2016年5月21日

 東京都美術館で、「生誕300年記念 若沖展」を鑑賞(見学)した。
  2階(感覚では3階)の展示室を見て行く。

  大阪、西福寺の襖絵、重要文化財「仙人掌群鶏図」がガラスケースの中にあった。大火で焼け出された後、大阪での避難中に描いたものらしい。当時は「大坂」といったろう。どうやら、大坂の町に避難したのではなく当時の摂津の国(現在の大阪府北部)のとある村に避難して暫くの間、生活をしていたのではなかろうか。
 避難先は農村で軒先の庭では、仙人掌、つまりサボテンが植わっていて、鶏が遊んでいたのではないだろうか。鶏は庭先に玉子も生んでいた。その様子を描写したのかも。
 金地の襖絵であるが、壮年時の細密な描写は無く、老齢を感じさせる。特にサボテンの緑が何の葉なのか、パッと見ただけでは分からない。サボテンの緑の中に青い葉というか、花は菖蒲ではないかと思ってしまった。
 ガラスケースの裏面には、水墨の「蓮池図」があった。テレビ放映されていたので、覚えている(笑)。掛け軸に直されている。この表「仙人掌群鶏図」、と裏「蓮池図」の「元々表裏であった襖絵」の配置も音声ガイドを聞かないと、分からないのは残念・・・・。
 かつての裏面の「蓮池図」も重要文化財に指定。
 枯れた葉、虫食いの葉が水墨で濃淡をつけて描いてある。向かって、右から、左へ現代のアニメのようにシーンが変わっていっている。左の絵には、(テレビ番組でも紹介されていたが)確かに小さい「芽」が描かれている。
つまり、焼けた京の街や自分の家、店の様子と心の様を表現して枯草など描いた後、再生の願いを込めて「芽」を入れたのだ。
 不毛の地か不毛の砂漠に芽生えた一筋の光明であろうか。同じようなシーンを最後に描写していた昔のアニメ映画を思わせる。一体、どのアニメ作品でしょうか??(笑)。
 
 ↓ 展覧会パンフレットより。「仙人掌群鶏図襖絵」

IMG_4059



 係員が盛んに声をあげているには、18時30分で照明を消すとのことだった。しかし、室内には、まだまだ大勢の人がいるので消せない筈。「みんなでいれば」ナントカでまだ鑑賞です(笑)。「18時30分閉館」と係員は盛んに言っているが、照明が消える様子は無い。しかし18時31分になり、閉館の音楽が流れはじめた。

 「象と鯨図屏風」は「仙人掌群鶏図襖絵」の展示ガラスケースと対面の壁沿いのガラスケースの中にあった。昨年サントリー美術館で見たので、スルー。もっとも、混雑していて最前列での鑑賞が困難であった。

 西福寺の襖絵の裏側であった「蓮池図」の正面に続いて、別の展示室がある。「米国収集家が愛した若沖」、「プライス・コレクション」の展示室だ。(といっても、部屋の入口に扉がある訳では無いが。)部屋の入口横には解説文があるが、あまりの混雑にびっくりしたのか、係員が叫ぶ「6時半閉館でーす。」の声だったか、閉館間際につき、退出を促す声に煽られたのか、「プライス・コレクション」の解説を読むのを忘れてしまった。

 入って左側のガラスケースに人だかりが・・・。有名な「鳥獣花木図屏風」。モザイク画のような奇想天外の動物達かいっぱいいるカラーの絵、と言った方が良いのだろうか。
 最初は二列目で、ぶつからないように人をよけて歩きながら見た後、もう一度巻首の部分に戻り、巻物の途中、部分部分、ピンポイントで最前列への隙間を見つけて、鑑賞をした。
 絵の下部までは、よく見れなかった。人が気の合い間から、わずかに見た。若沖の他の作品と比べても明らかに作風が違う。モザイク画のような感じ。しかも、描かれている動物がヒョウなどアフリカの猛獣だ。想像で描いたのだろうが、カラフルで実に不思議な絵だ。
 以前も江戸東京博物館で公開されたことがあった。本当に真作なのか、後世、明治以降にアフリカの動物を実際に見た人の作品ではないか、と思わせるような、紙に描いたのマス目のカラー図だ。

 「虎図」もあった。水墨の石峰寺所蔵「虎図」の展示も別の部屋であったが、こちらは黄色と黒いしましまのカラーの目玉の大きな虎のアップ図。有名な作品ですね。
  プライス・コレクションで展示は最後となる。展示室からドアのない出口を出る(というより、パーテーションの合間の通路を通って、という方がしっくりくるが・・・・。)出口のところには、「石峰寺」の五百羅漢石像の写真パネルがある。「若沖がデザインした。」と解説にある。
 出ると、すぐに「ミュージアムショップ」だった。
 (以下、「売店」と簡略化して書きます(笑)。)
出ると すぐに売店があった。しかし、エスカレータ脇に行列が。購入するまでの行列だ。売店でも40分から50分待ちとのこと。どれだけ買うんねん!。
 売店の後は、ここから一階にエスカレータ出て、更にエスカレータで地下に下り、元の入口付近から退出する。 

 ↓ 展示リストより。(逆さになっているが・・・。)

IMG_4064



 地下から、一階へのエスカレータ。 ↓
 写真の右が建物内部で、展示室出入り口付近のロビー。建物内の柱に若沖展の「赤い看板」があるのが分かる。

IMG_4032


 館外へ出ると外はまだ明るい。18時40分くらいだった。公園内を歩いて、上野駅の方向に歩こうとする・・・。
 都美の門の柵の外では、巡回の警官がやって来て、スーツ姿の女性の係員と警備員と話を始めた。警官から話かけていた様子「いや~、今日も大混雑でしたね~。」、女性係員は和やかに「そうなんですよ~。今日も・・・・」のような会話でしょう。

 途中まで歩いた所で、上の子が、「定期(券)が無い。」と急に言い出す。カバンの中などを探したが、無い・・・・。都美で落とした筈は無く、ここまで来る途中、先に寄った、東博や芸大美の陳列館で落としたか、別の路上で落としたか・・・。
 念のため、美術館の前まで戻ってきた。次々に人が展覧会を見終えて出てくる。門の扉の前に先に見たスーツ姿の女性の係員と警備員が立っていた。門の中には、入れそうにないので、警備員に聞いてみた。「落し物はいっぱいありますよ。」と言って、定期券入れなどの特徴を確認した上で、携帯電話で館内と連絡をとってくれた。しばらく、館内からの返答を待つ・・・・。すると館内から返事があり、該当する物は「無い」そうだ。
 都美で落としたとは、考えられないので、そのまま去る。警備員は親切にも「届出しておけば、見つかった場合に連絡がいきますよ。」と教えてくれる。が、元々落としていない筈なので、お礼のみ言って辞去した。

 「落とし物」というオチまでついたのが、私達の「若沖展」だった(苦笑)。

(後日談)
 週が明けて、警察から連絡があった。上野のどこかで落としていたそうだ。定期券は再発行をしたので、特に受け取りに行く必要は無いのであるが、定期入れが惜しいそうで、結局後日取りに行くことにした。
 ともかく戻ってよかった。落としてもちゃんと定期入れもついて戻って来る。まさに「すごーいデスネ。ニッポン」といったところか(笑)。

(総 括)
・ 作品は少なめに絞った。90点弱。長命、多作であった(と思われる)若沖にしては展示ボリュームが物足りなかった。若沖の作品は、近年かなりの展覧会でも展示されているので、選択が難しかったのかも。
 昨年は「若沖と蕪村」展もあったし、数年前には江戸東京博物館などで「プライス・コレクション展」も開催されたし。その他「若沖」の名を冠した展覧会は、多数開催されている。
・混雑することは予測されていた。だから、展示作品を絞り、作品解説文も省いた。が、せめて解説文くらいは作品横に設置して欲しかった。
 できないのであれば「作品の横に解説文はありません。音声ガイドを借りて下さい!!」と大きく告知するべきだった。どうせ行列している時間があるのだから、その間に拡声器でアナウンスすれば良いのだ。
 テレビ放映の影響で、連休後に混雑度合が急に増した・・・。私は、直前に相国寺にたまたま行って説明を聞いたり、テレビ放映などで予習していたので、ある程度解説文が無くても分かったが、テレビを見ていなかったら、ほとんど分からず、ただ行って「はぁ~、混んでいた。」で終わっていた可能性が・・・・。
・ 若沖には現在国宝指定が無い。宮内庁所蔵「動植綵絵」は「国宝級」であるが。
 重文指定作品は、ほとんどすべて展示されていた。「菜虫譜」は、所蔵の碑術館(佐野市立吉澤記念)でも一挙に全面公開は無かった模様。今回は、全面一挙公開されていた。
 鹿苑寺大書院の障壁画では、何故か京都の「禅」展で独立して「竹図」の襖絵が展示されていた。
・以前「あべのハルカス」で展覧会が開催された「金毘羅宮奥書院障壁画」は、テレビ番組では紹介されたのに、今展覧会では展示が無かった。
・運営側の稚拙さも感じた。一般的には、「行列の捌き方が悪かった」と記憶される展覧会であたろう。しかし、私は行列するのは構わない。鍛えているから(笑)。
 展示作品数を絞り、解説文を無くし「さっさと見て、はよ出てけ。」感がモロ出しであった割には、観覧者の誘導が不十分であった。「予め」混雑は予想されていたのに・・・・。
・事前の告知でも「動植綵絵」と「釈迦三尊像」が東京で初めて会同する重要性が分からなかった。相国寺での説明を聞いて初めて知った・・・・。「釈迦三尊像」は文化財指定が無い・・・、よってその重要性が分からなかった・・・・。
・混雑しているのはカラフルな細密画作品の前だった。水墨画の前は、意外にもすいていた。「若沖人気」の理由の一端を示している。
 特に最後の展示室の「鳥獣花木図屏風」のガラスケース前が混雑していた。重要文化財「仙人掌群鶏図」の前は、金地の華麗なカラー画であるが、すいていた。晩年の作品で細密な描写があまり無いからかも知れない。