2016.4.9  春4月、「2016年奈良のたび」 法隆寺。
  
  法隆寺 春季寺宝展、夢殿などの見学をした。  

 ↓ 拝観時に撮影した境内の様子。夢殿からの帰り、東大門。
  青空に桜が映える。


DSC06480

↓ 夢殿から駐車場に戻る途中の、東大門の説明。
国宝である。日本最古の僧門とある。なんと、奈良時代のもの。


DSC06478

正面の入口に戻る。

DSC06481

参道の脇にある門。禅宗寺院ふうにいえば、塔頭、法隆寺内の子院だろう。

DSC06484

 南大門をくぐり、境内の外に出た。
 参道の脇にあるお店に入る。先程このお店の駐車場に車を停めたので、ここで買い物をすれば、駐車料金が無料となる。
 店に続いて、食堂も併設されていた。広い食堂だ。私達以外に中学生の集団が買い物に来てた。しかし、集団は食事はしていない。昔は40人一クラス×6クラス以上学年にいる学校がふつうなので一度に300人は入るくらいの食堂だ。今来ている中学生の人数は2クラスくらいだろうか。
 うどん、そばなどのメニューがあり、食事も出来るとのこと。ここで注文して食べる。店内には、柿の葉寿司を販売している。買ってここで食べてもよいとのこと。下の子の好物なので、数箱を購入し、早速テーブルで開いて食べる()。

 ↓  注文した「きつねそば」と「柳屋」の柿の葉寿司。
   関東に住む私にとっては「山の辺」が一番有名かな。

DSC06487

食堂(手前)と店内の様子。中学生が出入りしている。
手前は、私がたべようとする、きつねそばと食べ終えた柿の葉寿司の「葉」(笑)。

DSC06489

 私が子供、中学生の頃は子供の人数が多かったので、ここでもたくさんの児童、生徒が一度に食事をしたことであろう。しかし、時代は短い間に急激に変わった・・・・。今は、少子高齢化の時代だ。私が子供~少年の頃のアノ時代は一体何だったのか?。
 現在、自分の子供は修学旅行で奈良に来た当時の私とほぼ同じ年齢。私にとっては、(修学旅行で奈良に来た中学生の頃は)ついこの前のことに感じるのだが・・・・、一方で遠い昔のことにようにも感じる・・・・。今をもって、私の答えは出ていない・・・・・。
 
 駐車場に停まっているバスに生徒たちが戻って来た。出発するようだ。バスは「ハイランド エクスプレス」とあるように長野県のバス。このバスは上高地や松本市付近で見たことがあるし、上高地に行くときに乗ったことがある。本当に長野県の中学校の修学旅行のようだ。
 4台、4クラスで来ているのだろうか、35人学級として140人くらい。私の頃だったら、3クラス半の人数かな?。
 お店の中にいたのは、うち1クラスくらいの人数だったのかも。
DSC06491

駐車場の外側には、田畑と住宅地が広がる。
以前は、もっと畑が広がっている田園地帯だった筈だ。


DSC06490