2016.4.9  新章突入です。春4月、「2016年奈良のたび」

 早朝に自宅を出発。伊勢湾岸自動車道~名阪国道を通行する。
 以前ニュースで聞いたのだが、最高速度が引き上げされたとか(引き上げされた、その後一回は通行したかな・・・)。針インターを過ぎ、奈良盆地を囲む山をこえて、再び下り道となり、カーブを曲がる。
 視線の先に奈良盆地の景色が見えてきた。山にかこまれた平地に田畑と街が広がっている、雄大な風景だ。
 
 今までは、名阪国道を天理インターで降りて、奈良市内に向かうことが多かったが、今回はそのまままっすぐ有料の高速道路に進む。奈良盆地の中を進み、間もなく法隆寺インターの表示が出てくる。
  
  法隆寺 春季寺宝展などの見学だ。  ↓ 拝観時に撮影した境内の様子。


DSC06437

  法隆寺インターで降りる。田んぼと畑と住宅の混在する地区の中を通る一般道路を進む。途中、JRの駅の近くを通過。道は整備されて、歩道も広い。区画整理をして道路を広げたようだ。昔はもっと道が狭くて、家が近接していたような気がする(気のせいかもしれないが・・・・。)。
 やがて、法隆寺の門前に至る。右折してまっすぐの参道に入る。松林の中の道を進む。駐車場を探す。
  車は、法隆寺の門に近いお店の駐車場に停めた。有料駐車場よりも門に近い場所にある。
 お店でおみやげを買えば、駐車料金が無料になるし(笑)。
 特に下の子が好物の「柿の葉寿司」を買うしね(笑)。
 早朝出発し、休憩を含めて6時間半くらいで着いた。早起きしたので、やや眠いかな。
 
 ↓ 参道の車道の様子。
   お寺の門を背にして南側。向かって左にありお店の駐車場に停めさせて頂いた。 

DSC06422

 ↓ 道の突き当り、歩道を歩き、門へ。門をくぐり参道へ歩く。
   おなじみの道です(笑)。

DSC06423

 なぜか、ここで妻の妹と合流。JR法隆寺駅から歩いてきたそうだ。法隆寺駅でピックアップしても良かったが、私達の車の到達まで待つことを考えると、お寺まで歩いた方が早そうなので歩いて来たのだ。車中で妻は自分の妹とメールで色々やりとりして「最終決定」していた。
 JRの駅から法隆寺までは、微妙な距離があることは有名だ(笑)。バスの時刻がちょうどあったかは、確認していない。
 (妹は)大阪駅から、ちょうどよい具合に快速列車があったので、ほぼノンストップで法隆寺駅まで来て、予定よりも早く着いたとのこと。
 恐らくこの問題(JRの駅からは法隆寺が微妙に遠い件)は、あと千年たっても解決しないでしょう(笑)。
 
 国宝の南大門をくぐる。南大門といえば、東大寺のインパクトが強いので他の寺院の南大門は忘れてしまいがち・・・・・・。こちら(法隆寺)は室町時代なので、後年再建されたものだろう。東大寺の南大門は鎌倉時代だったと思うので、法隆寺の門の本が新しいことになる・・・・・・。


DSC06424

 「法隆寺秘宝展」の告知。
 「通常拝観していただけない宝物の特別公開を行っております」と告知がある。
 春に約三か月、秋に二か月半と少しの会期となっていた。
 今回の訪問は、こちらの見学も目的のひとつ。

DSC06425

 伽藍の手前のチケット売り場で券を購入。
 その間、近くに国宝の建造物があるのに気づいた。国宝「 三経院及び西室」
 鎌倉時代の建築。聖徳太子の三経を講義する、と説明にある。
 三経について、ボクは理解していません(苦笑)。


DSC06428

 国宝「 三経院及び西室」の正面近くより撮影。
 現在、東大寺に多く残っている建築物は鎌倉時代のものも多い。時代がほぼ同じなので、様式も似ているにうな・・・。特に三月堂(の鎌倉時代に建築された部分)などに。

DSC06429

 入場前におトイレに行って、体調を整えてから、伽藍の内部、つまり有料拝観エリアに入る。
 前回は2010年の春に来た。ほぼ、6年ぶりになる。
 妻の妹は修学旅行以来?。分からないが。