平成29年4月2日 「ティツィアーノ展」 鑑賞3 in 東京都美術館。

 「ティツィアーノ展」を最終日に鑑賞した。
 「ティツィアーノ」は私個人が一番興味を魅かれる画家である。優美な女性の裸体画や、皇帝カール五世像に代表される勇壮な肖像画の数数。特にプラド美術館で見た「カール五世騎馬像」の巨大な絵は圧巻だ。「ミュールベルク(ドイツ語読みだが・・・・) en(エン) カルロスⅤ(キント)」とも言われるアノ「甲冑姿で騎馬に乗って槍を持つ皇帝カルロスの姿」を描いた大作だ。戦争に明け暮れた? カルロスの戦勝記念の肖像画だ。あと、カルロスの突出した「顎」もよく表現している(苦笑)。
  イタリアの美術館でのティツィアーノの英語での表記を見ると「Titian」となっている。そのまま、日本語で発音すると「チチアン」かな?(笑)。
 私が大変に興味がある画家であり、今回ティツィアーノの特別展が開催されるので、勇躍してやって来た訳です。(笑)。
 展示室内では、なかなか、ティツィアーノの作品が出てこなかった。すべて「ティツィアーノ」の作品で構成というのは不可能なので「ヴェネツィア派」の絵なども含めての展示である。
 初期の作品からティツィアーノの展示が始まる。
 「復活のキリスト」が、最初のティツィアーノの作品であった。
 解説によるとティツィアーノは、公証人の子として産まれている。
 「あれ、公証人の子」とはどこかで聞いたことがあるぞ。と思った。
 レオナルド・ダヴィンチも公証人の子(私生児)として紹介されることが多い。現代の日本語でいう公証人とは、当時のイタリアではどれくらいの人数がいたのだろうか??。


 次いで、若い頃の代表作としてフローラがあった。
 若々しい女性の絵だ。描いた当時の彼よりやや下の年代の少女を表現したのではないか。


IMG_0409





IMG_0411




IMG_0412