奈良市内 散策 2020年7月(新型コロナ感染症流行下)
 
 この日は、梅雨の明けない曇天の蒸し暑い日。
 近鉄奈良駅を起点に奈良国立博物館 →東大寺ミュージアム →春日大社国宝殿と見学した。
 春日大社原生林(かすがの森)から奈良公園、近鉄奈良駅に向けて散策する。
 
  マスコミ報道でもあったが、新型コロナウイルス感染症流行のため、観光客が激減、おなじみ「鹿せんべい」の販売も少なくなって、鹿がエサを求めて市街地にも出没しいるという。
 途中、歩いているとまさにその場面に遭遇した。民家の敷地に入り、木の葉を食べていた。

  ↓ 住宅地にいた鹿。民家の敷地であるため、画像は加工した。

BlogPaint

 

↓ 春日大社から坂道を下る。

DSC00805

↓ 春日大社国宝殿の下。
自転車で若い人が行動していた。

画像には、あまり写っていないが、付近には鹿がたくさんいて、エサを求めて行動している。
「鹿せんべい いかがですかー?」と鹿せんべい売りのおばさんが声を出しているときもあった。声を出して販売するなど、今までなかったことだ。何も言わなくても、観光客がやってきて買ってくれるから。
売店の周囲にも鹿が「せんべいをよこせ」と言わんばかりに群がって来ている。

IMG_3693
 
 神域の深い森となっている。坂道を下る。

DSC00806

 小さいコンクリの橋がかかっている。春日大社の敷地との境界となっているようだ。


DSC00807


 街に出た。すぐに、志賀直哉旧居があった。時間の関係で割愛した。
 近くには、新薬師寺もあり、昨年の正月に行ったとこがある。住宅地を通り、駅に向けて歩く。

DSC00808


 と、市内巡回のバスが行ってしまった・・・・。近くにバス停がなく、乗りすごしてしまったので、仕方なく歩いて近鉄の駅まで戻ることにする。
 曇天ながら、暑くなってきた。気温は30度はあるよ。途中、大乗院庭園がある。入場無料である。が、時間の関係で見ないことにした・・・。そのまま駅に歩く。なら町の付近も古く。猿沢池経由、近鉄奈良駅へ。なら町の付近も古く。以前来た、元興寺はこの付近である。
 商店街のアーケードを抜ける。途中、マクド(関西での呼び方)あるが、店内飲食は再開しているようだ。
 12:00頃、近鉄奈良駅付近の「王将」を見つけた。歩いて、結構距離があったぞ。春日大社から30分近くかかったよ。
 駅の西側のロータリーの付近、小路のところにお店はあった。チャーハンを注文して食べるが、レタスとサーモンが多量に入っている。肉は豚肉があるが少ししかない・・・・。
 食後、すぐ近くの近鉄奈良駅に。地下ホームに行く。
 12:26 近鉄奈良駅発の快速急行があった。乗車する。次は、大和文華館に向かう。


 ↓ なら町の散策案内看板。(撮影は2016年4月)


DSC06564

なら町の西寺林商店街の一角。
風情のある町家の建物があった。


なら町の商店街の歩行者天国の様子。
こちらにも風情のある町家の建物を利用した商店があった。



↓ 猿沢池の西の商店街の様子。。(撮影は2016年4月)
写真の手前方向に戻ると近鉄奈良駅がある。

DSC06567