2015年9月23日 北海道 摩周湖へ

 標津から、根釧台地の道を進んだ。道道885号線からパイロット国道に出てからは、トレーラーの後ろに従いながら、弟子屈方向へ走行する。
 道道885号線とパイロット国道の合流点から10キロも走ると、「弟子屈、摩周湖」という道路看板がでてきた。  国道の途中、森の中に右折して入り、摩周湖にショートカットで行く道に出ようかと思ったが、林の中の道だし、看板も無いので、どこの森の交差点で曲がればよいのか、分からなかった。結局は、弟子屈郊外の国道の合流点まで出た。信号で一旦停止する。中標津の開陽集落の中以来??、久々の信号だ。
 国道を斜里方面に曲がり、「摩周湖」の道路標識に従いすぐ右折する。信号のない交差点だった。あとは、まっすぐ道なりに摩周湖へ進む。
 弟子屈郊外から、まっすぐ摩周湖に伸びる道だ。正面には摩周湖を囲むであろう山が見える。

 ここで、交通事故の現場に遭遇したので、特に書き留めて置く・・・・・・・・・。
 運転していると、視線の先の道端で交通整理の警官がいた。スピードを落として、徐行する。と、事故現場だった。 片側交互通行になるよう、警察官が交通整理している。道には、二台車があり、うち一台が横転というか、ひっくりかえっている。先行車はうしろ(車体後部)が壊れているが、走行に支障はなさそうだ・・・・。
 ともに小型車であった。摩周湖に向かう車線で事故をして、反対車線でとまって、一台はひっくりかえっているようだ。
 道端で、中年の男の人が警官と話をしている。と、手前の反対車線の歩道のわき、畑のへりにやや太った女性がすわりこんでいる後姿がみえた。男と同乗していたのであろう、後姿から察するのみだが、事故に遭遇して放心のようだった。

 私は、現場付近を徐行して運転していたので、よくは見なかったが、ツレによると、事故を起こした車は、ともにレンタカーだったそう。「わ」ナンハーだ。(「れ」かもしれないが・・・。)
 まっすぐで、スピードの出る、見通しのよい直線道路。なぜ事故するのか??。事故が起きた車線は、今私達も走行しているが、摩周湖に向かう車線のはず。うしろの車がスピードを出し過ぎて、前の車に追突したのは確実。追突した車は、急ブレーキをかけて、ハンドルを右、反対車線方向にとっさに切り、ひっくりかえったのでしょう。
 または、走行していて、前の車がスピードを落として、うしろの車がよけようとひっくりかえったか、あるいは(後ろの車が)抜かそうとして、対向車が来て、抜かすのをやめたときに、ひっこんで、前の車にぶつかったか・・・・。

 北海道の交通事故は多い。全国でも発生件数は上位だ。死亡事故では、全国ワースト3に入っていることが多いと思う。一位、最近は愛知県が多いようだ。二位は、近年神奈川県が入ったこともある。三位が北海道かな。人口当たりの「発生率」は高くないが、件数は多い。図らずも「交通事故の多い北海道」を裏付ける光景に遭遇した・・・・・。
 さて、事故現場を過ぎて、道は摩周湖へ上り坂となる。白樺の林の中を通る。摩周湖を囲むカルデラの外輪山を登っているのだ。

DSC05067

 白樺の林を抜けると、摩周第一展望台のP(駐車場)に出た。車を停める。車を降りて、周囲の風景を見る。と、周囲の大地の眺望がよい。根釧台地や、弟子屈、湿原方面の広野、耕地が駐車場付近からもよく見える。
林と耕地が四角いコントラストをなしていて、モザイク模様のようだ。
 実は、摩周湖の眺望のハイライトは、湖ではなく、湖の外輪山の周囲に広がる雄大な景色なのではないだろうか。
 みやげ物の建物の中に入り、みやげ物屋の売り場を抜けて、外に出ると展望台だった。

DSC05069


 摩周湖にやって来た。写真では何回も見たことはありが、実際ら見るのは初めてだ。「霧の摩周湖」といわれるが、この日は、快晴で霧もない。最高の眺望だ。
火山の火口が見える。先ほど走ってきたときに感じた、あの山は摩周の火山だと気付きました。




DSC05071


 とリスがいた。リスは観光客に懐いている。もうひとつの摩周湖名物かな。

DSC05079

 おみやげ物屋の前の展望台とリスの様子。

DSC05080

↓ 摩周湖第一駐車場の様子。
有料で、入口に係員が立っている。同じ券で、川湯温泉の駐車場にも停めることが出来るようだ。
道を更に進んで、再び下り、屈斜路湖のほとりの駐車場のことなのだが、時間の関係で川湯まで行くことは出来ない。テレビでも紹介されているが、屈斜路湖のほとりには、いくつも野湯、露天風呂があると聞く。
そこに行ってみたいのはやまやまであるが・・・。

DSC05095

↓ 駐車場から、登って来た道の方向。弟子屈方面。
建物の内部がおみやげ物屋。

DSC05096

 道路ごしに遠景。摩周湖を囲む外輪山の植生は低い。よって、眺望がとても良い。なだらかな山裾にダーっと大地が広がっている。

DSC05097

↓ 駐車場からの眺望。

DSC05098

遠くに「阿寒富士」が見える。あの裾野に阿寒湖がある筈だ。

DSC05099

↓ 駐車場から、弟子屈、釧路方面の平原。地平線が霞んでいる、と表現すればよいのか。
林と畑、牧草地などが、深緑、黄緑と茶色と空のブルーのコントラストをなして、絶景である。

DSC05100

DSC05101



 ↓ (既出)中標津側から、摩周湖の外輪山遠景。

IMG_2820


↓ (既出)中標津側から見える、摩周湖の脇の火山の山容。

IMG_2822