DSC02471
はるかに望む富士山。
1月の早朝。ここは、東京湾の上、海ほたるです。








DSC02479
トンネルの入り口、川崎側。その右には、羽田空港の新滑走路の橋げたが朝日に輝いて光っています。
羽田空港から離陸する飛行機もかすかに見えます。
離陸した飛行機は、やがて旋回して、海ほたるの上を通り、湾の外の方へ飛び去って行きました。




DSC02481 

東京湾の奥。かすかに東京スカイツリーが見えます。







DSC02484
朝日が昇ってきました。冬の澄んだ冷たい空気に輝いています。
「朝はつとめて(早朝がよい)」との枕草子言葉が思い浮かびます。
(こじつけですが・・・)







DSC02504
館山まで来ました。朝早い時間でしたので、まずは野島崎灯台をめざしました。着く頃には開いているでしょう。

車を止め、灯台まで歩きます。






DSC02507
DSC02508灯台から東側と陸地側を見る。
リゾートホテルが並んでいます。

よーく見ると、野島崎とはいうものの、島のような海に突き出た円形の岩礁です。
 説明によると地震で隆起した岩とのことです。

DSC02509

陸地も海岸段丘というか、途中まで丘の斜面に木があまり生えていない。
丘の上は林になっている。昔はこの岩場も含めて、海岸であり、波によって浸食された地形のようです。
 スマトラの地震から6年あまり過ぎましたが、津波はここに来ることはあるのかなどということも頭をよぎりました。もし、来たらあの海岸段丘の上まで走れば大丈夫だな・・・と。
DSC02510

 伊豆大島が近くに見えます。灯台の南は大海原です。何もありません。ただ海、海、海です。 海難事故で「野島崎沖 ××百キロメートルの海上てで・・・・」とときどき報道でも登場する地名です。また、このはるか沖合は大波が発生することもありと何かの本で昔読んだことがあります。
 何万回かに一回、複合的に巨大波が発生し、大型船の沈没もこれによって起きることがあるとか・・・。詳しくは忘れましたが。


DSC02526

白津間お花畑に来ました。
千倉町でしたが、現在は南房総市というようです。
この時期、よくバスツアーの広告で南房総お花畑特集がありますね。
漁師の網焼きなどとセットになっています。

年が明けたら、南房総バスツアーへ!!  


DSC02528










DSC02529
お花畑は海の近くです。
天気もよく穏やかな海です。








DSC02534
DSC02539思い思いに花を切りのます。
1本○○円の料金設定です。
温暖です。
本当に暖かい。コートがいらないくらいの暖かさになりました。






DSC02554

私は菜の花が多いのかと思っていましたが、
キクなどの日本の花ではなく、カタカナ名称の外国原産の花が多いです。
(どのキクやナノハナが日本原産とは知りませんか゛・・・。)