敦井美術館 「陶聖 板谷波山展」 鑑賞3 新潟市 2018年8月

 新潟市にある「敦井美術館」(つるいびじゅつかん)、会期は、7月9日から9月22日の土曜日まで。
 
 私が入館したのは、開館時刻直後の午前10時01分くらいであったので、本日最初の入館者であったが、あとから 70-80歳台くらいの女性と息子夫婦と思われる組が入館してきた。次いで、60歳くらいの夫婦が入ってきた。

 波山は、ざくろを好んで用いたようだ。重要文化財「彩磁禽果文花瓶」や「葆光彩磁珍果文様花瓶」と似たモチーフの作品がいくつか展示してある。しかし、どれも小さい作品である。果実や葉の表現が似ている。上記二点が波山の代表作なのでろあう。小さい作品がいくつもあって、大作を制作したのだろう。

 美術館の所蔵作品図録が展示室内のイスの横に置いてあったので見る。今回の出品作品のうち、代表的なものの解説と写真の掲載があった。

 波山の妻も制作を手伝ったそう。「板谷玉蘭」の名で、作品の皿の展示が1点だけあった。「マジョリカ 蕪皿」と作品名が書いてあって、カラフルな彩色の蕪の絵が底に表現されているお皿だった。

 展示の最後の方に、敦井産業創業者、美術館創設者、敦井氏77歳喜寿の祝いの茶碗があった。小さいが波山がオリジナルで制作した作品で「喜寿」の文字が木の枝のような文字に浮かびあがるようにデザインされている。「仙桃茶盆」(「盆」は当て字。正確には違う文字。)。長寿を祝う、桃の果実と枝の作品であった。
 波山の晩年の作品でもあり、敦井氏と波山の深い親交を物語る作品である。敦井氏は、波山に作品を注文していた、いわばヘビーな顧客だったのだ。
 絶筆となった波山の小さい「鉄線花」絵(スケッチ)もあった。波山は満91歳の長寿で没していた。文化勲章を受章した時の写真や最晩年の写真もガラスケース内の壁に掲示されていた。

 他の人はまだ展示室を見ていたが、私はもう一回、重要文化財「彩磁禽果文花瓶」と「葆光彩磁珍果文様花瓶」をじっくりと見て、退出した。
 


↓ 美術館の外、入り口の横に掲示してあった看板。
左、重要文化財「彩磁禽果文花瓶」と右、「葆光彩磁珍果文様花瓶」など。
バスと通行人がガラスに反射して映っている。
  

DSC04557


 車を取りに戻る。あとで、美術館パンフレットを見て知ったのだが、40分間無料になる指定パーキングがあった・・・。気づかなかった・・・・。

↓ 北陸ビルの一階に美術館はある。車を取りに戻る際に道路の反対側から撮影。
 


DSC04560