2017.4.15 京都  仁和寺 霊宝館 春季名宝展「色とりどり絵画の魅力」 (平成29年) 見学2

 仁和寺の霊宝館は通年開館をしていない。前回は、2013年1月に「京都冬のたび」の金堂内部公開などで来たが、開館していなかった。その前は、東日本大震災の直後の4月に訪問したが、見学はしなかった。今から思うと勿体ないことをした。今回が、初めての見学となった。

 
 ↓ 「色とりどり絵画の魅力」のパンフレット 抜粋

DSC00069

 国宝 阿弥陀如来像などの展示通路を過ぎて、角を曲がると、今回のメインテーマの絵画、絵巻の展示だった。
 三十六歌仙図 狩野山楽筆、
 藤原定家像   狩野永納筆 など江戸時代の絵画である。「石山寺縁起絵巻」は彩色の鮮やかな絵巻物である。江戸時代の作なのでカラフルだ。あまり古い絵巻物という感じがしないくらい保存状態がよい。

  ↓ 「色とりどり絵画の魅力」のパンフレット 抜粋
   新指定 重要文化財 「密要鈔目録」の画像がある。

DSC00068

 今年、平成29年に新規に重要文化財に指定されたばかりの「密要鈔」の展示がある。
 「密要鈔目録」は、江戸時代に作成された目録とのこと。国宝と通路を挟んで反対側の壁側に展示があった。「密要鈔」は今回が初公開だそうで、展覧会の目玉のようだ。「密要鈔目録」も同時に指定された?。
 「密要鈔」は「聖教(しょうぎょう)」と呼ばれる、釈迦の教えを記した経典のひとつのことだそう。
 「密要鈔目録」は「目録」なので 経典と思われる品名と数が記載してある。
 「灌頂・・・・ ×帖」
 「伝法灌頂三昧那戒作・・・・ 一帖」
 「胎蔵昇・・伝法灌頂・・・・ 一帖」

 密教の重要儀式である「伝法灌頂」に関する経典らしい。
 守覚法親王自筆の儀式?の差指図があるそうだ。儀式の図面に法親王が書きこみをしていた。
 目録に「法親王の直筆である」と書いてある。
 守覚法親王の肖像画の展示もあった。後白河法皇の第二皇子で、7歳で仁和寺南院に入り、「仁和寺第六世」になった。西暦1202年に薨去されている。展覧会の小冊子にも肖像画の写真と法親王の紹介が掲載されている。

 順路の最後近くの平ガラスケースに国宝の展示があった。
 「御室相承記」 おむろそうしょうき 巻物になっている。
 宇多法皇から道法 法親王までに至るお寺の内務の記録とのことだ。
 鎌倉時代のもの。道法 法親王は、後白河法皇の皇子とある。守覚法親王の弟にあたるお方。この時代は、法皇の皇子をお寺に迎え、源平合戦などの戦も一段落し、お寺の権威向上が図られたのであろうか。
 内容を見ると「~ 事  建久二年十二月廿十六日 百六十僧 御室 御開帳 」と書いてある。
 更に「大阿関   皇后   喜多院   ××年十一月廿十×日 大阿関条・・・・」
 私がざっと見た内容を書いているので、もちろん誤字記載があるが。
 鎌倉時代の年号と月日が書いてある。~について、僧が来て、何かの仏像の公開をしたというような記事だ。 
 喜多院の「喜」は七が三つの崩し字だ。「北院」を意味しているらしい?。 

 ウェブでの表示上、横書きに直しているが勿論原文は毛筆の縦書き・・・・。
  国宝「御室相承記」には、守覚法親王の巻は無いらしい。
 
 重要文化財指定「御室御記」 江戸時代 の展示もあった。国宝の「御室相承記」 とは異なり、時代は下がって「江戸時代のもの」と解説文にあった。内容は、仁清が仁和寺に来たときの日付で、××をしたというような部分の展示であった。仁清は、あの国宝指定作品もある「野々村仁清」のことである。
 そういえば、先ごろ見東京国立博物館で見た重要文化財指定作品の展示の説明文には「仁清は・・・・御室の仁和寺の付近で・・・・」という箇所があった。
 仁清はしっかりと、仁和寺の記録に載っていたのでした。

 国宝「御室相承記」や新指定の重要文化財「密要鈔」を見ていたため、絵巻の鑑賞があまりできなかった。反省点とします。

 見学を終えて、退出し、入口の階段を下った。
 と、雨がパラついてきた。御室桜は、見ごろを迎えたが、桜の季節はまだまだ天気が安定しない。「花曇り」であろうか。






.