平成29年12月 ふるさと寄附金 お礼の品「クエ 鍋セット」 愛媛県愛南町
 
 今度は「ふるさと寄附金」のお礼の品として魚が届いた。愛媛県愛南町からである。

 愛南町は宇和島から更に南の「南予」の町である。愛媛県の自治体に寄附をするのは、初めてである。昨年の夏には大分県にフェリーで渡る途中、愛媛県八幡浜市などを通過した。愛南町は更に南の宇和島の更に南である。実は最近ウェブサイトなどで紹介されている「柏島」(高知県)への途中でもあるので、今年の夏に行ってみようかと思ったが、結局行くことは出来なかった。
 以前、高知県の大月町にはふるさと寄附金をして、お礼の品として「お米」を頂いているが、県は違っても地理的には、愛南町と大月町は比較的近い。
 
 水産物は、加工は冷蔵冷凍の手間がかかると思われるので、肉に比べると寄附金に対する還元率は一般的に低いと思う。
 クエは和歌山の白浜でも販売していたのを見たことがある。関東エリアではあまり食されないと思うが、関西圏、瀬戸内海以西では高級魚として有名である。特に福岡では「アラ」と呼ばれて冬の味覚の代名詞である。
  

 ↓ スライスして加工されたクエの身。白身である。
  「愛南のクエ」の調理方法などの紹介パンフレットが同封されていた。
  シールにはクエのイラストが描かれている。

DSC03333


 冷凍で到着した。年末食べることにしようか。しばらく冷凍庫で保管することにしよう。