2015年9月23日 北海道 阿寒湖

  遊覧船で阿寒湖の水面上を進む。「幸福の森桟橋」を1605発。
 湖の東側にある「瀧口」を航行し、入江のようになっている湖水上を進む。傍らには、湖水に浮かぶ島がある。「大島」である。島は、白樺などの林に覆われている。

 
DSC05170

一番東に航行する。進行方向の左手に阿寒湖の「大島」がある。西日が、島に当っている。秋の夕方の淡い陽射しである。

DSC05171

 大島の横を通過すると、東側の見通しのよい所に出た。真正面にそびえる山が。
「雄阿寒岳」だ。一番のビュースポットであろうか。山の斜面は、崖で崩れて、富士山の斜面とまではいかないが、枯れた沢になっている所もはっきり見える。
「雄阿寒岳」と「雌阿寒岳」の区別が難しい。遠くから見たところ、「阿寒富士」とこの「雄阿寒岳」を誤解していたくらいだ・・・・・・。阿寒湖の湖畔の街から見て、湖の正面にそびえる山が「雄阿寒岳」(オアカンダケ)だ。
 山裾が湖畔で、山の斜面から山頂まで、緑の森に置覆われている。ところどころ紅葉している。


DSC05172

 「雄阿寒岳」の裾野と、これから進むであろう、湖の先の方向。大島を挟んで反対に当たる。
遊覧船後方のデッキから。


DSC05173


 「雄阿寒岳」と湖畔の森。溶岩の上に、木々が生えている様子が判る。

DSC05174


 湖の端は入江のようになっている。
 湖畔の森は、紅葉が少し始まっている。溶岩が半島?のようになり、湖水の上に顔を出している。その上に気が生えている。倒れている木々も。

DSC05175


DSC05176

 更に進む。両岸が近くなる。「瀧口」だ。

DSC05177

 更に狭い通路、海峡ならぬ水峡を航行する。

DSC05178

  雄阿寒岳が正面からではなく、横から見える。山の斜面の枯沢が目立つ。写真では判然としないが、実際はかなり目立ちます。

DSC05179

 後方のデッキから。水路を振り返る。スピードが緩くなり、スクリューの航跡が消えている。

DSC05181


 船は奥まった水面上、ターンというか、舵を切り、方向転換する。。
 阿寒湖の景勝地、瀧口を通る。柵があり、ここから川が流れているようだ。西日に照らされている。

DSC05182

 瀧口付近。阿寒湖の一番奥まっている、狭まっているところ。

DSC05183

 元々、通った水路を航行し、大島の方向に戻る。

DSC05185

岸辺の様子。紅葉が始まっている。木は、水面近くからダイレクトに上に伸びている所がある。
北方版のマングローブともいうべきか。

DSC05186

瀧口の景色。

DSC05187

溶岩の上の木々が枯れている。


DSC05188

「瀧口」の狭い水路を航行し、大島の北岸を抜けた。
と、西側の眺望が開けた。この日は、秋分なので、ほぼ西に太陽が沈むと考えて間違いない。
太陽が、「雌阿寒岳」の真上にある。冠のような、山の形だ。「阿寒富士」が判然としないが、左の小さいボコッとしている山だろうか。または、隠れている。
(写真よりも、実際はもっと大きく見える。)

DSC05189


 大島の東かな。

DSC05190

 阿寒湖の東から、北の航行する途中。大島の森が見える。
 先程、弟子屈から阿寒湖に至る国道を通ってきたが、国道はあの山のどこかを通っている筈だ。

DSC05191


 と、林が窪んでいる所が見える。スキー場か送電線で人工的に切り開いたようだ。

DSC05192


 ↓ 雌阿寒岳の拡大。阿寒湖温泉街のホテル群が見える。

DSC05193

 ↓ 拡大 阿寒湖温泉街のホテル群。 森に囲まれている。大自然の中の小さい街のように見える。いかに、深い森に囲まれているかが、分かる。北海道ならではの大自然ですね。


DSC05200