2016.4.9  春4月、「2016年奈良のたび」

  
  法隆寺 春季寺宝展などの見学だ。  ↓ 拝観時に撮影した境内の様子。


DSC06437

 伽藍の内部、つまり有料拝観エリアに入る。


DSC06430


 百済観音。背が高い。後ろの後背が分離している?。まず入って五重の塔。中には、白い塑像のような仏像がある。うしろの北側の仏像はねはんで、お釈迦様が死ぬ場面のよう。となりの金堂の仏像は壁画はパネルがはめられている。暗いのでよく見えないのでが、比較的鮮やかだ。正面 の大きな仏像があり、手前、向かって右側に薬師如来。隅には、あまのじゃくといいうか、邪気を抑えていてる四天王像。
金堂を反対側の出口から出る。これで三回目だったかな。五重塔がふたつあるように錯覚してしまう。薬師寺と混同か。


DSC06432


 正面の回廊の奥が講堂。金堂と混同してしまう。中は大きな仏像がある。大日如来??。 外と回廊内を見る。撮影スポットである。と、講堂の脇の回廊の石砂利の前で、母子らしい二人に ガイドが説明をしている。回廊内には、ガイト゛がいて、グループなどに説明をしている。頼んでいるのだろうか。 「斑鳩町観光協会」と腕章をしている人もいる。


DSC06442


DSC06436


 
DSC06440

DSC06441