平塚漁港食堂 2018年12月食事

 歳の暮れも押し迫った12月のある日のこと。久しぶりに平塚漁港食堂にやってきた。曇天の寒い日だ。 前回は「梅雨明けしましたね~。今年の梅雨明けは、やや遅かったような。開けた途端に猛暑となりました。・・・・・」と訪問記を書いていたので季節は真逆の「真夏」のことだった。
 
 ↓ 東の空は青空と薄い雲。湘南海岸が見えるのだが、写真の写りがよくないなー。 
  前回のように「相模川河口と海岸付近の建物の向こうには、相模湾が広がる。そして、「入道雲」がもくもくと湧いている。さあ、今年も夏がやって来た!!。」という意気込みは無い。寒い。。。

IMG_4760

  ここ「平塚漁港の食堂」は、テレビでも取り上げられ、今や休日など繁忙日には、行列が出来るお店だ。

 ↓ 国道近くから見た建物外観。
   お店の向こうは、西の空。鉛色の雲が広がっている。これから、だんだん、天気が崩れていくのであろう。

IMG_4764


 店内に入る。正午前の時間帯を狙っての入店。混雑も少し落ち着いてきたかな。
 


 

IMG_4761

 昼の定食のメニューが置いてある。「本日の定食」と書いてある。本日の定食は限定10食のものが多いので、早く注文しないとすぐに完売してしまうであろう。前回は「限定20食??だった、あじ丼とフライの定食」を注文した。
 メニューは変わっていた。海鮮丼は税抜で1980円だったが、たいていの昼の定食は税抜1780円だった。税込みだとレジで1922円になった。
 メニューを見ると「アジフライ」メインの五種の(刺身のある)刺身定食と「焼き魚」メインの五種の刺身定食がある。どちらかなー、と考える。俺が頼むとしたら、フライモノは受け付むしなくなっているので、「焼魚」の定食にした。
 本当は刺身のみでフライも焼き魚もついていない、1品少ない定食がよかったが、無いようだ。煮物が1品あるといいんだけどね。「本日の定食」は刺身が必ずついて、他にフライや焼きモノがつくようだ。ごはんは大盛り無料である。

 店員の女性がどの魚か説明してくれる。焼魚はイシモチ、フライはアジだった。刺身五種は一種一種示して説明してくれるが、すぐに忘れてしまう。「イナダ(かハマチ)、タチウオ、めじな、スズキ、サワラ」だったかな。


 隣に夫婦らしき60歳前後の男女がやってきた。注文して料理がやってくると、同じように魚の名前を言ってくれる。私のと同じ魚ではなかったような・・・??。刺身の種類は「サワラ」だったか「サヨリ」だったか忘れた。隣の人には「サワラ」と言っていたような。オレのも「サワラ」と言ったような。でも、「サワラ」は春の魚の代表格。「冬なのにサワラとはおかしいな」と説明の時に思ったので、出てきたのは「サワラ」と思った。でも「サヨリ」ではなかったかな??、と記憶が揺らいできた。「スズキ」は確かに言われたと思う。「タチウオ」は切り身の様子を見ても間違いない。別の魚ではないと自信をもっているよ。

 値段もそれなりにするが、量が多くボリュームがある。特に「焼き魚」と「フライ」は、加齢を重ねた俺には、量が多く、重荷になってきた。昔のオレならば、ガツガツ食べたけどね。やはり(年齢を重ねた俺としては)、もう1品、2品少なくても量の少ない定食が欲しいかな~。

  ↓ 「本日の定食」 焼き魚メインと思って注文したがフライと焼き魚、両方ついていた。

IMG_4762

 今夏は2人席のテーブルに座った。前回は大テーブルに座った。しかし、今回訪問したとき店内を見たが大テーブルはなくなり、2人席や4人席のテーブルとイスに「分割」されていた。大テーブルだと混雑時の相席など問題があるのかも。大テーブルであい向いに座ると、距離が離れて落ち着いてツレと会話できないしね。かといって、カウンターのように大テーブルに横に二人並んで座るのも何だし。