2015年9月23日 北海道

 サーモン科学館の近くを流れる標津川にかかるサケの「観覧橋」を見学。茶色に濁っている激流にもまれるサケを見た。サーモンパークの中を歩いて、駐車場に停めてある車に戻り、再度出発する。

 次なる目的地は、予定通り摩周湖に行けそうだ。根釧の茫漠たる原野の中をひた走る予定だ。名残惜しいかな、子供達の歓声響く、サーモンパークを出る。

 先程通って来た道路の先に進む。街路樹はすぐに途切れる。標津の街はこの辺までだ。道は、川を渡る橋に出る。先に(展望塔や観覧橋から)見えた標津川。その先は、原野だ。道の両側に緑の森が果てしなく広がる。
ああ、これが「根釧原野」なのだ。聞きしに勝るとはこのことよ、というかは分からないが、、百聞は一見にしかず。噂以上の広~い、深い森だ。植生している木の種類は常緑樹だ。針葉のトドマツ、ハイマツ、カラマツなどかな。白樺の木もある。
 森の中をほぼ一直線に伸びるまっすぐ道を行く。道路には、中標津空港11キロという看板もあった。方向感覚が分からなくなる。どちらが、中標津の街なまか、空港なのか、私達の進むべき道なのか。予定の経路は、地図上では中標津の空港の北の道を通り、養老牛温泉の近くを通る道道を進み、パイロット国道に合流した後、弟子屈の市街地の手前で、曲がり、摩周湖に行く予定だ。
 途中、道道「755」、次いで「150」と表示に従い進む。ある交差点を右折し、北に進路をとり進むと、森を切り開いた牧場や牧草地が広がる一角に出た。見通しのきく場所だ。

 ↓ 当たり一面同じような風景だったので、どこで撮影したのか、忘れてしまった。根釧台地の道。 

DSC05063

 途中、道道「755」、次いで「150」と表示に従い進む。ある交差点を右折し、北に進路をとり進むと、森を切り開いた牧場や牧草地が広がる一角に出た。見通しのきく場所だ。

また、左折。道道を進む。森の中や牧場、牧草地のまっすぐの道を進む。途中「養老牛温泉20キロ」という看板もあった。地図で見ると近いが、実際は遠い。摩周湖までは60キロくらいはあるのであろうか。


 牛の放牧しているところで停まり写真撮影。その後も風景のよい所で車を停めて、撮影しながら進んだ。

 ↓ 左手が牧場で牛の放牧をしていた。正面に見える、北西の山地方向に進む道の途中で。
   「武佐」周辺の沿道ではなかったかな。

IMG_2809

↓ 拡大。カマボコ型の牛舎だろうか。道路脇の「↓」。冬は吹雪の原野となるのであろうことを示している。


IMG_2810

 まっすぐ、次いで、左折し、まっすぐの道を進む。やがて、進行方向右手には、標津岳と思われる緑の山が見える。知床半島から摩周湖へと続く、山地の中の独立峰だ。その先には摩周湖近くの山と思われる山が見える。
 「開陽」の道路看板を目指して進む。この付近でやっと一個、道路信号がある。沿道は、街路樹というか、深い森の木々が沿道に整然と並んでいる。森の中に家、集落がある感じだ。その先に簡易郵便局があった。小学校もある。校庭は、森の木々に囲まれている。よって、道路から校地はよく見えないのだ。沿道の看板には「創立100年」とある。小学校の開校は、そのまま開拓の歴史であろう。明治の終わりか、大正はじめ、かなり古くから開拓に入っていたのだろう。森の中にあるので家の様子は分からない。また、沿道にある牧場の入口にある看板が、家の表札代わりで、家の敷地への入口のようだ。
 
 森の中の道を右折、再び進路を北へ。今度は、養老牛温泉の手前の交差点で左折し、弟子屈方面へ進む。養老牛温泉はまたの機会に来ることにしよう。養老牛温泉は、テレビなどでも紹介される秘湯ながらも有名な温泉だ。宿泊したかったが、日程の関係で、できなかった。養老牛までは、想像以上に原野の中の道だ。
 まっすぐ、走行すると、やがて右手には 標津岳と思われる緑の山が見えてきた。
 とうもろこし畑が広がっている。牧場の飼料用ではないか。

IMG_2811
↓ 標津岳。三角形の美しい形の山だ。非常に目立つ、美しい山容。
手前から、山ろくを経て、山の上まで緑だ。

IMG_2812

西に原野の中の道を更に進む。

IMG_2814


 と、森が開けて、牧草地や牧場が見えてきた。いつのまにか、あの美しい山容の標津岳は遠くになり、摩周に近い(と思われる)山が見えてくる。火山の火口のような、絶壁の崖を持つ山が近づいてきた。
 「恐らく、あれが摩周湖近くの火山であろう」と直感した。途中、摩周湖の裏の展望台に出る道や斜里方面への分岐を過ぎる。信号は無い。曲がれば、一昨日通った、斜里の街に出る山越えの道となる。
 

IMG_2815

↓ 牧草地の向こうに、林と山々。
標津岳の先の山だ。その左の山の裏のどこかには摩周湖があるはずだ。

IMG_2816

↓ 牧場の沿道で。
あまりに眺めがよいので、ここで車を停めて、しばし写真撮影。


IMG_2817

↓ 停車した地点から、道路の進行方向。開拓された牧場だ。西に進むにつれて、開拓されている。
 標津に近い森は開拓されておらず、密林であったが。
西から東へ、根釧台地の東の海に向かって、開拓が進んでいったことを示しているのではなかろうか。

IMG_2818

↓ 摩周湖を取り囲むらしき、山が見えた。

IMG_2819

↓ 摩周湖を取り囲むらしき、山と何故感じたかというと、爆裂口のような山肌が見えたからだ。
火山地形のような山の形が・・・。その山でけ、周囲の山と山容が異なっているのだ。

IMG_2820

 ↓ 拡大。摩周湖の周辺を囲む山だろう。
 火口のような、絶壁が見えた。岩が露出している。間違いない。
あの裏に、摩周湖があるのだ。紛れもなく、摩周湖は火山の噴火によって、陥没した地形に水がたまって形成された湖なのだ。

IMG_2822

 更に先に進む。森が開けて丘陵地帯の道だ。起伏のある丘の道を登ったり、下ったり、カーブしながら進む。周囲では、畑作をほとんどしていない。とうもろこし畑はあるが、先程書いたように主に飼料用の栽培であろう。開拓された後の疎林と牧草地がほとんどだ。
 沿道には、ところどころに「××牧場」とは道の端に立派な木の看板がでている。牧場の看板イコール個人の家の表札がわりであろう。この地域の家の職業は、みな酪農業なので。家=牧場なのだ。見ると、後継者がいると思われる家は新しい。後継者がいない、または牧場はすでに閉じて老夫婦のみという家もあろう。実は、如実に家に現れている・・・・・・。
 さて、パイロット国道の交差点まで、とことろどころ停まりながら、写真を撮影しての走行だった。

↓ 国道との交差点の手前。放牧地の様子。乳牛のホルスタイン種ではない。

DSC05060


↓ 沿道の牧場の様子。ホルスタイン種もいるようだ。

DSC05064

↓ 原野を切り開いた牧草地帯の丘が広がっている。
 林の向こうは、地平線というのだろうか。海ではない。

DSC05065

 少し進んだ丘の上で車を停めて眺望がきくので停車。 ↓ 国道との合流点の先で。
国道との交差点には、信号はない。国道は、中標津や別海町の中心からやって来ている。
 丘が広がっている。西の方向。弟子屈の南の方を眺めていることになる。遠くには、阿寒富士らしき山が見える。

DSC05066


 景色の写真を撮影して、出発しようとした。と、前に大型トレーラーが停まっていたのだが、動きだした。私達の車の前をノロノロ走るにうな形になってしまった・・・・。スピードが出ないので、ノロノロ走行。積み荷は、なんと大根だった。大根を鉄製のケージに入れて運んででいる。葉は落としていて白い根の部分のみ。たくあんなどの加工用、漬物用であろうか。
 北見では、たまねぎだったが、ここでは意外にも大根だった。
 根釧台地は大根の産地でもあったのだ。葉を切り落としているということは、集荷して加工、出荷する設備が中標津か別海にあるということだろう。