良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

奈良(斑鳩、西部など)

 

開館60周年記念「コレクションの歩み展」鑑賞1 大和文華館

  開館60周年記念「コレクションの歩み展」 鑑賞1 大和文華館  2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

  近鉄奈良駅から電車に乗って移動した。学園前駅で下車した。前回来たときに覚えたので、ホームから階段をおりて南口の改札を出る。駅前のロータリー広場は、ガランとしている。その先には帝塚山学園の校舎がある。この朝、奈良に行ったときは、ここで制服姿の生徒がおりていった。部活に行くのであったのだろうか。休日の昼のこの時間帯は、生徒が誰もいない。本来は、夏休みの時期であるが、コロナの休校の影響で一学期の授業はおそらく続いているだろう。

 駅前から坂道を下り、不動産屋の角を曲がると、目線の先に大和文華館の看板が見える。駅から門までは私の足で徒歩5分とかからないくらい。大和文華館に到着した。

 私に先行してあるいている中年のおっさん(俺もそうなのだが)がいた。そのおっさん、実は駅前広場前の赤信号を無視をして、道路を渡りずんずん坂道をおりて歩いて行ったのだ。学園前駅を利用したことのある人は知っていると思うが、駅前広場と道路を挟んで、反対側に交番があるのだが、おまわりさんがいないことをいいことに渡っていったのだ・・・。「この人も(俺と同じく)大和文華館に行くのかな」と思った。直感で
 おっさんは案の定、大和文華館の門まで来ると、展覧会の看板を撮影して、門を入って行った。チケットを買い、坂を登って館に歩いて行った・・・・。

 俺は、門の脇にある展覧会の看板は撮影しないでチケット売り場の建物に歩みを進めた。
 広い駐車場には、数台の車が停まっている。前回は「1台しか停まっていない」と記事に書いたが。
 チケットを購入して丘の坂道を歩いて登る。曇天で蒸し暑い。汗が出るよ
 
 美術館の建物まで坂道を登る ↓ 坂道の途中に咲く白い花。
 ヒルガオのようなと思ったが、説明には「ムクゲ」とあった。 


DSC00818
 
 大和文華館の花咲く庭園を「文華苑」という。案内図によると撮影したポイント付近には、「スイフヨウ」の花が咲いていて、7月-8月はシーズンて゜白い花が咲くようだが、わからなかった。見る限り、撮影した花はスイフヨウではないような。ほかに花は咲いていなかったと思うが、わからなかった。

DSC00819

   ↓ 建物が現れた。蔵屋敷のような建物だ。壁は黒か緑のなまこ壁の模様が入っている。
    改めて見ると入口玄関付近には、展覧会の告知看板は無い。
    大名屋敷の通用口??のようであるが、自動ドアで入る。

DSC00816

 遮光ガラスになっているので、外の眩しい光を遮断し、内部は適度な照度になっている。 

 検温は無かった。建物に入っても人はいない。向かって、右手の奥に売店があり、商品が並べてあるか゜、奥のレジの係員が1名いるだけだった。

 12:45過ぎに入館する。お昼休みの時間帯なので、検温は実施する職員がいなかったのかも。音声ガイドの貸出しは、(コロナの影響のためか??)無かった。
 ガラス張りの通路を歩く。数名の来館者の姿がある。展示室の正面入り口の大きなガラスの自動ドアをヴィーンと開ける。
 正面に独立した島状の設置された三個のガラスケースが「三連」で並んでいる。
 今回の展覧会の案内を読むと、これら正面の独立ケースは60年前の開館時はなかったという。
 当時の「開館案内」の展示がある。記載されている入館料は50円だ。この日の入館料は630円である。60年前とは「隔世の感」がある。

 前回2017年当時の訪問記事でも書いたが、各地の博物館、美術館の特別展、企画展では展示リストに「大和文華館 蔵」と書いてある文化財が少なからずある。しかも、ここ大和文華館は他館への貸し出しにも積極的である。特に所蔵文化財が限られる民間の美術館は、他館への所蔵文化財の貸し出しを行わない傾向がある。特に国宝や、有名に所蔵品はなおさらである。メインの展示文化財を貸し出ししてしまうと、公立の施設ならばともかく民間の美術館では、来館者数にも影響があるからであろう。
 対して、大和文華館は他館へメイン所蔵品の国宝など文化財の貸し出しを多く行っている。
 2014年の東京での日本国宝展には「寝覚物語絵巻」が出品されていた。
 2015年10月京都国立博「琳派展」では、尾形乾山の工芸作品(香合、火入など)が多数展示されていた。
 前回2017年の訪問は芸大美術館での「雪村展」に行った二週間後であったが、メインの展示作品は大和文華館の所蔵作品だった。今回の展示リストにも雪村の作品が展示されている。
 2017年秋の京都国立博での特別展「国宝展」にも「寝覚物語絵巻」と別の国宝が交互で出品されていた。
 何といっても、特筆すべきは昨年(2019年)秋の京都国立博物館で開催された 「特別展 佐竹本三十六歌仙 において、メインの展示作品が、ここ大和文華館所蔵の 重文 「小太君」であったことであろう。
 展覧会ポスター、チラシなどの露出媒体のメイン写真もこの 「小太君」であった。 国立博物館ではなく、同じ関西地区の民間美術館から貸出しされた作品が、天下の国立博物館の特別展のメインを張るとは、すごいことです。いっそのこと、ここで開催してもよかったのでは?、思うのは言い過ぎかな?。
 大和文華館は、日本の美術館において大変重要な位置を占める館である。

 大和文華館の説明では「・・・当時近畿日本鉄道の社長であった・・・・・によって、・・・・昭和21設立され、実際の開館までは14年の準備期間を要し・・・」とある。「・・・現在では国宝4点を含め・・・・」多くの文化財を所蔵していますという解説。敗戦直後の設立から、14年後に開館して今年で60周年である。
 
 最初、順路の表示と逆に見てしまった。順路は「ロ」の字状の展示室を反時計周りに見るようになっていた。
 最初の壁のガラスケース内には埴輪の展示がある。次いで、国宝「一字 蓮台 法華経」の展示がある。
 その先に、国宝「寝覚物語絵巻」が展示してあった。
 60年前と同じ展示構成を再現したそうだ。所蔵品を時代を追って展示しているようだ。

  入館者は、「ロ」の字の展示室の右半分のスペースに、10~15名くらいだろうか。前回来たときよりも、入館者は多い。


2016年奈良のたび 法隆寺 見学(最終) と門前のお店で食事

2016.4.9  春4月、「2016年奈良のたび」 法隆寺。
  
  法隆寺 春季寺宝展、夢殿などの見学をした。  

 ↓ 拝観時に撮影した境内の様子。夢殿からの帰り、東大門。
  青空に桜が映える。


DSC06480

↓ 夢殿から駐車場に戻る途中の、東大門の説明。
国宝である。日本最古の僧門とある。なんと、奈良時代のもの。


DSC06478

正面の入口に戻る。

DSC06481

参道の脇にある門。禅宗寺院ふうにいえば、塔頭、法隆寺内の子院だろう。

DSC06484

 南大門をくぐり、境内の外に出た。
 参道の脇にあるお店に入る。先程このお店の駐車場に車を停めたので、ここで買い物をすれば、駐車料金が無料となる。
 店に続いて、食堂も併設されていた。広い食堂だ。私達以外に中学生の集団が買い物に来てた。しかし、集団は食事はしていない。昔は40人一クラス×6クラス以上学年にいる学校がふつうなので一度に300人は入るくらいの食堂だ。今来ている中学生の人数は2クラスくらいだろうか。
 うどん、そばなどのメニューがあり、食事も出来るとのこと。ここで注文して食べる。店内には、柿の葉寿司を販売している。買ってここで食べてもよいとのこと。下の子の好物なので、数箱を購入し、早速テーブルで開いて食べる()。

 ↓  注文した「きつねそば」と「柳屋」の柿の葉寿司。
   関東に住む私にとっては「山の辺」が一番有名かな。

DSC06487

食堂(手前)と店内の様子。中学生が出入りしている。
手前は、私がたべようとする、きつねそばと食べ終えた柿の葉寿司の「葉」(笑)。

DSC06489

 私が子供、中学生の頃は子供の人数が多かったので、ここでもたくさんの児童、生徒が一度に食事をしたことであろう。しかし、時代は短い間に急激に変わった・・・・。今は、少子高齢化の時代だ。私が子供~少年の頃のアノ時代は一体何だったのか?。
 現在、自分の子供は修学旅行で奈良に来た当時の私とほぼ同じ年齢。私にとっては、(修学旅行で奈良に来た中学生の頃は)ついこの前のことに感じるのだが・・・・、一方で遠い昔のことにようにも感じる・・・・。今をもって、私の答えは出ていない・・・・・。
 
 駐車場に停まっているバスに生徒たちが戻って来た。出発するようだ。バスは「ハイランド エクスプレス」とあるように長野県のバス。このバスは上高地や松本市付近で見たことがあるし、上高地に行くときに乗ったことがある。本当に長野県の中学校の修学旅行のようだ。
 4台、4クラスで来ているのだろうか、35人学級として140人くらい。私の頃だったら、3クラス半の人数かな?。
 お店の中にいたのは、うち1クラスくらいの人数だったのかも。
DSC06491

駐車場の外側には、田畑と住宅地が広がる。
以前は、もっと畑が広がっている田園地帯だった筈だ。


DSC06490




2016年奈良のたび 法隆寺 見学(夢殿)

2016.4.9  春4月、「2016年奈良のたび」

  法隆寺 春季寺宝展などを見学し、夢殿へ歩く。私にとっては、2010年春以来、6年ぶりだ。
 道路を渡るため、注意が必要。狭い道なので、車が通ると危ない。接触しそうになるし、このときも車同士がすれ違いがでなくて、夢殿の前で滞留してしまっていた。
 
 ↓ 拝観時に撮影した境内の様子。
     内部、つまり有料拝観エリアに再び入る。

DSC06464

 ↓ 夢殿の楼上から。入口の門。

DSC06465


DSC06466

 この日は秘仏の「救世観音像」の公開期間でない。
 公開期間は「4月11日から5月 日まで」とある。木の札に書いてある。ょって、曜日に関係なく毎年4月11日と決まっているようだ。あと二日後である。この日は月曜日であったので、平成28年は月曜日からの公開となる。


DSC06467


 屋根の下の拡大。

DSC06468



DSC06469

 ↓ 山桜であろうか、花は散ってしまっている。
  殿内の仏像を拝観する人が集まっている。

DSC06470

 「絶対秘仏」といわれる「救世観音像」であるが、現在は年に二回、合計で約二か月間公開されている。ょって、「秘仏感」はあまり無いのが実情だ。

DSC06472
 
 「救世観音像」は厨子の中に入っているようだ。どれがその厨子であるか、判別できなかった。
 、「秘仏感」はあまり無いのが実情だ、と上で書いたが、
 しかし、それは現在だからこそいえること・・・・。かつては、本当に絶対秘仏であったのだ。
 簡単に拝観できるとありがたみも無くなってしまうものだ。人間って本当に勝手だ・・・・。

DSC06474


DSC06475


DSC06476

 前回来たときは、行列だった。
 まだ一回しか「救世観音像」を拝観したことが無い。あのときは、有難さを理解していなかった。


DSC06477




2016年奈良のたび 法隆寺 見学3

2016.4.9  春4月、「2016年奈良のたび」

  
  法隆寺 春季寺宝展などの見学だ。  ↓ 拝観時に撮影した境内の様子。


 伽藍の内部、つまり有料拝観エリアに入る。

DSC06447


DSC06446


DSC06449



DSC06450


DSC06451

DSC06452


DSC06453

2016年奈良のたび 法隆寺 見学2 伽藍 拝観

2016.4.9  春4月、「2016年奈良のたび」

  
  法隆寺 春季寺宝展などの見学だ。  ↓ 拝観時に撮影した境内の様子。


DSC06437

 伽藍の内部、つまり有料拝観エリアに入る。


DSC06430


 百済観音。背が高い。後ろの後背が分離している?。まず入って五重の塔。中には、白い塑像のような仏像がある。うしろの北側の仏像はねはんで、お釈迦様が死ぬ場面のよう。となりの金堂の仏像は壁画はパネルがはめられている。暗いのでよく見えないのでが、比較的鮮やかだ。正面 の大きな仏像があり、手前、向かって右側に薬師如来。隅には、あまのじゃくといいうか、邪気を抑えていてる四天王像。
金堂を反対側の出口から出る。これで三回目だったかな。五重塔がふたつあるように錯覚してしまう。薬師寺と混同か。


DSC06432


 正面の回廊の奥が講堂。金堂と混同してしまう。中は大きな仏像がある。大日如来??。 外と回廊内を見る。撮影スポットである。と、講堂の脇の回廊の石砂利の前で、母子らしい二人に ガイドが説明をしている。回廊内には、ガイト゛がいて、グループなどに説明をしている。頼んでいるのだろうか。 「斑鳩町観光協会」と腕章をしている人もいる。


DSC06442


DSC06436


 
DSC06440

DSC06441




2016年奈良のたび 法隆寺 見学1

2016.4.9  新章突入です。春4月、「2016年奈良のたび」

 早朝に自宅を出発。伊勢湾岸自動車道~名阪国道を通行する。
 以前ニュースで聞いたのだが、最高速度が引き上げされたとか(引き上げされた、その後一回は通行したかな・・・)。針インターを過ぎ、奈良盆地を囲む山をこえて、再び下り道となり、カーブを曲がる。
 視線の先に奈良盆地の景色が見えてきた。山にかこまれた平地に田畑と街が広がっている、雄大な風景だ。
 
 今までは、名阪国道を天理インターで降りて、奈良市内に向かうことが多かったが、今回はそのまままっすぐ有料の高速道路に進む。奈良盆地の中を進み、間もなく法隆寺インターの表示が出てくる。
  
  法隆寺 春季寺宝展などの見学だ。  ↓ 拝観時に撮影した境内の様子。


DSC06437

  法隆寺インターで降りる。田んぼと畑と住宅の混在する地区の中を通る一般道路を進む。途中、JRの駅の近くを通過。道は整備されて、歩道も広い。区画整理をして道路を広げたようだ。昔はもっと道が狭くて、家が近接していたような気がする(気のせいかもしれないが・・・・。)。
 やがて、法隆寺の門前に至る。右折してまっすぐの参道に入る。松林の中の道を進む。駐車場を探す。
  車は、法隆寺の門に近いお店の駐車場に停めた。有料駐車場よりも門に近い場所にある。
 お店でおみやげを買えば、駐車料金が無料になるし(笑)。
 特に下の子が好物の「柿の葉寿司」を買うしね(笑)。
 早朝出発し、休憩を含めて6時間半くらいで着いた。早起きしたので、やや眠いかな。
 
 ↓ 参道の車道の様子。
   お寺の門を背にして南側。向かって左にありお店の駐車場に停めさせて頂いた。 

DSC06422

 ↓ 道の突き当り、歩道を歩き、門へ。門をくぐり参道へ歩く。
   おなじみの道です(笑)。

DSC06423

 なぜか、ここで妻の妹と合流。JR法隆寺駅から歩いてきたそうだ。法隆寺駅でピックアップしても良かったが、私達の車の到達まで待つことを考えると、お寺まで歩いた方が早そうなので歩いて来たのだ。車中で妻は自分の妹とメールで色々やりとりして「最終決定」していた。
 JRの駅から法隆寺までは、微妙な距離があることは有名だ(笑)。バスの時刻がちょうどあったかは、確認していない。
 (妹は)大阪駅から、ちょうどよい具合に快速列車があったので、ほぼノンストップで法隆寺駅まで来て、予定よりも早く着いたとのこと。
 恐らくこの問題(JRの駅からは法隆寺が微妙に遠い件)は、あと千年たっても解決しないでしょう(笑)。
 
 国宝の南大門をくぐる。南大門といえば、東大寺のインパクトが強いので他の寺院の南大門は忘れてしまいがち・・・・・・。こちら(法隆寺)は室町時代なので、後年再建されたものだろう。東大寺の南大門は鎌倉時代だったと思うので、法隆寺の門の本が新しいことになる・・・・・・。


DSC06424

 「法隆寺秘宝展」の告知。
 「通常拝観していただけない宝物の特別公開を行っております」と告知がある。
 春に約三か月、秋に二か月半と少しの会期となっていた。
 今回の訪問は、こちらの見学も目的のひとつ。

DSC06425

 伽藍の手前のチケット売り場で券を購入。
 その間、近くに国宝の建造物があるのに気づいた。国宝「 三経院及び西室」
 鎌倉時代の建築。聖徳太子の三経を講義する、と説明にある。
 三経について、ボクは理解していません(苦笑)。


DSC06428

 国宝「 三経院及び西室」の正面近くより撮影。
 現在、東大寺に多く残っている建築物は鎌倉時代のものも多い。時代がほぼ同じなので、様式も似ているにうな・・・。特に三月堂(の鎌倉時代に建築された部分)などに。

DSC06429

 入場前におトイレに行って、体調を整えてから、伽藍の内部、つまり有料拝観エリアに入る。
 前回は2010年の春に来た。ほぼ、6年ぶりになる。
 妻の妹は修学旅行以来?。分からないが。



信貴山 朝護孫子寺 特別展「信貴山絵巻」と特別展記念スタンプラリー 開催

2016.4.9 (奈良のたび) 

 信貴山 朝護孫子寺 参拝。スタンプラリー参加もしました。
 大舞台まで登りました。鉄製の立派で頑丈な造りだ。スタンプの場所を探した。あった。本堂内に設置。

DSC06527








DSC06528



DSC06529



DSC06530




DSC06531


DSC06532



DSC06534


DSC06536



DSC06538

DSC06539


DSC06540


DSC06541


DSC06542


DSC06543







信貴山 朝護孫子寺 参拝2

2016.4.9 (奈良のたび) 

 信貴山 朝護孫子寺 参拝記。思ったよりも早く、本堂到達することが出来た。
 スタンプラリーの用紙にも本堂のスタンプをゲットした。本堂はテラスのようで大変に眺めが良い。眺望が聞く
 大舞台まで登りました。鉄製の立派で頑丈な造りだ。
 ↓ 写真の奥の欄干で行き止まり。大和盆地の方向、つまり東の方向。北と西には信貴山の山が連なり、眺望は無い。南は山々の合間にわずかに眺望がきく。


DSC06512



↓ こちらが、西、つまり大阪市内の方向・・・・の筈だが、山地だ。
境内の堂宇が見える。
DSC06513


↓ 既出) 本堂への階段。


DSC06508


DSC06507


 本堂内部の諸仏を回ることができる通路があるそうだ。しかし、時間の関係で割愛することにした。
先程のポスターで見た「信貴山展」の「割引り券」は、「本堂で販売している。」とのことだった。が、本堂の内部には、特別展のポスターはあるが、割引り券を販売しているとは書いていない。お守り売り場の女性に「特別展の割引り券は無いのですか。」と聞いてみる。と、その女性も知らないようで、別の本堂内のお札売り場の僧職の男性に聞きに行った。返事は「開催日前の販売なので、売っていない。」とのことだった。つまり「前売り券」だった(苦笑)。
 本堂まで来て、わざわざ前売り券を買うのも大変だと思うのだが・・・・。「ご褒美に割引券を販売してくれないかな!?」(苦笑)。


DSC06509


DSC06510


DSC06511


DSC06514



DSC06515




DSC06516



DSC06517






DSC06521



DSC06522



DSC06523







DSC06525


DSC06526








信貴山 朝護孫子寺 参拝1 (奈良のたび) 

2016.4.9 (奈良のたび) 

 春、4月。奈良のたびへと向かった。
 奈良国立博物館で特別展「信貴山」が開催されている。「信貴山縁起絵巻」が三巻、全巻同時公開になるとのことで企画したのだ。よって、今回その見学がたびの主要な目的のひとつだ。
 実は、昨年の秋にも絵巻はある一巻が公開になった。公開場所は、信貴山の宝物館においてだった。せっかくの機会なので、見に行こうかと思ったが、程なくして翌年の春(つまり、平成28年の春)に「三巻、全巻同時公開 特別展 開催」の報が飛び込んできたのだ。
 (実は、ウェブサイトで見つけただけだけど(笑)。)
 これは、三年前の特別展「当麻寺」に匹敵する展覧会だ。

 (漢字は、現代漢字に改めています。)

 博物館で特別展を見るだけでは、分からない。そこで先に、絵巻を所蔵している信貴山 朝護孫子寺に先に参拝しようということになった。
 そして、スタンプラリーにも参加した。

 快晴で気持ちがよい。法隆寺を先に見学して、信貴山にやって来た。

 
DSC06492



DSC06493



DSC06494




DSC06495




DSC06496


DSC06497




DSC06499


DSC06500


DSC06502


DSC06503


DSC06504


DSC06505


DSC06506


プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ