2015年9月22日 北海道旅行の続き。知床・ウトロ編です。

 知床岬遊覧船を下船して、「ウトロ漁協婦人部食堂」 に急いだ。昼食は、まだ(本格的に)食べていないからだ。船内では、肉まんなど軽食の販売はあったが、お弁当の販売は無い。団体旅行で来ている人は、あらかじめ弁当を配布されているので、船内で食事を済ませている。
 個人で乗船している人は、基本的に食事を持ち込みしないといけない。船内で販売されていた肉まんは意外にも余っていた。行列で完売すると思って、焦って買ったのだが・・・・(笑)。
 すると、下船後相当数の人が食事に行くことが想定される。私もその中の1人だ。時間が遅いながらも、港から一番近い食事場所である、「ウトロ漁協婦人部食堂」にネライを定めていた。
(何たって、各地の漁港・漁協食堂めぐりをしていますからね(笑)。)
 早いところ、下船して早く食堂の席を確保しないとと予測し、行動を急いだ(笑)。船を下船するときは、行列だった。400人乗船していて、出口は一か所だけだからだ。早く早くと列が進むのをジリジリと待ち、タラップを降りるや否やツレは残して、先に下船した人々を早足で追い抜かして、埠頭の駐車場を通過し、港のトンネルをくぐる。
トンネルを抜けると左手に漁港の敷地だ。
 漁港内にある筈の食堂建物を探す。あった。漁協のビルの横にあった。「いくら丼」などの、のぼりも立っている。

 急ぎ足で「ウトロ漁協婦人部食堂」に到着した。幸いに行列は出来ていないが、さほど広くない店内は一杯。ツレ達はついてきているのかな?と振り返ったが、いない・・・・。漁港沿いの道路と港のコンクリ道路の角の所で迷っていた。私は、少しばかり道路方向まで戻って、「早く早く。こち。」と手招きして呼ぶ。
 道路には、次々に遊覧船を下船した人が歩いてくる。この人達が全員食堂に行くと混雑してしまうのではないか?、と焦りながら、気が気でない・・・・(笑)。
 私は、食堂に戻り、店の戸を横にスライドさせて開け、人数を店内の女性に告げる。「座って待って下さい」とのことで、少しばかり待合で立って待つ。
 あとから、どんどん人が食堂にやって来ている。やはり、私の予測は正しかった(笑)。下船した人々がやって来ているのだ。

↓ 食堂の外観。漁協の建物に附属したような造り。
思ったより小さい建物。あくまで、漁協の事務所がメイン。食堂はサブのような感じ。
まだ、行列が出来ていない。

DSC04637


↓ 食堂の内部から外に向けて窓に貼られていたメニュー。窓側はカウンター席になっている。
   カレー、ラーメン、チャーハンなど漁協関係者がふつうに食事をするメニユーの方が多い。
   「ウニ丼」はこの時期は無い。沖縄と同じく、「ウニ」の猟期は、だいたい7月までのようだ。

DSC04635


 狭い店内だ。「婦人部食堂」の名の通り、店内は全員女性のようだ。接客も調理も女性。なんと、店内ではストーブを焚いていて暑い。少し待っただけで、すぐに座れた。

 店内は狭い。調理場カウンター前の席と窓側に沿ってカウンター席がある。 
 後からも、人が次々にやってくる。混雑してきたので、お店の女性からは「外に並ぶよう」に言われる。皆、船を下りてきた人達なのだ。
 先ほど船内で見かけた、特別室の客だった親子が店に来た。驚いた。船の甲板で見かけたが、その後船内の特別室に戻っていったのを、たまたま見たのだった。三人で来ている。母と娘とあと一人息子か。ということは、この旅行は三人連れで、父親は来ていないようだ。母親が中心で娘は、高校生くらい。まさか三年生では無いだろう。息子は中学生くらい。彼女(母親を中心にした呼称)達も、あらかじめ、ここ「婦人部食堂」を狙っていたのだろう。ガイドブックにも載っているし。
 なお、彼女達は外に並ぶときに戸を開け放しにして外に出た。店の女性が「ハエが入るので、戸は閉めて。」と言った。確かに、ハエが飛んでいる。
 今ならんで来た人は、三人組の親子を含めて「オーロラ」を降りておってきて人達。混み始めました。「オーロラ」が400人と一番乗客のキャパが大きい。漁協婦人部食堂、14時過ぎは要注意です。
  先の三人組、私達が食事をしている間に早くも座れた。母と娘、息子は、三人並んでツレの隣の席になった。

  
 ↓ 「ウトロ漁協婦人部食堂」の外観。注文をして食事を待っている間に撮影。
  あとからやって来た人達で、行列が出来ていた。早め??の行動が功を奏した。
   (という程のことでは無いが・・・苦笑。)
   入口は二か所あるが、真ん中の入口に行列が出来ている。

DSC04639



 ↓ 左が店内、窓の内側はカウンター席。「のぼり」が立っている。写真の奥は、港だ。

DSC04640


↓ 「ウトロ漁協」の外観。「共済」の看板もある。事務所は本日は祝日でお休みだろう。
  この建物の横に付随するように、婦人部食堂の小さい建物がふる。
  注文をして食事を待っている間に撮影。写真の奥に港と駐車場、遊覧船埠頭を結ぶ「トンネル」が見える。

DSC04638


 ↓ 私が注文した秋鮭三種丼。

DSC04641