2015年9月23日 北海道旅行も最終日の日没時刻を過ぎた。 
 ここは、阿寒湖の湖畔。

 ボッケに行ってから、先に車に乗って、少し移動させ、阿寒湖エコミュージアムセンター脇のボッケへの歩道の入口でツレをまつ。 車を停車させると、ちょうどツレがやってきた。車に乗せて、収容(笑)。

 これで北海道旅行も「終了」だ。なんだか、ホッとした(笑)。時に17時35分。一路、釧路空港へレンタカーを走らせる。釧路空港20時15分発の羽田行JALに搭乗して帰る予定となっている。

 (摩周湖から来た際に通った)元来た道を戻る。立派な広い道で、路面舗装には、ギザギザが刻まれている。凍結してもスリップしないようになっている。分岐点で阿寒町、釧路方面へ曲がる。先程は、摩周湖、弟子屈方向から直進でやって来た。
 分岐点から、(旧)阿寒町(の中心街)までは38キロくらい。釧路空港までは50キロ以上はある。時間にして、空港まで一時間くらいか。
 旅は「終了」したと上で書いたが、まだ先の空港、給油までの行程はある。国道の坂道を釧路方向くだる。谷間の坂道で、カーブもきつい。沿道には「鹿に注意」の看板が多い。夕刻だ。鹿が出るかもと思い、注意しながら運転する。山間部の道で、対向車はほとんどない。
 が、後方から、バイクが三台、ピタリとついてくる。ツーリング集団だ。山の中の道を過ぎ、集落がある地帯になってもバイクは、ピタリとついてくる。一直線の道路もあるが、平地の道になると対向車も時折あるので、パイクは私達の車を抜かせないようだ。
 あまりスピードを飛ばすのも何なので、そのままのスピードで私は走行。途中、50キロ制限の道路もあり、あまりスピードを出す訳にはいかない・・・・。
 やがて、釧路湿原、鶴居村方向の交差点まで来たとこで、バイクは曲がっていった。すでに、日没後で周囲は真っ暗。湿原の展望台は無理だな。見通しはきかないので、湿原の眺望は断念・・・・。またの機会に・・・・。
 国道を南下し、阿寒町についたのは、夜の6時15分頃。道の駅に一旦、車を停めるも店は閉まっている。道路を挟んで反対側に宿泊施設のようで、電気の光が見える。この付近は、釧路市に合併した旧阿寒町の中心地だ。
 事前に、旭川でもらったガソリンスタンドのマップでも、わかっていたが、この付近のガソリンはすでに営業時間を過ぎて、閉まっていた。もうひとつ(スタンドは)あったが、祝日は休業で閉まっている。
 結局は、空港を一旦すぎて、より釧路市街に近い大楽毛まで行き、給油をする必要がある。空港近くになると両側は森で、森が開けたところは湿地帯のようだ。暗闇で分からないが・・・・。家はほとんどない。が車の通りは多くなる。
 やがて、空港への道路の分岐まできた。一旦通過する。釧路の市街地方向へ進む。バイパス道路をすぎ、町中の方向へ。大楽毛のあるガソリンスタンドで満タンに入れた。再び空港へ戻る。途中、ツレが見たのだそうだが、牛乳の根釧工場があったそう。ツレは、ここの牛乳を買っているようだ。
 「おおたのしげ」だと思っていたが、「おたのしけ」と読むと知った。道を空港へ戻る。空港道路への交差点をは曲り、林の中の上り坂をどんどん進む。
 国道から、空港までは4キロくらいか。やがて、ターミナルビルの光が見えた。ビルの手前の交差点を手前で曲がるとレンタカー会社街がある。すぐに返却する営業所は分かった。

 阿寒湖を出てから空港までは、写真を撮影していない。

 ↓ 釧路空港のP。奥はレンタカー会社の営業所街。

IMG_2824


 無事、営業所に到着。18時55分。フライトの一時間前に返却であるので、さほど、時間の余裕もなかった・・・。夕食を途中で食べる時間も無かった。レンタカーのキズの有無を表示した複写式の台帳を係の人に渡す。

 エンジンをつけて満タンであることを確認してもらう。やっと「たどりついた」という感じ(笑)。こと、乗り捨ては初めてだったので。到着したという感慨もひとしお(笑)。
 「北海道 ひとふで書きの旅」であった。車から荷物を降ろし、忘れ物がないか確認。
 この日の走行は、344キロだった。鉄道で、東京と名古屋間が360キロだ。東名高速の豊田ジャンクションと用賀間が300キロ。結構な距離を走ったものだ。
 「ひと筆書き」のルートで計算の場合、実質は220キロくらいかな・・・。相泊、野付半島往復や摩周湖 阿寒湖 の同一道路往復もあった。ガソリンを入れるため、空港道路入口と大楽毛の間を往復15キロくらい余分に走ったし。

 レンタカーを運転していて、道中、融雪パイプは無かった。道東でもほとんどなかったと思う。温泉水を道路に流すのかなと思ったが違うようだ。寒さが厳しく、路面が凍ってしまうので、融雪温水は無意味なのだろうか。



IMG_2823


 空港に着いたいた。あとは飛行機に乗るのみ。ターミナルビルは、営業所の目の前だが、車でビル正面まで送ってもらった。空港ターミナルビル内部に入る。釧路も旭川と同様新しいビルだ。
 早速、荷物を預けチェックインを済ます。JALの羽田便は一日三便ある。ツレらは買い物のためお店へ。
 ↓ ビルの入口脇にあったモニュメント。


IMG_2825

↓ ビル内の展示コーナー。

DSC05291

 私は上のフロアへ。

DSC05290


 少しばかり、展望デッキに出てみる。空港の周囲は真っ暗だ。誘導燈と管制塔の光が目に入る。星空は見えないかと目をこらすが、自宅付近よりは見えるが、すごく見えるほどではない。残念。知床のどこならぱ、星がよく見えたのかな。「満天の星空」は今回の旅では見ることが出来なかった。
 ウトロや羅臼では、酒を飲んで、寝てしまっていたし・・・。


DSC05280

 ↓ レストランの横に展望デッキへの出入口がある。

DSC05281

 ↓ 滑走路を見る。

DSC05283

 ↓ 北側。管制塔。滑走路は地図を見れば分かるが、海、太平洋に向かって、ほぼ南北に延びている。

DSC05287


DSC05286

 南側。レストランがある。

DSC05288

 出発を待っている機体。

DSC05289