良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

東名と新東名のSA、PA

 

2016年奈良のたび2 出発~新東名 長篠設楽原PA 休憩

2016.4.9  新章突入です。春4月、「2016年奈良のたび」

 既に、信貴山 朝護孫子寺や、奈良国立博物館の特別展「信貴山」については、記事を掲載した。
 「信貴山縁起絵巻」が三巻、全巻同時公開になるとのことで企画した旅であった。今回はその見学がたびの主要な目的のひとつだ。
 最初の目的地は法隆寺だ。新東名(愛知県内新規開通)~伊勢湾岸~名阪国道と向かう。
 早朝の暗い中を出発し、東名~新東名へと走行する。
 そして、この春、新規に延長開通した路線へ入る。今までは「いなさ」Jctで、三ヶ日方面の従来の東名高速道路へ連絡道を通行し合流するルートだったが、新東名の延長開通で、愛知県の山間部をを西に貫通し、豊田経由、伊勢湾岸道に入ることが出来るようになった。
 そして、新規開通した路線の長篠設楽原PAで休憩をすることにした。もちろん、PAも新規開業したばかりだ。

 ↓ 春の朝、駐車場はすいていた。
  「いくさの陣地」のような建物。幟もたくさん立っていて、「三つ葉葵」は徳川と分かるが、花びらの家紋は「織田」だろう。ホンマにいくさのようだ。でりゃゃ~ことだ(笑)。


DSC06408

 ↓ 駐車場。右側が東京方向。左が名古屋方向。

DSC06410

「長篠」だから「長篠の合戦」にちなんで、PAのプロデュースは合戦一色。
建物の中にも鎧の複製の展示がある。記念撮影が出来るようになっていた。


DSC06421

 PAエリアの店舗内部の様子は撮影していない。しかし、合戦まんじゅうに、合戦せいべいに、合戦アイスにすべて「合戦」というのは、冗談(笑)。全くのデッチアゲではないが、合戦関連商品はたくさん販売しています。
 レストラン、イートインでは「信長 赤みそラーメン」、家康にちなんでは「鯛 天丼」のメニューもある。
 信長がラーメンを食べたことがあるか定かではないし私は寡聞にして知らないが(笑)、家康の「鯛」はヤバイかも・・・・・・。家康は鯛の天ぷらを食べて、食あたりが原因で死亡したとの伝承もあるし、大丈夫かな?。

 ↓ 自販機まで「合戦」。信長の甲冑の複製品まで、販売機の上に載っている。

DSC06420

 桜の花びらの家紋は織田のものであることが判ったが、実をいうと明智の有名な家紋「桔梗」と混同していた。似ていると思ったのは私だけかな・・・・。家紋も似ているし、討たれるのは運命だったかも・・・。

↓ PAの建物の横には、現代の鉄製の櫓がある。
 展望台のようになっていているが、実は物見やぐらで、いざ現代の合戦が勃発したきに使用するというのはウソだが(笑)、閉鎖されて登ることは出来なかった。

DSC06414


 鉄の櫓付近には何か告知があるかと思ったが無い・・・。櫓を囲むフェンスの横には「禁煙」の看板しかなく、櫓については何も説明が無かった。

DSC06419


 ↓ PAの敷地に隣接して山があり、登ることが出来るようになっている。
   PA内の公園かなと思った。が、実際には、説明の看板があり「茶臼山」と解説あった。
 中腹には途中には神社がある。山き、PAの手前側が今回の高速道路開通とPA設置に伴い、木が伐採され切り崩されている。



DSC06411


↓ 説明看板。

DSC06412

 看板によると、目の前のこんもりした丸い山は茶臼山で、本当に合戦のとき陣地で使用された山というのだ。
しかも、マジで信長が長篠の合戦のときに本陣を置いたというのだから、驚いた。
 PAのコンセプト「合戦」は、営業用かと思ったが、本当に古戦場の山に隣接したPAだったのだ。
 「合戦」に賭ける長篠設楽原PAの「本気度」を感じた(笑)。
 でも、本当の「本陣」であった茶臼山が造成工事で切り崩しされていたので、残念かも。建設工事のあとが生々しいし・・・・。
 「長篠」は長野県、昔の信濃の国の南部かと思っていたが、実際は現在の愛知県新城市だった。


DSC06415

遊歩道の途中から駐車場。春の晴天の朝、平和だな~。
こうして、家族でドライブ旅行。ボクはシアワセなのだろうか?(笑)。

DSC06416

山には上らなかったが、テラスから下を眺望。古戦場は、写真の左側。茶臼山に隠れて見えない。
合戦のときは、後方部隊が布陣したのかは、分からない。見た限り、現在はふつうの街が広がっている。


DSC06417


 PAの敷地から、茶臼山のカゲに隠れて、長篠の古戦場の跡地はよく見えない・・・・、ということは、茶臼山は平野部というか、長篠、設楽原の谷全体を俯瞰できる絶好の場所であったのである。
 信長は絶好の場所に本陣をしいて指揮をしたのだ。信長が優れた武将であったことが、よく分かった(笑)。
 よく知られるように、鉄砲を三交代で撃つことを考案しただけでは無かった。戦の総指揮官として、戦場全体を見下ろし、かつ自身も安全な場所をキープしたのだ。自ら騎馬に乗って突撃する訳ではなく、鉄砲隊の前線に陣取って射撃の指揮をするのではなく、全体を見ながら指揮をとっていたのだ。

 ↓ 南の方向。古戦場とは逆。谷には飯田線が開通していて、豊橋に電車で出ることが出来る。


DSC06418







なごや旅 帰路 (足柄SAで水汲み)

 2015年12月6日。 
 題して「なごや旅」。
 
 徳川美術館の「源氏物語絵巻」特別公開最終日にあわせて、訪問。
 名古屋市内の山本屋本店のあるお店で「味噌煮込みうどん」を食べた。

 食事の後、18:25頃にお店を出た。。東名高速道路の名古屋インターへ。店を出て、住宅地の間の道から長久手方面へ。
お店で、料理が来るのを待っている間に、スマホの地図でガソリンスタンドを探しておいた。途中にエネオスがあり、ガソリンを満タンに入れて、高速道路へ向かう。長久手から東名のガード下をくぐり、インターに接続する国道へ。意外に交通量が多い。その道から名古屋インターに入る。高速に入る前の道、交差点から(高速のインターへ接続する)国道へ出る交差点も交通量も多い。信号のずっと手前で、渋滞かノロノロ運転であった。
 戻るような感じで 東名の名古屋インターへ入る。左折で入れるので、右折待ちがなくてよい。先のお店から道なりだと、交差点で右折して、更に名古屋インターに入るときにも右折なので、こちら(長久手)経由の方が速いかも。自宅まで夜間走行である。

 東名と伊勢湾岸道との合流地点、豊田ジャンクションも混雑していない。三ヶ日でJCTで新東名に入る。途中、静岡SAで休憩をする。更に進んで、御殿場JCTから、再び東名道へ。東名の御殿場インターを通過し、その先、 
 21時30分過ぎに足柄SAに到着。自宅まで、約1時間のところに戻って来た。久しぶりに、SAの敷地内にある水汲みスポットでポリタンクに水をくむ。
 隣のドックランには、だれもいない。

↓ 真っ暗な中、水汲みをする。

IMG_3222

足柄SAエリアの端、駐車場様子。日曜日の深夜とあって、車の数もだいぶ少なくなっていた。

IMG_3223

 水汲みのついでに、少し休憩した。
 再び出発した。予定通り、足柄から約1時間で自宅に着いた。圏央道が開通したおかげで、厚木インターから自宅までの所要時間が今までよりも短くなった。

 これにて「なごや旅」はおしまい(笑)。
 さあ、いよいよ年末だ、という気分に・・・。



「なごや旅」1 東名~名古屋市内 車で移動

 2015年12月5日。 いよいよ新章突入です(笑)。

 題して「なごや旅」。
 今回の行先は、名古屋方面。徳川美術館で「源氏物語絵巻」が所有している全部の巻を公開しているという。公開は12月5日の日曜日まで。公開最終日にあわせて、名古屋(方面)に向かうことにした。
 せっかくの機会なので土曜日の夜は宿泊して、翌日に「明治村」と徳川美術館を見学することにした。
 モチロン、名古屋市だけを訪れる訳では無いのだが、便宜上、「なごや旅」と呼ぶことにする。

 1日目 出発。
 今回は上の子が同行。下の子は、行かないという・・・・。

 12:18に自宅発。東名高速道路へ。次いで、新東名を走行。この日は、とにかく名古屋に到着して宿泊するのみ。
 土曜日の午後なのであるが、交通量は多くない。順調に走行する。13時半頃に駿河湾沼津PAで休憩。
 昼食を食べていないので、何か食べる物を探す。しらす丼と「しらすうどん」のセットにした。子供は、小食なのてせあまりいらないという。二人でひとつのセットを食べる。うどんの中に「しらす」が残り、しらすをすくいにくい。「温しらす」のようになっている。
 食事をして、出発。新東名を進む。いつも、うなのだが、新東名では、静岡SAまでが意外に長い(ように感じる)。次に森掛川まで来て、更にしばらく(走行)すると、天竜川に出る。川は防音壁に遮られて見えないので、陸上の道なのか橋なのか判別がしにくい。天龍川を過ぎると、すぐに浜松浜北インター。だいたい、駿河湾沼津から一時間半ほど走行した。山にかこまれている浜松SAで二度目の休憩。こまめな休憩だ。
 陽もだんだんと西に傾いて来た。天気は快晴。秋は終わり、はや冬の気圧配置かな。

IMG_3055


IMG_3056

 ↓ 浜松の北は、山また山。南アルプスに続く山が連なっている。あの「青崩峠」もあの山々の先にあるのだ。

IMG_3057


 天気は、快晴だったものの、東名との再度合流地点の三ヶ日あたりまで来ると、うす曇りになってきた。JCTで東名に再び入る。次いでトンネルを通過して愛知県に入る。丘陵地帯の中の道である岡崎付近は渋滞なし。狭い三車線を××キロ平均で進む。この道、結構トバス車が多いのだ。制限速度は、電光表示で変更になるのだが、かなり遅いスピードだ。60キロや40キロのことも。いつも、この地帯の通行は危なく感じる・・・。特に「ナゴヤ走り」か「アイチ走り」というのか知らないが、スピードをトバス危ない車も多いエリア。慎重に運転を私はする。
 豊田JCTから、伊勢湾岸道へ。東名の名古屋インターには、向かわない。伊勢湾岸道から先は、すいていてる。先日も大きな事故があったはずだ・・・・。スピード出し過ぎの事故だろう。多いのだ。この付近は。
 苅谷の観覧車はライトがついていた。すでに日没が迫る。湾の手前のジャンクションから名古屋高速へ入る。いつもは、伊勢湾岸道をまっすぐ進んでいるが、今回は名古屋市内方面へ。こちらも比較的、すいている。通行料金770円。少し高いためかな。道は、高架なのだが、合流してきたりきて、カーブもあるし、首都高速ほどではないが、複雑です。スピード飛ばし過ぎ、無理な運転で事故も多いのではないかな?。と心配になってしまう・・・・。
 実際、名古屋高速は、市内までまっすぐの道と思ってが、カーブもあるのだ。
 日没時刻も過ぎて、だんだんと暗くなってきた。「呼続」ランプ゙で下りる。実は、地名の読み方が分からないのだ。熱田神宮に向かうことにした。ときに、午後5時。ほぼ、夜となり、周囲は暗いのだ・・・。
 高架下でわずかな、太陽の残光があたらないこともある。一般道、高架下の道路を進む。片側3~4車線あるため、真ん中のレーンを通る。しばらくまっすぐ進む。すると、名古屋高速の先に降りたランプの一つ先の「堀田ランプ」の看板もでてきた。
 と、「左 熱田神宮」の道路看板がある。名古屋高速からだと、敷地の北をぐるっと周りこむように進むようだ。
途中、信号で停まる。(神宮の駐車場の前を通る)国道への左折がなかなかてきない・・・・。交差点は、車で混雑しているし信号が短い。幹線の国道優先らしい・・・・。
 「夜のよう」に真っ暗になってからに、ようやく熱田神宮に着。「熱田神宮」と看板があるが、その先で左折する。
と、駐車場の狭い入口があるのが見えた。暗いので、分かりにくかった・・・・。駐車場は、狭いし暗いし台数は多くない。
 開場の時間は「17時まで」とあるが、特に門を閉めないようだ。17時20分頃到着。自宅からは、休憩や食事時間込みで、約5時間であった。名古屋高速を降りてから下道で結構時間もかかった。

↓ 真っ暗な熱田神宮の境内。


IMG_3059



いざ 奈良へ再び プロローグ 東名経由、西へ。

 5月の連休が終わった最初の土曜日。
 目指すは奈良です。 この春公開のあった
 20年に一度の「造替」記念 春日大社 本殿特別公開 参拝
 が目的です。そして次の日は和歌山県に入り大きな話題となった
 高野山1200年記念 特別公開
 の拝観に行きます。訪問してから少し時間が経過してしまいましたが、遅れての旅行記です。

 プロローグを少し書きます。高野山の特別公開は前年の秋に滋賀方面へ旅行した際に知りました。きっかけは「養老サービエリア」に置いてあった高野山のパンフレットです。これを見た2014年秋(11月下旬)当時の私は「来年の春は高野山だな。」と心に決めました。養老サービスエリアで(笑)。
 その前、11月上旬に正倉院展に行った際には「春日大社 造替記念 特別公開」を知りましたが、 「御本殿の特別公開」までは知りませんでした。その後、春日大社の特別公開の情報を得て「春日大社+高野山」のプランを思いつきました(笑)。
 そしてこの「たび」の決行となったワケです。

 今年の春に圏央道が有料のバイパス道路とつながり東名高速道路へアクセスが非常に便利になりました。もっとも御殿場、富士五湖方面へは海岸を通り、東名は使用せず行ってもほとんど変わらないです。しかし、御殿場を超えて沼津以遠となると東名、新東名を通ることになります。

 ↓ 写真は海老名サービスエリアの名物「メロンパン」

IMG_2448




































 あれっ、なぜ海老名に?・・・。厚木インターから東名に入り、そのまま「西へ」ではなかったのか?。
 なんと、県央道から東名に入る際に海老名JCTで間違って東名の上りに入ってしまったのです。「ボーっとしていました。」
 ウチの家族は皆「あれっ。違うよ。」とすぐに気づきましたが、分岐手前の長いループ道路で方向感覚がマヒしたためか、間違ってしまいました・・・。以前ここを通ったときは問題なく、御殿場、静岡方面(下り線)へ入ることができたのですが・・・・。ツレは「激怒」でした。
 結局、横浜町田インターで下りて一般道へ。しかし混雑していてなかなかUターンできません。しばらく渋滞してやっとUターンして再び横浜町田インターから東名の下り線へ。せっかくだから「海老名SA」に寄っていこうとなりました。「怪我の功名」ですね(笑)。
 行列していたのですが、袋に入れたパンは比較的すぐに買うことができました。
 厚木インターから下り線に入った場合は、海老名によることはできないので、厚木、海老名の往復、一般道でのUターンのための時間、海老名SAの滞在時間で合計50分くらいロスしました・・・。

 ↓ メロンパンの看板。コーナーは二つあり、袋詰めされた商品を売るコーナーは混んでいませんでした。
  トングとトレイを持って自由にパンを取る「パン屋さんコーナー」は行列でした。

IMG_2447




































 一旦、東名に入るとスイスイ進みます。御殿場の先で新東名に入り、静岡県内を走行します。途中、
 遠州森町PAで休憩です。ここには昨年の秋に来たのですが、「お茶葉の詰め放題」販売があります。お茶葉をビニール袋に自由に詰めることができるコーナーです。ツレがこれを気に入って再度チャレンジしていました。

 ↓ 看板もお茶の色「緑色」です。
   「お茶葉の詰め放題」販売コーナーはこの内側にあります。
IMG_2449



プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ