いが、席はかなり埋まっている。カウンターの席はほぼ満席。
 自衛隊員らしき屈強な男が外国人の女性を連れて入ってきていた。ラーメンを二人で食べている。女性は、やや茶色い黒髪である。スラブ系のような東欧系のような感じ。ルーマニアが一番近い系統かな、という感じ。たぶん、これから同伴で出勤でしょう。(なぜ、分かるの??(笑)。)
 私達と同じく、観光客らしき人もいる。五連休中ですからね(笑)。

↓ 店の外観と入口。ここが「旭川本店」でした。

DSC03876

↓ 店の外観というか、看板。ガラス張りのお店はお隣の店舗か会社です。
  写真奥の突き当りが旭川駅です。閉店時刻近く、人通りは少ないです。

DSC03875


 近くにはもう一軒のラーメン屋さんがありました。あらかじめネットで調べたところ、閉店時刻を過ぎていました。「山頭火」で正解でした。その店(「梅光軒」という名前だったと思う。)では、ラストオーダーに間に合わなかったと思います。
 「山頭火」の店内にあった名刺によるとこのチェーン、都心部をはじめ、首都圏にもお店がたくさんある。わざわざここで食べるひともなかったかも?(笑)。海外にもたくさん店舗があることが分かった。


 ↓ 駅前広場の入口にあった市街地の地図。

IMG_2755