良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

奈良国立博物館

 

奈良国立博物館なら仏像館 鑑賞 2020年7月

 奈良国立博物館なら仏像館 鑑賞 2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 7月22日 祝日、4連休初日。
 
 近鉄奈良駅から、蒸し暑い曇天の天候の中、歩道を歩いて、9:34頃、奈良国立博物館の前に到着した。
 常設展示ともいうべき、なら仏像館に入る。9:30の開館直後の入館であった。

 ↓ 奈良国立博物館 なら仏像館
 

DSC00784


 警備員に促され、入口で消毒用アルコールを手にかける。「検温」と言われる。額で検温をするという。おでこを突き出すのだが、汗をかいていて、歩いて来て体も暑さの中、ほてっているので、高く出るかなと思った。汗をふく暇を与えられることなく、額を突き出す・・・・。が、検温結果は平熱だった。
 チケット売り場とその係員も感染防止の防備している。東京国立の年間パスポート提示なので、チケットは購入せずに入館する。

 展示室内には、通路の先に60歳くらの男性が一人いて、本日、私は2番目の入館者のようだ。
 通路を順番に見ていく。通路には、いつものように(展示替えはあるのだろうが)重文(または文化財指定の無い) 不動明王、地蔵菩薩、阿弥陀如来、奈良吉野のお寺の蔵王権現などの仏像が展示されている。展示仏像の制作時代は、平安時代、鎌倉時代など。

 
 中央部の展示室にやってきた。入口を入って最初にある展示スペースのところ。
 館の奥から仏像館の受付カウンター、入口を見て左側に国宝 薬師如来立像の展示がある。
 平安時代(9世紀) 奈良 元興寺 所蔵。
 同じく、奈良 元興寺所蔵の 重要文化財 十一面観音菩薩立像の展示が、国宝の近くにあった。背の高い立像であった。

 サイトによると、令和元年12月24日~ここに展示されている。
 訪問した本日も展示されている。

 アカマツかわからないが、仏像は赤い木で彫刻されてるのか、やや赤い。着色が残っているのかはわからない。仏がさげた右手の平の上に薬箱をのっけている。左手は手のひらをこちらに向けて、あげている。だから薬師如来なのですね。
 以前は、白っぽい木造の 室生寺所蔵の 国宝 薬師如来像?の展示であった。

  重要文化財 文殊菩薩騎獅像
 
 あと、動物の上に仏が乗った重文指定の仏像の公開がある。パンフがおいてあり写真入りの解説がある。「特別公開」と書いてある。京都 大智寺 所蔵の 重要文化財 文殊菩薩騎獅像。X線CTスキャン調査で像内納入品が確認されたと解説がある。獅子、今でいうライオンに乗った菩薩であった。確かに菩薩が乗っているのは、獅子舞の獅子である。えー、象に乗っているのが普賢菩薩だったかな。
 大智寺は木津川沿いにある京都府内のお寺である。昔は、山城の国で京都というより、奈良に近い地域のお寺であった。昨年の正月に拝観した蟹満寺へ奈良から向かう途中に所在するお寺であった。

 鑑賞している間、入館者は2-3人くらいしかやってこなかった。先に入館した人は、さっさと見て出ていってしまったようだ。
 館の中央部の展示スペースには「ソーシャルディスタンス 距離 を保って会話しない」と札を持った女性係員が2名、スペース両脇の柱の脇に立っている。立つ場所を少し動かしたり、立ち位置を交代しながら立っている。しかし、ヒマそうだ・・・・。黒いパンツスーツを着用してじっとしている。展示スペースには、入館者は私一人しかいないので、私の動きにあわせて、札をみせながら立ち位置を替えて移動したり、スペースの反対側の柱に脇に立ちなおしたりもした。 じっとしているときもある。本当の人なのか分からないくらい、静かに立っていたり、スーっと移動したり・・・・。
 まるで、ボクがいうことを聞かない、つまり「ソーシャルディスタンス 距離 を保たない」勝手な見学者ととらえられているかのようだ・・・・。 札は、複数個所に目立つように、立てておいて一人で巡回すればよいのに・・・・。

 以前、館の中央部の展示スペースの隣の部屋には、天野山 金剛寺所蔵 国宝に近年指定された 木造大日如来坐像(中央に)、木造不動明王坐像(右)、木造降三世明王坐像(左)、の展示があった。
 真ん中の大日如来坐像は、金色に塗色されていて、大きい仏像だったし、両脇の仏像は黒っぽい彩色で目をカッと開いて、剣を持っているし怖かったので、迫力があった。これら国宝3体の仏像は金剛寺に戻ったそうで、現在は展示仏はあるが、なんとなくガランとしていいる感じ。

 一通り見て、退出した。
 今回、特別展が開催される本館には入館しなかった。

 「ぐるっとバス」は運休であるが、路線バスは運行している。
 ↓ 鹿が、歩道に出ていた。エサを求めて、公園の外にも多く群れている様子が見られた。

DSC00785

道路を渡って、東大寺の方向に歩く。



特別展「快慶」 鑑賞1 奈良国立博物館

2017.4.16 

 西大寺を拝観した後、近鉄で再び移動する。5分くらいで近鉄奈良駅に到着。最近は、車で来ることが多かったので、この地下駅に来るは、随分と久しぶりだ(笑)。

 特別展「快慶」を見るため、奈良国立博物館に急ぐ。日曜日なので閉館は午後5時。
 既に午後3時半過ぎ。博物館に急ぐ。靴ズレをおこして足が痛いのだ・・・・・。近鉄奈良駅から奈良国立博物館までは、やっぱり時間がかかる。私の早足(足が痛くて引きずっているため速度は遅いが)でも15分くらいかかる。ゆっくりならば20分近くかかるのではないか。

 ↓ 奈良公園内の 特別展「快慶」告知。
 
DSC09959

 奈良公園は外国人が多かった。ドイツ語やフランス語などを話す外国人や意外にも韓国人が多い。キリスト教の欧米人は現在イースター休暇なのだと思う。
 「運慶快慶」とセットで称されることが多い。しかし「運慶」の「東大寺 南大門 あ形・うん形像」などの運慶の仏像は思い浮かぶが「快慶」の作品はなかなか思い出せない・・・・。まして、その人となりや生涯についてはよく分からないし「生没年不詳」となってしまうのではないだろうか。

 「快慶」は運慶と兄弟なのか?。と簡単なことすら、私は覚えていないのだ・・・・。
 同門の人か親戚だったか、えーっと、運慶には子がいたので、偉大な仏師、運慶の子で「小運慶」というべき存在だったかな?、などとあれこれ考えながら入館する(笑)。
 東博の年間パスのためスタンプを押してもらうのみで入場する。この年間パスは制度が廃止になってしまったので、今後は東博で購入した値段の近い同じようなパスは奈良博では使うことはできないようだ。

 二階に階段を昇る。
 最初の展示は「第1章 後白河院との出会い」とある。
 最初の展示は ボストン美術館の「弥勒菩薩立像」であった。
 海外流出した美術品のひとつである。像内には奉納品があるそうだ。

 国宝「法華経」(運慶 願経)がある。運慶が発願した経典。その中に快慶の文字があるそう。
 隣には、妙法院所蔵の「後白河法皇像」。大きい描け軸になっている画像。通常写真で見る「長講堂」所蔵の
「後白河法皇像」とは別の文化財である。こちらも重文に指定されている。

この日の博物館遠景。↓


DSC09960
















「平安古経展」 見学 奈良国立博物館

 奈良国立博物館 
特別展 「平安古経展」を見学します。

 昨年の秋、正倉院展の宝物が展示され、ごった返していた展示室がこの日はすいています。ガラスケースの中の展示品をゆっくり観ることができます。「見」ではなく「観」です。
 展示室内はガラ空き、貸切状態というわけではありません。ひとつのガラスケースに一人、長いガラスケースだと展示品一点か二点おきに一人は見学者がいます。本当に興味がある人でないと来ない特別展と思います。
 若い人も多いです。正倉院展の見学者の平均年齢はざっと見ですが、意外と高い。
 ここ「平安古経展」では、私よりも若い感じの女性や母娘連れ、学生らしき人もいます。50歳-60歳くらいに夫婦もいます。私くらいの年齢の男性もいます。たいていそういう人はお一人様です。私もそうですが(笑)。

 いや、しかし正倉院展は同じ博物館での開催であるのになぜあのように大行列なのでしょうか。年代が古いという点もありますが、宮内庁、皇室秘蔵伝来の宝物という点が人々の興味を引くのでしょうか。
 
 ↓ 入口の看板です。

DSC02206



























 国宝も数多く展示され、時代の古さでは正倉院の宝物には及びませんが、当時の思想や信仰を知る上で貴重な資料です。
 漢字も私達にわかる書体なのである程度の意味をつかむことはできます。しかしお経なので長い、とても全部読んでいられません。全部読んでいたら、一日ではとても見学時間が足りません。
 昨年の国宝展でも展示されていたと思われる中尊寺大長寿院蔵の 宝塔曼荼羅がありました。別の宝塔の作品展示かもしれません。金泥のお経の文字で宝塔、五重か七重塔を描いてある精密な仏画です。文字によるミニアチュールというか、細密画というか、ものすく゜細かい仕事をしています。
 都から遠く離れたみちのくの地で熱き信仰からこの作品が生まれたのでしょう。国宝展でも最も印象に残った作品のひとつでした。
 展示リストによると今回の展示は「第六塔」とあります。昨年の国宝展のリストを後日見たところ「第一禎」と「第四禎」が出展されていたので、今回の展示品と違う場面のようです。 

 平面のガラスケースに国宝「一字蓮台法華経」の展示がありました。福島の龍興寺というお寺の所蔵です。
漢字とサンスクリットのような文字が書いてあります。奈良時代を思わせる文字で埋め尽くされた、優美な大和絵を排した不思議なお経です。
 琵琶湖に浮かぶ島、竹生島の宝厳寺蔵、「竹生島経」もありました。
 国宝の「中尊寺経」がいくつか展示されていました。高野山の金剛峰寺蔵となっています。なぜ、
中尊寺のお経が高野山にあるのか。もともとは中尊寺で製作された経典ですが、奥州藤原氏滅亡後、高野山に伝来し、今に伝わっているようです。散逸を防ぐため一括して高野山で藤原氏を弔う意味を込めて預けたのでしょうか。後の時代、戦国武将がすすんで高野山に寄進したのも、自家の繁栄を祈願することはもちろんですが、万が一お家が滅亡した後も高野山ならば未来永劫、一族、郎党の菩提を弔ってもらえると考えたのではないでしょうか。

昨年京都博物館で見たと思われる経箱の展示もありました。藤原道長の金峯山に埋めたとされる金属製の筒です。よくよく考えると奈良の吉野の山に奉納して埋めたので、奈良国立博物館で展示されるのが一番よいと思いました(笑)。
 
 最後の展示は 久能寺経です。分割して所蔵されていますが、今回修復が終わり展示されたのです。美しく金箔銀箔などを押した絵巻です。平家納経よりも美しいのではないかと思われる優美な当時の貴族の生活などを描いたと思われる絵巻物でした。

 西新館の半分は、奈良仏像館の展示品が移動して展示されていました。常設展示的な場所でした。工事中の
建物の展示品が移されて展示されているのでしょう。

 昨年の国宝展の展示とかぶっているが
 法華経 浅草寺蔵
 法華経 久能寺蔵などでした。いずれも場面は違う所が展示されていたと思います。国宝の久能寺経は昨年の国宝展と違う場面が展示されていたのでしょうか。国宝に指定されているのは一部で、他で所蔵されている久能寺経は重要文化財指定などすべてが国宝指定ではありません。
 浅草寺も金箔をまぶしたような美しくい経典です。江戸の街ができるはるか昔から浅草寺に伝わっていたのでしょうか。

 







「平安古経展」 見学 奈良国立博物館へ

 5月9日(土)

 (前回までのあらすじ)
 式年造替記念 春日大社 御本殿特別公開(「特別参拝」とも。)訪れた後、ゆるやかな参道を下り、奈良公園の方向へ「鹿を追いかけて、鹿せんべいを片手に」やってきました(笑)。
 そのて奈良国立博物館の建物の前までやってきました。  
 
 ↓ お寺のような、学校のような建物。
   瓦屋根に丸い窓と星の形のような窓?が印象的です。

DSC02203




















 国立博物館の旧館と思いましたが、違うようです。旧館は現在工事中の「なら仏像館」のようです。
博物館のウエブサイトによると元々は奈良県商品陳列所として建築され、国立博物館とは別の建物であり、現在は重要文化財に指定され国立博物館管轄の仏教美術資料研究センターというそうです。
 設計者は建築史学者の関野貞氏とあります。

 ↓ 右は新館。正倉院展や特別展などが行われる建物です。
   
DSC02204

鹿が若芽を食べています。


















 奈良国立博物館の特別展正面入り口。「平安古経展」です。
 
DSC02207




















 14時30分に入場し、二階の展示室へ。
 混雑していません。一階の入館ロビーには私以外は誰もいませんでした。しかし、二階の展示室に入るとそれなりに見学者がいます。ただし、正倉院展よりははるかに少ない。ゆっくり見ることができます。
 昨年見た「当麻寺展」より入場者もずっと少ないです。 
(ウェブサイトでの表示という点を考え「当麻寺」と現代漢字で表記します。)

 展示室に入って最初の国宝は、ここ奈良国立博物館からも近い新薬師寺所蔵の法華経。特別展のタイトルの通り「平安時代の経典」の展示なのですが、この法華経は几帳面な文字がびっしり並んでいて、まさに奈良時代を思わせる経典です。のちの平安時代のきらびやかな装飾は一切ありません。時代の説明も「奈良~平安時代 8~9世紀」とあります。時代的には最澄、空海が生きた時代と重なります。
 平安時代初期の代表的な経典としてまるで「トップバッター」のように展示されてます。




 

平成26年 第66回 正倉院展 見学「鳥毛立女屏風」など

  2014.11.9日曜日

 9時30分に入場し、二階の展示室へ。混雑していますが、例年よりも人出は少ないような・・・・。正倉院展については、私よりも子供達のリクエストで来ているので私は混雑している展示は避けて軽く流していきます。(笑)。
 前半部の目玉は「桑木弦緘」(漢字が違うけど)(くわのきげんかん)。言葉だけではわからなかったのですが、実物を見ると琵琶のような楽器でした。弾いたときの音声が「ビィーン ビィーン」と表現してよいのか微妙ですが、流れています。このガラスケースの前が大混雑。楽器の真ん中には、唐の官人のような人物画があるのです。説明パネルでは(絵を)確認できますが、実物は小さすぎて確認できません。見学者は皆この絵をみようと目を凝らしたり、単眼鏡を見入っているのですが、私には見えず。混雑もあるので、遂に断念して先に進みました。(笑) この位置には、「螺鈿紫檀五弦琵琶」など琵琶の展示が恒例?でした。今年はこれに代わっての登場ですね。(笑)。
 第2室に進んで今回の目玉「鳥毛立女屏風」。合計で6幅あるようです。ここでは4幅の展示。東京の「日本国宝展」で2幅見ましたので、これで「6幅すべて」見学しました。パーフェクト達成です。(笑)
 かなり色があせていますが、本来はカラフルに彩られていたようです。作品名にあるように、現在は剥落しているが、鳥の毛が貼り付けされていたそうです。また、単に飾って観賞した絵画ではなく、実際に使用した屏風に附属した絵だったようです。
 何の変哲もない、やや透明なガラス容器に目が留まりました。なぜかその出来栄えが気になりました。あとで解説を見たら、科学分析したところ国産ではなく、外国で制作されて持ち込まれたものが明らかになっているそうです。私の目に狂いはありませんでした。(笑)
 その他の展示としては、恵美押勝(えみのおしかつ)の自筆書が。「ふじわらのなかまろ」から改名したと「学研の歴史マンガ」にあるように(笑)、一般には知られていますが、自筆の署名には「藤原仲麻呂・・・押勝」とあります。突然改名したのではなく、以前から「押勝」の名は使用していたのだと理解しました。
 
 展示の最後には、これまた恒例ですが戸籍などの文書の展示がありました。
 11時くらいまで見学しました。意外と今回は、中国語の入場者が多かったです。台湾か香港か中国本土からか分かりませんが、円安の影響でしようか。
 ↓売店付近の館内から見た様子。外は入館待ちの行列ですが、少しずつ進んでいます。
IMG_2110


























 毎年恒例の奈良女子大学の学生によるお茶のサービスもありました。館内敷地の庭園と池を見ながら一服できます。
IMG_2109




 









 会場から出た地下階では、過去の正倉院展のポスター展示がありました。
 ↓ 第二回のポスター。第一回のポスターは作成されなかったようなので、ポスターの中では一番古いものです。戦後間もない時期のもので貴重ですね。折りたたんで保管されてきたようで、折り目がついています。続く古い年代のポスターにも同じく折り目がついています。公開を意図されることなく数十年間、倉庫か書庫で保管されてきたのでしょう。
IMG_2111


























(追記)
 帰ってから翌日の新聞で知ったのですが、この日、高円宮妃久子殿下が正倉院展を見学されたそうです。朝の開館時ではなかったので(黒塗りの車も走っていた様子はなく、それらしき警備の人もいなかった。)、夜7時の閉館以降だったのでしょうか。

平成26年 2014 第66回正倉院展 入場の混雑状況 「鳥毛立女屏風」など 

 今年もやってきました。正倉院展 in奈良国立博物館 です。
 朝8時半過ぎに奈良県庁の駐車場に到着。料金はあと払いに変わっていました。今までは、入場のときに駐車料金1000円を支払っていました。
 今年の正倉院展も雨です。傘をさして、博物館へ急ぎます。車を止め、地下道をぐる
など、博物館までは徒歩でしばらくかかるので、博物館の前に着いたのは、8時50分前のこと。招待券は2枚あるのですが、子供用に小学生用のチケットを購入します。チケットを購入した後に例の「テント内の行列」に並びます。開館前としては、今までないくらい後方に並びました。写真は、列の後方の様子です。写真右方向が入口になります。
IMG_2104



 




→正倉院展の入口方向。





 チケット売り場自体は行列していません。
IMG_2105














 今年の会期は、「天皇陛下傘寿記念」ということで、通常よりも数日長くなっています。
IMG_2106本来だったら、この日は会期が終わっている時期ですね。

























 この日は、団体客がいませんでした。団体客は入口が別なのでほぼ待ち時間なく入場できます。そのぶん、個人客は入場が遅れます。行列は後方に並びましたが、意外と進んで入館したのは9時30分でした。並んだ当初は「う~ん、入館は10時くらいかな」と思っていましたが。列の途中で傘を入れるビニール袋がありました。ビニール袋に入れ、傘を持ったまま入館します。
 
プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ