2015年9月23日 北海道 標津 サーモン科学館


 二階のサケの稚魚水槽などを見学。その先に、展望塔(タワー)へのエレベータがある。エレベータに乗り、展望塔へ。上まで来ると大変眺めがよい。絶景だ。天候も快晴となった。360度の展望がきく。タワーの高さはは30メートル。

 ますば、東から見る。展望台の手前は、サーモンパークの駐車場や標津川と捕獲(観覧)用の橋。館の近く池も真下に見える。公園で遊んでいる子供達の姿も見える。北は原野。海の向こうに知床の山。羅臼岳の山容もよく見える。知床までの原野は緑一色である。
 標津の街のむこうに海がある。標津川の河口の橋も。その向うに国後島が見える。野付半島からほどは(距離が)近くないが、高い場所なので(国後島が)よく見える。


↓ サーモン科学館の展望台から。標津川の河口や国後島方向。

DSC04999


 ↓ サーモン科学館の展望室から池を見下ろす。
   右の細長いカマボコ型の建物は、レストラン(サーモン亭)やお店(サーモン市場)。


DSC05005


 ↓ 公園内を見下ろす。左の細長いカマボコ型の建物は、レストラン(サーモン亭)やお店(サーモン市場)。その右が駐車場。広々とした敷地だ。
 左は、ポンプ場だろう。ポンプ設備が内部にある筈。その先は標津の街だ。右手は、恐らく野付半島の方向と右手前の森は、自衛隊だろいうか。
 

DSC05006


 ↓ 上の写真よりやや左に目を転じる。海の向こうには、国後島があるが、写真では判別できない。
  手前は公園の広々した芝生。子供達が遊んでいる。公園に隣接してその先(標津の市街地方向)には、病院があった。

DSC05023



 根釧台地の原野の更に遠くに、知床連山が見える。
 標津川にかかる橋。と、羅臼岳が見えた。ここ標津から50キロ以上はあるが、はっきりと見える。

DSC05003


 ↓ 標津川の河口にかかる赤い橋が見える。先程通って来た、国道の橋だ。遠くに羅臼岳が見えた。
 川の向こうには、果てしない原野の森が広がる。

DSC05004


↓ 赤い橋の拡大。標津川の河口付近。サケはあそこから遡上して来ているのだ。
 塔の上から川の水面を見てもサケの遡上は確認できない。

DSC05002




 ↓ 国後島の姿。右のピークが「泊山」だろう。標高は550メートルくらいで高い山ではないが、知床の山と比べると、距離が近いので、実際よりも高く見える。
  手前は標津の街。


DSC05000



 ↓ 国後島の姿。「泊山」の山頂付近には雲がかかっている。

DSC05001


  標津の街だ。拡大すると奥に、平坦な野付半島の地形が見える。
  手前は、文化センターなど公共施設だ。

DSC05007


 南の方向。東京まで約1000キロ。
 ん、もう一つ塔が見える。消防署の訓練塔、防災塔かな。

DSC05008



 西には原野が広がり、その先には阿寒や摩周の山がある。根釧原野を上から初めて見た。南は根室方面と思う。南の写真は全然撮影していない・・・。一面、緑の原野で、逆光だし、撮影しても見栄えがしないと思ってしまうくらいだ(苦笑)。
 こうして、標津の街を上から眺めてみると、人口は5000人くらいかなと思った。現在見えているのは、は中心街のみで町域は更に広いのだが、大体はそれくらいかな、と。廃止された鉄道の駅が、かつてどのあたりにあったのか、ここ展望台からは見ることは出来なかった。線路の跡も分からない・・・。
 かつて、冷戦時代、ここ標津の町は、対ソ連の最前線であったろう。当時と現在と比べて駐屯する自衛隊の規模は縮小しているかは分からない。現在、大部隊が駐屯しているという訳ではなさそうだ。北海道全体で見ると、規模は縮小しはているだろう。
 今回、私が見た限りは国境地帯の緊張感はあまり感じられない。(実際は違うかも知れないが・・・。)さわやかな風が吹き抜ける穏やかな秋の一日だ。