2015年4月

 四谷にある長崎県のアンテナショップにやってきた。長崎県アンテナショップ「長崎よかもんショップ・四谷」
 そのお店に隣接して「慶長三年 うどん 隠れ岩松」がある。

 ↓ お店の前の通りと看板。奥にアンテナショップの「のぼり」がたくさん立っている。


IMG_3450


 ↓ お店のメニュー。「たこ」をメインに売り出ししている。

IMG_3451


 ↓ お店のメニューの拡大。「うどん」がメインです。都内のお店としてはかなりお得な値段です。
   しかも、特筆すべきことは「麺増量 無料」。「1.5人前、2人前」でも同じ値段です!。
   あと、長崎といえば「練り物」。「長崎丸天」、「鶏天」、「ごぼう天」などトッピングが付くメニューもあります。

IMG_3452


↓ お店の外観。手前側が、アンテナショップの入口。

IMG_3455


 観光パンフレット置き場の脇の廊下には、食堂への扉がある。ここからお店に入った。扉の前の廊下には、ダンボール箱に入った消耗品?などの在庫品、不要な食器などが(観光案内所との間の廊下に)置いてある。
 私が入ったとき店内は、ほとんど空いていたが、一人席はないもようだ。よって、二人用の席がふたつあるので、このうちのひとつに座る。と、私のあとから、三人組の老人男性がすぐにやってきた。やがて、サラリーマン、主婦などのグループで店内の席は埋まってきた。
 850円のランチセットを注文。 うどんは、二倍までできるので「二倍」にした。セットには、たこめしがついた。
 たこ天をトッビングで注文した。よって「たこめし」とプラスして「たこづくしに」したよ(笑)。
 と、テーブルの上に「ゆずこしょう」が置いてあるのがうれしい。「天かす」も置いてある。更に、なんと生卵が一人一個まで無料で、テーブルにあらかじめ置いてある。老人、サラリーマン達は、卵を早速食べていた。
 関東での成功には「生卵」は必須かな(笑)。 ウチのヨメにとっては、すき焼きに入れる生卵(の習慣)すら理解できないとのことだが。
 うどんは、「釜揚げ」にした。さぬきうどんで有名だが、「釜玉」もあった。ざるにもできるが、この日、まだ気温は低い・・・。が、サラリーマンでは、ざるを頼んでいた人もいた。
 950円のセットのごはんは、この日は「牛丼」とのこと。よって安い方(850円)のセットで「たこめし」にした次第。


 ↓ 釜揚げうどん増量、たこめし、とつゆ。私は「ゆずこしょう」をたっぷり取る。(ただし、塩分が・・・・(笑)。)
  別注文の「たこ天」も。更に奥には、「天かす」も写っている。
  観光パンフレットを見ながら、料理が来るのを待っていました(笑)。

IMG_3453


 食事を終えて、食堂を出ることろには、店内の席は、ほとんど埋まっていた。相席するまでは混雑していないが。なお、店内に一人席がほとんどない。食事に来ているのは、近くのサラリーマングループだろうか・・・・。買い物、観光需要などはあまり無い地域なので、ご当地「アンテナ店」といえども、近隣のリピーターを増やす必要があるのだろう。
 お店のトイレは、アンテナショップ、会議室などと共通。例のアンテナショップへの通路(扉)を通り、観光のカウンターを通過し、トイレに向かう途中の廊下には、会議室もあり、資材などが室内においてあった。事務室は2階にあるようだ。