2015年9月23日 北海道 摩周湖

  摩周湖第一展望台。
  湖に背を向けて振り返るとと、周囲の大地の眺望がよい。根釧台地や、弟子屈、湿原方面の広野、耕地が駐車場付近からもよく見える。
 摩周のカルデラの外輪山の外には、雄大な景色が広がっている。

DSC05085

 おみやげ物屋の上が、展望台にっなている。南の方向。

DSC05086

 水をたたえる?、堤防のような役割をしている外輪山。川は流れて出ていない。

DSC05104


 外輪山の様子。内側と外側では、世界が違うかのような・・・・。
DSC05105

 ↓ 外輪山の裾野の先、根釧台地だ。果てしなく広がっている。更に先は海があるのだが、見えない。
  霞んでいる。

DSC05087

 根釧台地の拡大。
 どこに道が通っているか、判別できないが、写真の左から、右手前の道を通って来たのだ。

DSC05088


 ↓ 上の写真の西方向。

DSC05089



DSC05107

↓ 外輪山はなだらかな斜面で、その先に根釧台地が広がる。


DSC05106

 そろそろ、摩周湖を去ることにする。展望台から離れる前、最後に撮影した。
 摩周岳と湖の様子を。
 一番印象に残ったのは、百聞は一見にしかず、摩周岳の荒々しい噴火口の様子だった。決して、写真では判らないが。
 
DSC05118

 車に戻る。周囲にはすすきが生えている。すっかり秋だ。


DSC05109

 駐車場は、出口と入口が分かれている。「出口」の表示に従い、道路に戻り、次は阿寒湖に向かう予定。

DSC05110


 20分くらいの滞在で、摩周湖第一展望台の駐車場を(出口)から出る。
 次なる目的地は、阿寒富士の麓にある阿寒湖である。 
 ↓ 摩周湖第一展望台から見える阿寒富士の拡大。
  実は、阿寒富士だと思っていたが、阿寒富士は別の山のようだ・・・。阿寒湖のそばにそびえる「雄阿寒岳」らしい・・・。標津のサーモン科学館の展望台の説明ででも一番左がのチョコンとしたピークが阿寒富士、右の手前の山は「雄阿寒岳」と解説があったし・・・・。


DSC05111


 再び、元来た、弟子屈方面へ道を下る。「天井界」から、下界に降りて行くような感じだ。
 さて、カーブの連続した区間を通過、更に走って、林を抜けると一直線の緩い下り坂の道となる。来るときは、緩い登り坂であった。
 「あの事故はどうなったかな」と、道の先を見る。事故現場では、まだ警察官がいた。片側交互通行になっている。一旦、事故現場で停止した。停止した際に私もよくよく見てこると、事故の車は横転したまま。やっとレッカー車がきたところだった。レッカーで吊る準備をしている。
 ほぼ正面から横転した(というより、完全にひっくり返っている・・・。)車を見たが、運転席側の天井がつぶれ、ガラスが割れている・・・・。相当スピードを出していたようだ。よく炎上しなかったものだ・・・・。
 追突された(横転していないもう一方の)車の人と思われる男女がまだいた。二人で歩道に立って警官の事故処理が終わるのを待っている。荷物を車から降ろしていた。別の車を借りるのだろうか?。確かに「わ」ナンバーである。(追突された車は)自力走行は、余裕でできるはずだが、レンタカー会社に連絡して、別の車に交換するのだろうか?。
 ひっくり返った車の乗車者はいない。救急車で病院に行ったのだろう。ケガをしたのが、運転手一人だったとしても同行者もついていきますからね・・・。本日は、連休最終日、連休を利用して遠方から旅行に来た人だとしたら、本日中に自宅に帰れるのでしょうか・・・・。
 事故を起こした二台の車。ともにレンタカーで摩周湖に寄って、そのまま女満別から帰路につく予定だったのかも知れません。