2015年9月22日の火曜日、北海道旅行3日目。知床五湖 散策3 (二湖~一湖)

 フィールドハウスを出て、約40分の散策コース「小ループ」を歩く。二湖のほとりに出た。

 ↓ 二湖のほとりにやってきた。「知床五湖」とご対面だ。
   フィールドハウスからここまで10分くらいであった。
  
DSC04357

 山の上には、雲がかかっていて、見通しはよく無いが、雄大な風景だ。

DSC04358

 二湖とその奥の知床連山。

DSC04359

↓ 二湖の拡大。 鏡のように映り込む、緑の山々に注目だ。

DSC04360

↓ 二湖の拡大。 周囲の林も水面に映っている。

DSC04361

 ↓ 二湖の拡大。 
   次に、散策路を戻り、先程の分岐点に出て「小ループ」を歩いて一湖に向かう。

DSC04362

 一湖へ向かう途中の道。林の中の様子。


DSC04383

 と、倒木の上というか、切り株の上に木が生えているのが、見えた。

DSC04384

 林の中の道を歩くと、やがて急に視界が開ける場所に出た。「一湖」だ。先の二湖からは、歩いて5分くらいだった。林がなくなり、草原や灌木が広がる。見通しのよい野原に「高架木道」があるのが見えた。「あれが高架木道」た、と指さした。

DSC04385

 一湖のほとりから。半島のつけ根の方向の山々。池の水面に山々の姿が反射している。

DSC04386


 羅臼岳は相変わらず雲に覆われている。時間が経過するにつれ、雲の量が増えてきた。
水面には雲に覆われた羅臼岳が見事に映っている。
DSC04387

 ↓ 映る羅臼岳。美しい。神々しい。「逆さ羅臼岳」、「逆さ知床富士」というべきか。

DSC04388

 ↓ もう一度、羅臼岳と知床連山が一個の水面に映る様子。
   ここでも、何回も撮影してしまった。

DSC04389

 一湖のほとりの展望ポイント。二湖の方向を見る。
 パッと写真だけ見ると、一湖か二湖か区別はつきにくい。

DSC04390