良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

京都(洛南、山科、南部地域)

 

宇治平等院鳳凰堂(外観)とミュージアム鳳翔館 見学

 (2014年11月9日)
  池の周りを歩きます。修学旅行生がわいわい話をしています。にぎやかです。そんな彼ら彼女らの一行とともにミュージアム鳳翔館に入ります。
↓このアングル付近がミュージアム鳳翔館の入口です。
DSC00765



















 内部の通路は狭いので、修学旅行生と混ざってしまい進みにくいです。
 入って鐘の展示があり、次に鳳凰の本物。金箔ではありません。青銅がむき出しになっています。
 次の部屋へは「国宝 雲中供養菩薩像」と書いてあります。例の修学旅行の(クラスの中心にいるような活発そうな)女子高生2人組も「次は国宝 雲中供養菩薩像だって。見てみた~い~。」とキャピキャピ話をしています。(笑)
 何のことかなと思いましたが例の「飛天」でした。(笑)。正式名称を知りませんでした。
 よく見ると「木像」で、木の年輪が見えます。手に持っているものも蓮の花?、笙、アコーデンオンのような当時の楽器など、それぞれ違うことが分かりました。
 内部拝観に行くことができない人を気遣ってか、係の人は「平等院の国宝は、鳳翔館にほとんど展示してあります!!。」と繰り返し叫んでいます。本尊と飛天の半分以外は・・・そうですね。
 では、52?体ある飛天のうち、26体はミュージアム鳳翔館にあるようです。残りが内部にそのまま安置されていることになります。では、先に見た「日本国宝展」の出展『2体』はどちらから出しているのでしょうか!?。こりゃ大問題ですよ!!。(どちらでもよいですが。笑。) 
 雲中供養菩薩像は、昨年の暮れから今年初めにかけて都内の民間美術館でも特別展示がありました。結局行きませんでしたが、ここで見れたのでよかったです。
 鳳凰堂の扉の絵の展示もありました。たしかに「ほとんどの国宝」が展示されていますね。(笑)

 ↓鳳翔館の展示室の外にあるテレビ。壁がなく半分吹きっさらしなので、雨風にさらされ寒いです。
DSC00766



















 
ミュージアム鳳翔館は小高い丘に半地下のような感じであります。
階段を下り、裏手の方へ。修学旅行生の一団も歩いていますね。
DSC00767




















 鳳凰堂の裏側。というより、先に通ってきたミュージアムの入口方向。
DSC00769



















 鳳凰堂の裏側から。


DSC00770



















 鳳凰堂の裏側。
DSC00772



















 ご朱印をもらい、元の来たほうに歩くと「源頼政」の墓の表示がありました。ここは、別院のようでご朱印をもらうこともできます。
DSC00773



















 池とお堂の回りを一周し、出口に向かいました。









宇治平等院鳳凰堂 見学(外観)と鳳翔館

 (2014年11月9日)
 せっかく来たのに非情な告知が・・・。せっかく修復後の見学をしようとやって来たのに「二時間待ち」の告知。事前のリサーチ不足でした。つまり、鳳凰堂の外観しか見ることができないわけです・・・・・。
DSC00774



















  「池のほとり」を周回。
DSC00748



















 正面に来ました。10円玉と見比べします。(笑)
DSC00749



















↓かすかに内部のライトに照らされているのか、本尊の阿弥陀如来像の顔のがわかります。
 しばらくすると堂内のライトが消されたのか、お顔が見えなくなってしまいました。
DSC00756



















↓ 鳳凰のレプリカ
DSC00760



















↓ 鳳凰のレプリカ。1万円札と見比べします。(笑)
DSC00761



















↓ 鳳凰堂の前。すいてるように見えますが、すごい混雑しています。修学旅行生が多いです。
  言葉のイントネーションからして東京周辺の学校のようです。
DSC00757



















 更に池の周りを歩きます。修学旅行生がわいわい話をしています。にぎやかです。
DSC00762



















DSC00763



















 鳳凰堂と正面の撮影スポット。すいているように写っていますが、実は混んでいます。(笑)
DSC00764

平等院 鳳凰堂 内部拝観 待ち時間

 (2014年11月9日) 平等院 鳳凰堂

 せっかく来たのに非情な告知が・・・。せっかく平等院 鳳凰堂の修復後の様子を見学をしようとやって来たのに内部拝観は「二時間待ち」の告知。事前のリサーチ不足でした。
 つまり、鳳凰堂の外観しか見ることができないわけです・・・・・。

DSC00774



















 DSC00778久しぶりの平等院。世界遺産の表示。




















 内部拝観の受付けは、境内の中の「池のほとり」になります。別料金を支払い券を買います。ただし、「内部拝観の受付」周辺にはあまり人がいません。行列もしていません。というか、案内の人も立ってアナウンスはしていません。そのため、「2時間待ちは本当なのか?」と錯覚を起こしてしまいます。
 しかし、人が少ないから、いきなり行って「オレを入れろ!!。」は通用しません。(笑)
 先にとにかく「内部拝観ののチケット」を購入し、あとの二時間弱は外周を見て、宝物館を見て時間を経過させる、そして並ぶ・・・のがポイントですね。

 ↓ 写真手前に受付があり、まとまって入場します。「50人ずつ、1時間に三回」のようです。
BlogPaint



















 修復は、今年の9月に終わったようです。また完成して1ヶ月くらいか経っていません。拝観の再開自体は「今年の4月から」となっていました。拝観再開からは、半年以上経っていますが、工事完成からは、まだ1か月程度。修復が完成して、日も浅いから混んでいるのですね。

 ↓ 回廊を伝って、鳳凰堂の内部に入る人達。靴を脱いで入ります。
     (池の裏手から撮影)
DSC00771



















 9年前に来たときには、たしか靴を脱いで中に入ったことをかすかに思い出しました。鳳凰堂の内部や回廊の天井などの細部の様子もよく見えました。たしかにその時は、「彩色が随分剥落しているな・・・・。」と感じました。本尊もじっくり観察できました。今回は、彩色も鮮やかになっていることでしょう。

 「前回見たからいいや~。」と自分で理由付けをして(強がって)今回は、内部拝観を断念しました。(この後行く予定の)京都市内のほうが優先なので、今から二時間は待てないです。(笑)
 上の子は、前回ここに来たことはあまり覚えていないそうです。小さかったから仕方ないか~。下の子はもちろん初めてです。子供は内部を拝観したかったようですが、「今度は自分で来て。」と私は突き放すように言いました。(笑)

 ↓鳳凰堂の内部拝観の様子。かすかに内部のライトに照らされているのか、本尊の阿弥陀如来像の顔のがわかります。
DSC00755



















 内部拝観の「一回あたりの人数」は、ご朱印所の近くでは「30人くらいで、1時間に4回、15分置き。だから、いつも200人くらい待ちなので二時間くらいかかる。」と解説していた人がいました。ただし、寺の告知では「50人ずつで20分に一回」のようです。
 ↓ さらにアップして撮影すると本尊のお顔が見えました。奇跡です。
DSC00754



























(家に戻ってから平等院のウェブサイトを見てみると、内部拝観の待ち時間についてあまり詳しい記載はありませんでした。現地に行ってから確認のよう??です。)

宇治へ 駅~参道~平等院 門前 

 2014.11.9 弱い雨が降っています。

 奈良から車で宇治に向かいます。木津付近から少し戻って、京奈道へ。便利な自動車道ができています。終点まで乗り一般道へ。一般道は混んでいます。宇治近くで流れましたが、道幅が狭いです。起伏のある丘を登って下ると宇治駅前への交差点です。宇治駅前のコインパーキングに駐車しました。
 高速道を通ったのですが、奈良県庁から宇治まで50分程度かかりました。昔のように一般道しかなかった場合は・・・と考えると結構かかります。1時間では着かないですね。
DSC00781



























 JR宇治駅から平等院までは意外と歩きます。大人の足でも10分以上。地図で見るともっと近道できそうな気がするのですが、人の流れに沿っていくと、結局は遠回りのようなルートで平等院の入口に辿り着きます。
 DSC00745


  

















 神社の鳥居。
DSC00746



















 鳥居の反対方向。川の近くに「サイゼリヤ」があります。前回ここに来たときは、このサイゼリヤで昼食を食べました。懐かしいです。(笑)
DSC00780



















 DSC00779宇治川沿い、門に近い参道の様子。




















 DSC00777やっと門に到着です。




















 非情な告知が。事前のリサーチ不足でした。
DSC00774
プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ