良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

京都(洛北)

 

北山 京都府総合資料館~北大路~大徳寺 移動

(2015年10月11日) 平成27年秋 大徳寺曝涼展 見学1

 大徳寺に向かうよりも先に、京都府総合資料館を見学した。

 同資料館の敷地を出て、北山の駅へ歩く。と、雨がぽつりと降ってきた。これは 大徳寺の曝涼展は、どうかなぁ、と心配になる・・・・。
 空は曇っているが、西の空はうっすらと明るい。が、青空は見えない。天候は回復するとよんでいたが、うーん違うな~。
 ともかく、「来た以上、行かなきゃ仕方ない」ということで、北大路駅へ地下鉄で一駅だけ移動する。

 北大路は南の出口がバスターミナルに近いので、北山駅も 端の入口から乗ることにする。道に沿って、北山駅の地上出入り口まで歩く。地上の道路は並木道で、「どこかで見たことがあるなぁ~」と思う。そうだ、京都の駅伝で見たことのあるような沿道の風景・・・・。
 総合資料館の裏手には、陶器博物館がある。歩道に面して、入場券売り場がある。また、敷地内には、府立植物園もある。府立大といい、府立施設がここに集中していることが分かった。京都府の土地なので、府立大もあれば、府立総合資料館、府立植物園がある訳で。

 ↓ 総合資料館の北側の道路。格子状の街並みであることが分かる。北、写真の道の先には、上賀茂神社などがある方向なのだが、判別できない。どこまでも閑静な住宅、ビル街が続いている感じ。

IMG_2871


 地下鉄駅の付近の地図を見ると、ここから洛北高校も近い。地下鉄は、北山駅から北大路駅へは、大きくカーブして線路が通っている。すると、カーブの曲線をまっすぐに直線で進めば、歩いても北大路駅に行くことは可能だ。よって、ここ北山駅から直線距離では、遠くはないのだとわかる。
 先に見た、地下鉄を降りて歩いてどこかに向かっていた学生(らしき若い人)は、府立大の学生なのだろうか。
歩道を自転車で通る子も学生のようだ。学生の街ですね。


 11:35に北大路駅に着く。改札を出ると、早速食事場所を探すことにする。北大路周辺で簡単に食べる所を私は知らないのだ・・・・・。ターミナル上のビルのテナントにはファミレスがあるが・・・・。 

 ↓ 交差点の反対から見た「北大路ターミナルのビル」
  実はこの写真でいうと、左の方向に「大谷大学博物館」のロゴのある新しい建物が目に入った。
  以前は無かった筈だが・・・。新しく建てたようだ。ここに博物館があるとは知らなかった。

IMG_2872


 と「マクド」の看板を見つける。 地下鉄の通路を登って地上に出て、すぐとある。 長い地下通路を通り、交差点の反対に出た。と、マクドのにおいがする・・・。と、隣に王将の店があった。そこで「マクド」はやめて王将に入る。
 ↓ 地下通路。

IMG_2874

 正午前なので、まだ店内はすいている。私は単独なので、カウンター席に座る。何にしようかとメニューを見る。ここの店の独自メニューがあるのではないかな、店内の壁の張り紙などを見る。と、メニューに「北大路セット」があったので注文する。
 北大路定食890円は税別、消費税込みで961円だった。料理は、比較的早くでてきた。モチロン、食事の写真は撮影していない。内容としては、天津飯(たまごあんかけ)、エビチリ、スープ、千切り生キャベツと鳥から揚げ二個がある。デザートとしてみつまめも量はさほど多くないがついている。
 結構食べた。が、この日夕方六時頃には再び空腹となったのだが・・・・・・。
 


IMG_2873

 店内も正午を過ぎて、だんだん混雑してきた。バイトもシフト時間か正午前にやってくる。あんかけのたれ、エゾチリのタレまで食べるというか、残さずきれいに吸った(笑)。
 店を出る。商店街のアーケードの外へ手を出して、雨を確認。雨は降っていない。どうやら、お天気はもちそうだ。空を見ると、雲も薄くなっている。薄日だ。きっと、曝涼展は開催されているな、と思い、バスターミナルへ行く。

IMG_2875

 地下に入り。また、バスのホームへ上がる。北大路バスターミナルは、その構造がわかりにくい。

IMG_2876


 大徳寺方面へりバスは、すくせに来た。12:09に大徳寺前のバス停で下りる。昨年の10月に来てから、ほぼ一年ぶりだ。
 道路を渡り、山門まで歩く。駐車場は入庫待ちの車が並んでいる。京都ではなく、多摩ナンバーの車もあった。
泉仙は行列はしていないが、中に人がいる。
 大徳寺納豆の店の前では、前買った店のおばあさんが店頭に建って、この日も盛んに商品の説明をしている。


DSC05337

 門前のお店の様子。駐車場前には入庫待ちの車が。

DSC05338

 大徳寺の正門から入る。(実際には、正門と呼ぶのかは知らないが・・・・・。)本日の大徳寺は、人が多い。曝涼展は開催している。門にも「大徳寺 什宝(国宝 重文)」「曝涼 むしぼし」と看板が出ていた。「什宝(ジュウホウ)」という呼称は知らなかった。
 門を入り、境内の石畳の道を歩く。観光ツアーのシールを張った人たちが歩いていたりする。一年に一度の行事(公開)を見るため賑わっている。「クラブツーリズム」のシールを貼った人も。このツアーは半月前に行った、「知床」でも見た。ここ、京都でも遭遇です。全国各地でツアーを実施していますね(笑)。


DSC05339














世界記憶遺産指定 「東寺百合文書展」 京都府総合資料館 指定直後の見学

 10月の「三連休」を利用して京都に行きました。
 実は、訪問前日にニュースで「東寺百合文書」のユネスコ 世界記憶遺産指定を知りました。「東寺の文書はどこにあるの?」と率直な疑問を持ちました。
 東寺はモチロン京都の「東寺」のこと。今回の京都行に合わせるかのように、直前のタイミングでの指定です。もし京都にあるならば、見学できないかなと考えました。常時公開しているかも分かりませんでしたので・・・。
 「東寺の文書はどこか?。一般公開は行っているのか?。」との疑問を解消すべく、ネットで検索します。答えは「京都府総合資料館所蔵」でした。では「京都府総合資料館はどこにあるのか?。現在、一般公開は行っているのか?。」。ウェブサイトで更に検索(確認)したところ、地下鉄北山駅の地上出口から徒歩1分のところに京都府総合資料館があることを知りました。
 なんと、現在進行形で東寺百合文書の企画展が開催されているではありませんか。グッドタイミングです。ユネスコに登録の申請したのは随分前と思いますが、指定の決定が予想される時期にあわせてあらかじめ企画展を開催したのでしょう。急遽訪問先に決め、早速予定に組込みをしたのでした(笑)。
 総合資料館について、関西や地元の人にとっては知っている施設だと思うのですが、よそ者の私にとっては知りませんでした・・・・。 

 ↓ 京都府総合資料館の外観。本当に京都市営地下鉄北山駅の地上出口からすぐ!、です。
   地下鉄の駅から来たときに、この門は気づきませんでした。こことは別の建物正面の門から入りました。
 IMG_2870





















 ↓ 展示室の入り口の様子。
   「祝 東寺百合文書 世界記憶遺産 登録決定」と告知しています!。

IMG_2858




































 資料館の建物に入ります。一階ロビーはシンとしていて静かです。最初は「あれっ、ここでは無いのかな?」と思ってしまいました。登録が報道された翌日なので、もっとたくさんの人が訪れているかと思いましたが、存外すいています。多くの人がひっきりなしに見学に訪れていると予想していたのですが・・・・・・。
 もっと見学に行きましょう!!。
 展示室は館内の二階にありました。入場は無料です。大きくはない展示室でした。受付に係の人が一人いるのみで自由に見学でき、パンフや説明の文書が置いてあり自由に入手できます。図録も販売しています。
 
 「東寺百合文書」はどこかで見た記憶があります。思い出してみると、昨年(2015年)の秋に見た「日本国宝展」においてです。国宝展の展示リストを確認すると、たしかに記載がありました。国宝に指定されている貴重な文書が、ここ総合資料館で無料で気軽に見れるとはオドロキです。文書の種類は膨大なので、展示されている場面は昨年見たものとは違うと思います。
 展示の最初は文書を納めていた「桐の箱」の展示がありました。当時の加賀藩主が寄進したものです。この箱も昨年の国宝展で見た記憶があります。
 詳細は後日のたび日記(つまり記事)に書いていきます。

 京都府総合資料館は、国立公文書館(国の施設)の「府立版」といった位置づけでしょうか。このたび訪問、見学をして知ったのですが、ここ京都府総合資料館では「東寺百合文書展」については企画展を随時開催して一般公開されてきたのです。

 各都道府県にも文書館を置いていると思いますが、京都は特に歴史資料が多いので「総合資料館」として文書、資料類の保存と公開などを行っているのではないかと思いました。



プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ