良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

神奈川県の公立、公設美術館

 

「生誕140年記念 下村観山展」見学 横浜美術館

 IMG_0855














 
 最近はすっかり美術館・博物館めぐりのテーマとなったこのブログ。12月も中旬、クリスマスも近い土曜日の午後。再び横浜はみなとみらい地区 横浜美術館にやってきました。
 子どもは近くの「三菱みらい館」で飛行機操縦のシュミレーターを待つ。その間私は美術館で「下村観山展」を見学します。前回11月の「横山大観展」はまさかの「招待券譲り受け」による無料券観覧。今回は通常料金でチケットを購入しました。1200円と大観展や他の美術館・博物館で開催される展覧会よりも安価。通常は1300-1500円くらいでしょう。
 本展覧会は、大観展に続き、大観と交友関係にあった日本画の画家の展覧会の開催というコンセプトなのでしょう。先週12月7日土曜日からの開催。目玉は、重要文化財の指定されている「弱法師」(よろぼし、と読むようです。)。観山の作品の中では、現在のところ唯一重文指定を受けている作品=最も重要な作品、と理解しています。大阪の四天王寺を舞台とする謡曲の一場面を描いたそうです。
 会期は来年2月の上旬までの約二か月あるが、「弱法師」の展示期間は開催日から12月20日まで。来週の三連休では展示していないことになるので、この日の訪問となったわけです。日本画、ことに「絹本着色」(正確には「著色」というようだが。)の作品は劣化しやすいようで、展示期間も短いのでしょう。
 私の見たところ、「下村観山展」(以下は「観山展」と書きます。)の入場者の数は、11月の開催最終日に訪問した「大観展」と比べると半分以下といったところでしょうか。音声ガイドも無し。近代以後の日本画において、大観はあまりにビッグネームなのでしょう。私でもずっと以前から知っているくらいですから。
 観山展は、当人が幼少期の作品から展示。10歳そこそこなのにものすごい立派な絵。早熟です。当時、他の児童、生徒とくらべて群を抜いていたのでしょう。当然ながら東京美術学校入学と首席?卒業と卒業後すぐに助教授就任。これくらいの幼児期からの才能がないと、現代においても東京芸術大学には合格できないのでしよう・・・。あまりにエリートすぎて現在の自分(私のこと)との境遇の違いを嘆いてこの時点で半ば興ざめ・・・。(完全ひがみ、ヒネクレです。笑。)
 抜群の才能がないと、職業画家として生計を立てることなどできないのでしょう。今も昔も。作品は横浜美術館所蔵のものも多い。自前の作品が多いため、上記したとおり、入場料が少しお安いのかも。横浜に三溪園に在住していたそうで、つまるところ最大の支援者(つまり、パトロンであり、作品購入者)が原三溪。当時、日本最大級の富豪(つまり、大金持ち。)。作品の説明にある「横浜美術館蔵。原○○・○○氏寄贈」は三溪の子孫なのだと容易に推測できます。IMG_0857









見学して外に出た後、懸垂幕のある建物外観を撮影。
IMG_0856









 美術館と反対側のビル群の上に月がでていました。クイーンズタワー?とその下のクイーンズタウン? 一番右のピルは今年初め報道映像でしばしば登場しました。まことに痛ましい事件でした。
 写真左は先月に「博多だるま」を食べたショッピングビル、マークイズ?というようです。開業は今年、平成25年(2013年)だったようです?。場所と名称がイマイチ一致しませんが、今年の大型商業施設の開業ということで、県内重要ニュースであったようです。間違っていたらスミマセン・・・・。
 観山展でも「チケット提示で対象店舗で割引。」のパンフがおいてあり(大観展よりも対象店舗数は少ないが。)、店舗が入っている建物の名前と場所が掲載されているが、なかなか覚え辛い・・・。
「MMテラス」、「マークイズ」、「ミッドスクエア」、「クイーンイズタウン イースト」、「クイーズタウン ウエスト」、「ランドマークプラザ」・・・・あなたは分かりますか?(キッパリ)。 「ランドマーク・・・」はさすがにわかりますが。(ポケモンセンターのおかげです。)「クイーンズタウン」もわかるようになってきました。(ここ数年で・・・・。みなとみらい線の駅のあるおかげです。)
 人の数がすごい多いとは(独断ですが)想えないのですが、これだけたくさんの店があって、郊外のロードサイドには大型商業施設があっても、新規に開業するとは、それなりに売上と利益がとれているのでしょう。すごいです。
IMG_0858









 帰りに某チェーンステーキ・ハンバーグ店で食事。この店では時々食べていましたが、ここ一年以上は食べていなかったので、久しぶり。店も改装になっていました。詳しい人ならば、皿でわかるかも・・・・。ガッツリ、ステーキというほうど空腹でなく、最近またおなかがでてきたため、軽くハンバーグにしました。あっさり好みで大根おろしをトッピングです。


横浜みなとみらい 横浜美術館「横山大観展 -良き師、良き友」観覧

IMG_0839
みなとみらい地区にある横浜美術館です。
本日最終日の「横山大観展 -良き師、良き友」にやってきました。9月に近くのパシフィコ横浜で開催された「マンモス YUKA」に来た際に、会場にパンフレットが置いてあったので開催を知りました。
開催は10月からこの日までのわずか二か月足らず。
 「マンモス YUKA」も最終日に台風の中来ました。今日は秋晴れのよいお天気です。ヨコハマ 最終日観覧の連続状態です。


IMG_0840正面から見上げると美術館は写真に収まらないくらい大きいです。
半円形で四角い漢字の建物。
裏(つまり根岸線の線路側)から見ると、円筒形です。長方形の低層の建物の中心に円筒形の建屋、電車の車窓からも見えるのですが、まるで「原子炉」、原子力発電所のように見えます。特に、写真の左上にも写っている三菱重工ビルの奥(電車から見ると)にあるため、なおさら原子炉に見えてしまうのは私だけでしょうか・・・。



IMG_0838特に三菱の原子炉は若狭湾など関西管内などにあり、四角い原子炉建屋ではなく、円筒形をしているので、東日本の震災以降原子力発電所が映像でよく登場するため、ことさら注意を引くようになってしまいました・・・・・・・。浜岡、泊、柏崎刈羽などの原子炉建屋は箱型(日立や東芝)、 大飯や美浜などの建屋は三菱だったと思います。もっとも建屋はゼネコンが建築しているのでしょうけど。
写真左が円筒形の建物の内部。エントランスは天井の高いモダンなつくり。



IMG_0848
エントランスホールに置かれたパネル。
大観と友人の画家たちの肖像画。
 チケットを買おうと並びました。5,000円札で支払いをしようと財布から出して手に握っていたところ、うしろから来たご婦人が招待券を私に「これあげます。今日までなので持っていても仕方ないので。」と私に声をかけてきました。「本当にいいのですか?」と驚いた私。「いいですよ。」とご婦人は
招待券を入口提示して入場されていきました。
私は好意に甘えて、使用することにしました。


IMG_0832
パネルを上から見たところ。

IMG_0833
同じく、上の階から入口を見る。








IMG_0834一階から二階にかけての階段にあるオブジェ。ギリシアの神殿を模したような建築です。みなとみらいの広い土地と建物を利用して大きく空間をとっています。
 横浜美術館の開館は1989年だそう。まだ新しい建物なので15年くらいかと思いましたが、はや四半世紀近く。当時はだだっ広い空地だったはずです。ランドマークタワーは完成していましたが。
特に桜木町駅に近いほうは昔からビルがありましたが、 横浜駅側はここ10年くらいで急速に建ったような・・・。記憶違いでしょうか・・・。



IMG_0836
このオブジェはダリ作とありました。

 最終日ということもあり、作品の前には切れることの無い人の列。年配の人が一番多いですが、学生らしき人が今まで私が行った上野などの美術館と比べると多いような。大観ということもあり、画を学んでい学生が見に来ているのかと思ったのは勝手な想像ですね。 近代日本画といえば、大観。まずは「大観を見ずして日本画を学ぶこなかれ」といったことなのでしょう。(勝手な推測ですが・・・。)


IMG_0837
ひときわ目立。牛?のオブジェ。








IMG_0846
見学したあと、向いの商業ビルにあるフードコートに来ました。建物の前は人通りは多くは感じませんが、ここは超人が多い。お店も並んでいる。これだけの人がよこここに集まっているなという感じ。これだけの集客はすごいです。
 クイーンズスクエアにも巨大な商業施設があり、ランドマークプラザもあり、よく客が分散しないなと思います。市だけで人口400万人の威力です。
 写真は博多だるま です。


IMG_0841
フードコートの様子。「博多だるま」の店の前に関東初出店と張り紙がありました。
 今年の8月、博多駅ビルのラーメン街で「だるま」が行列していて、食べることができなかったのでリベンジです。
(もっとも、このとき食べた長浜もよかったですが。)
「だるま」はテレビでも取り上げられたので(私も二回くらいたまたま見た)、知名度が上がっているのでしょう。


IMG_0845明太子ごはんとラーメンのセット950円。ごはん大盛り50円で合計1000円。 替え玉は大観展のチケット半券提示でサービスです。しかも。偶然もらったチケットの半券です。
したがって、だるまのラーメンを食べたのは、2010年の博多駅ラーメン街以来3年ぶりとなりました。
写真左下に半券。右上がサービスの替え玉。半券で玉子でもよかった。
(替え玉か玉子の選択制)
炭水化物ばかりでカロリー高そうです。


IMG_0847
ランドマークの
ホムケモンセンターです。








(参考 2013年8月撮影 博多駅ビル内ラーメン街道)
IMG_0628
エスカレータを登った突き当りが「博多 だるま」のラーメン街道店。
写真では並んでいる人は写っていませんが、実際は並んでいて、新幹線の時間の関係もあったので、同じラーメン街道内の長浜ラーメンにしました。

このときの九州旅行の模様はサイト未掲載です。(2013年11月現在。)



IMG_0630
これが、長浜ラーメン。これで700円程度。替え玉150円?(忘れた。)

めんの硬さはふつうでよかとですよ。
高菜がよかです。高菜が絶品ばい。高菜がうまかばい。
(博多弁ふうに。間違っていたらすみません。)
プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ