平成29年 実りの秋、続々と秋の便りが届いています。 

 ふるさと寄附金のお礼の品として10月のとある日、福井県坂井市からお米が届きました。今年初めて寄附をした自治体です。

 福井県産のお米 コシヒカリ 「ひかり姫」です。箱には「パールライス」と書いてあるので農協のお米でしょう。還元率というか、量としては寄附金1万円につき10kg。還元率は平均だ。実は大きな声では言えないが15kgと誤認していたのだが・・・(苦笑)。申し込みの当初から「寄附1万円  お礼の品 米10kg」と書いてあった。
  
 今まで私は「町」や「村」に寄附をしていた。「市」には寄附したことが無かった。今回、坂井市に初めて寄附をしたのは、以前観光で宿泊したこともあるし、福井県でのふる里寄附金の返礼品は珍しいから。
 「珍しい」といっても福井県の自治体に「お礼の品」が全くない訳ではない。還元率は低いが、福井県下の自治体は積極的では無いと私は感じているのだ。以前から私は福井県は「ふるさと寄附金(ふるさと納税)不毛の地」「ふるさと寄附金(ふるさと納税)後進県」と呼んでいる
 恐らく、ふるさと納税の発案者ともいわれる有名知事氏の意向もあるのであろう。豊富な財源(具体的に今回は財源は明記しないが・・・・。)を持っていることも関係しているだろう。知事の意向に県下の首長は皆従って横並びしているように感じていた・・・・。
 反対に東京に福井のアンテナショップが青山と銀座の計2店舗あるので「アンテナショップ先進県」と以前から申しあげておりますよ。(笑)。

 当面、来年の夏手前までのお米は買わずに済みそうです。「先物買い」したのでね(苦笑)。昔は1人1俵、約60kgが年間に食べるコメの量と聞いていたが、それに比べると現在の私のコメの年間消費量は半分程度ではないか?。パン食、麺類食、外食もあるので1人60Kg消費には遠く及ばない。

 ↓ お米の入っていたダンボールと袋。
  

DSC01847


  3年前の春先に、坂井市に行ったことがある。だから今回「市」にはね初めて寄附をした。
 「越前カニ」で有名な三国港があるし、休暇村三国に泊まったこともある。休暇村近くの水族館にも行った。重要文化財の丸岡城も坂井市。海、平野部、山間部のエリアをあわせた市域のある福井県随一の観光地がある市だ。