良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

北海道、東北地方のアンテナショップ、名産品

 

青森県のアンテナショップ 「北彩館」 訪問

 2016年11月5日 土曜日

  神楽坂を下り、外堀を越えて飯田橋の駅に。「そうだ、青森のアンテナショップがあったな。」と気付く。急遽、青森のアンテナ店へ向かう。お店は駅前の交番の更に先、交差点を渡った所にあった。

 飯田橋付近には学校が多い。近くの歯科大では、入試があったよう。校舎の入口に告知があった。制服姿の女の子と母親を多く見る。歯科大か近隣の別の大学の推薦入試かな?。別の高校生の一団もいる。あの有名な白百合学園の制服を着た子やブレザーの制服を着た子も歩いている。近くのある大学では学園祭が開催中のようだ。学生らしき若い人が盛んに行き来している。

 青森県のアンテナショップ「あおもり 北彩館」(ほくさいかん)はオフィスビルの一階にある。奥の部屋が倉庫のようになっている。オフィスビルの通路からその様子が見えるのだ。そこでは、店の人がいろいろと準備というか作業をしている。

IMG_0190


 先程は、銀座にある長野県アンテナショップ 「銀座NAGANO」へ行った。店頭では、長野県産のりんごを売っていた。長野の名産品は「りんご」だ。
 英語では「アップル」。この日の散策では「アップル」がもう一回、後日の記事で登場する。お楽しみに(笑)。
 
 ここ「北彩館」でも青森産のりんごを売っている。「りんご」といえば「青森」と真っ先に思い浮かぶ。「りんご」といえば「アップル」。鉛筆は「ペン」。「アップル」と「ペン」を合成すると「アップルペン」だ(笑)。
 最近の大流行の曲、ピコ太郎さんの「PPAP」につながります(笑)。こと「PPAP」のプロデューサー「古坂さんは青森の出身ですので・・・アップルを(歌詞に)入れた・・・・」とピコ太郎さん本人が先ごろ外国特派員協会でのPress Canfarenceで話をしていたのを私は見たのだ。
 ネットで調べると、青森市の観光大使に古坂氏がなっているよう。すると何らかのポスター、サインがここ青森県のアンテナショップにないかな、と思ってやって来たのだが無い・・・・。早く訪問しないと「歌の流行」が終わってしまう可能性があるので(笑)。何ぶん、短い歌であるし。ブームがどれくらい続くのか分からないし・・・・。
 青森市の観光大使は複数名就任しているが、他の有名人も含めてポスター、サインの類は一切ない。別の県のアンテナショップでは、ご当地出身の有名人のサインを掲示してることもあるが、こちらのお店には無い。「アンテナショップ」は民間企業が経営しているばあはもある。中でも県が出資する外郭団体など行政と関係が深い店の場合はサインの掲示もあるようだ。(あくまで、推測であるが。)

 店内には観光案内コーナーがある。女性の係員がいて、各地の観光パンフレットを置いてあるが、(私が見るところ)出身、ゆかりの有名人のサインなどは無い。観光コーナーには小さい丸テーブルとイスが1セット置いてある。ある親子連れが、ここに座ってアイスを食べていた・・・・。
 店の奥のカウンターでは、ソフトとジュースのみの扱いだが販売コーナーがある。りんごジュースを小さい紙コップ一杯100円で売っている。ソフトクリームはカップに入ったグランベリージャムソフトのみの販売。「りんごソフト」は無い・・・・。 
 試しに「グランベリージャムソフト」を買ってみる。300円。店の人がグランベリージャムのビンを出して、スプーンでよそり、プラのカップに入れたソフトクリームに盛るだけのソフトクリーム。うーん、微妙・・・・(笑)。イートイン販売コーナーのボードには「カップコーンに入ったソフトクリーム」の画像もある。カウンター上の写真ボードとは全く異なる商品の扱いしかないのだ・・・。店のオープン当時はもっとメニューもあったようだが、だんだんと販売を縮小しているようだ・・・・。

IMG_0187

 外に出で、店の前いある丸いベンチに座って食べる。夕方になり、だんだん寒くなってきたが、ソフトを食べることが出来ないような気温ではない。
 ↓ アンテナショップの入居しているオフィスビルの入口。お店の「のぼり」が立っている。

IMG_0188

 ↓ 引き続きソフトを食べる(笑)。

IMG_0189

↓ ベンチに座り、ソフトを食べる(笑)。店の入口付近の看板と写真ボード。
  有名な「酸ケ湯温泉」のヒバ千人風呂の写真がある。浴槽内は、撮影禁止であったので、入浴したことはあるが、写真は無い。

IMG_0193


 ツレは、商品を購入した。レジに係はいるが、自動入金機械だったそうだ。たしかに、マシンがあった。進んでいますね。

 買い物をし、ソフトクリームを食べた後は、隣のビルに「ドトール」があったので休憩する。ツレが「コーヒーが飲みたい。」という。カフェインが切れて、シャきっとしないようなのだ・・・・(苦笑)。そのうちに、時間がたって、夕方四時半くらいになってしまった。日没が迫って来た。

 ↓ 下の写真は、この記事とは関係ありません。
   この日は、夕食はスーパーで惣菜を買って、家に帰って食べた。「東北味めぐり」として陸奥湾産帆立を使用した「ほたてめし」を売っていた。「青森県」にちなんで、買って食べました。

IMG_0196





































 







「どさんこプラザ」北海道アンテナショップ訪問と「さっぽろ圏魅力発見フェア」開催 交通会館内)

 平成28年、2016年10月30日、つまり、日本シリーズの翌日のお話です。


 北海道のチームが「日本一」になった。警備員が手持ち無沙汰・・・・・・・、の広島のアンテナショップで少しばかり買い物をして、有楽町駅近くの交通会館へ。
 一階には「北海道」のアンテナショップがある。「北海道どさんこプラザ」
 行列しているのかな、と思ったが、意外にも混雑していなかった・・。やや、お客が多いかな、という程度。
日本シリーズとはあまり関係なく、特に売り出しはしていないのかも・・・。北海道の食材の販売がメインで特売はお店のコンセプトでは無いということかな・・・。福袋の販売も無かった。 


IMG_0170


 交通会館と有楽町の駅の間の広場では、北海道物産展ではなく、「さっぽろ圏魅力発見フェア」を開催中であった。駅前広場での北海道、特に札幌近郊の市町村によるイベントのようだ。値段500円で、串ベーコン、牛肉の串などを販売している。スナック形式で立ち食いが基本。食べる場所があまりない・・・。テーブルのあるテントはあったが、スペースがあまりなく、混雑すると一杯になって食べるのは、路上で、となってしまう。プラ容器に入れたご当地「ラーメン」の販売もあった。その他、クレープ、アイスなども販売していた。

IMG_0171

 各市町村から、職員もやって来て、セールスをしている。首から名札を掛けているので職員とわかる。観光や移住の案内も行っていた。
 ステージでは、イベント開催の時間外であった。

 次いで、「鹿児島」のアンテナショップ二階のレストランで黒豚の料理を食べた。その後、重要文化財指定 「明治生命館」を見学したのだった。これら両所の記事は後日別稿とします。




北海道物産展 食事と 回想北海道旅行

 平成28年、2016年9月25日、つまり本日のお話です。


 昨年、平成27年、2015の北海道旅行、題して「道東と世界遺産知床を巡る 『ひとふで書き』のたび」から、ほぼ一年が経過した。はやいものだ・・・。 反対に、今年(2016年)の銀週(シルバーウィーク)は、あったらしいが(笑)、一日くらいは出かけたが、基本的にどこも行かなかった・・・。

 さて、とあるデパート(小規模であるが)で北海道物産展が開催されていた。店頭では、北海道の農産物も売っていた。お値段は、というと、タマネギ三個入りの袋で270円くらいであった。野菜の値段が今年は高騰しているという。
 この夏以降、タマネギの産地、北海道の北見地方では台風の被害が伝えられた・・・・。昨年の今頃に通った、あの北見の大地のタマネギの産地は、大きな被害にあったようだ・・・。あのとき、道の駅では、10キロ800円で山積みで販売されていたのに・・・。今年たびを計画していた場合には、行くことが出来たのだろうか・・・・。被災された方には、心からお見舞い申し上げます。


 さて、デパートの催事場へ向かう。北海道物産展の開催中である。子供が、北海道のラーメンが食べたいそうだ。ただし、今回出店しているのは、昨年食べた「旭川」ではなく、札幌ラーメンだった。
 さて、注文する。みそベースだ。味は・・・・、濃厚ではなく、タンパクだった。あっさり系のつゆ。820円だった。
 あっさりなのは、バターを入れていないと思われる。


!cid_D4A372DD-9A5D-4B82-8ABA-6320EA9F1D59


 ラーメンのめん大盛りサービスになった。実は、子供は、スマホのアプリで 大盛り無料券をゲットしたとか。
一体、勉強ぜに何やってんだか!?。

 ↓ イートインで。スマホでラーメナン大盛り無料に。

FullSizeRender


 私は、海鮮丼を。ボタン海老の海鮮丼。2160円。いくら、ウニ、サケ、ホタテがのっている。こぶりのどんぶりだ。デパートの催事なので、値段と大きさのバランスは、これくらいが妥当かな(笑)。ホタテの味噌汁がついた。
 一年前の旅行を懐かしく思い出したのでした。

!cid_1485DCB0-DA79-4ADF-852C-0B9BF4E8AA47



 ↓ こちらは、昨年(2015年)10月に居酒屋で注文したメニュー。「厚岸のカキ」。
   までカキには、早いかな、と思ったが、北海道ではすでに秋だ。カキのシーズン到来だ!、「北海道には前月に行ったばかりだ、懐かしいな、厚岸には行っていないが、近くは通ったな。」と注文した一品。
 

IMG_2834


「函館もってきました。」 看板「函館アンテナコーナー」 

 2016年5月1日 「函館もってきました。」のおまけ情報。
  「函館アンテナコーナー」の「函館もってきました。」は、地下鉄京橋駅の近くのコンビニの一角にある。

  この3月に新規開店した長崎県のアンテナショップに寄った後、地下鉄で一駅の距離なので、徒歩で京橋に向かった。コンビニの前に来て気づきました。

 ↓ 地下鉄の京橋駅の出入口近くにある。コンビニの「函館アンテナコーナー」の看板
   北海道新幹線が開通したので、看板が新しくなっていました。「北海道新幹線」の写真が入っている。
  
   が、ここには寄ることなく、そのまま帰りました。


IMG_3981


 おまけ情報でした(笑)。



函館市アンテナシヨップ コンビニ内部のコーナー「函館もってきました」

 2015年2月

 ここは、京橋。地下鉄京橋駅の地上出口のすぐ近くに函館の商品を販売するコンビニエンスストアー、つまり「ローソン」がありました。偶然の発見です。今までアンテナショップは事前に調べて来店していたので、これは驚きです。
 すべてのローソンで函館の商品を販売するわけでは無いので、この店オリジナルのコーナーなのでしょう。
 「アンテナショップ」と呼んでよいのか、はたまた「アンテナコーナー」と呼んでよいのか、迷いました・・・・・・。
 ↓ 「函館もってきました」のあるローソン。 写真奥のビルは「東京スクエアカーデン」
    ビル街の一角にあるコンビニのためここに函館関連商品の販売があるとは気づきにくいです。

IMG_2249



































 ともかく店内に入ります。店の入口近く。ある棚の周辺が、函館の商品コーナーになっています。加工食品が中心の品ぞろえ。「北海道のじゃがいもを原料にした函館のポテトチップス」が置いてあります。トラピストクッキーもありました。あとは、イカやホタテの干物関連の商品が置いてあります。
 たしかに函館の近郊にある修道院の名を冠したクッキーは、濃厚な味で美味ですね。おそらくこのコーナー一番の主力商品でしょう。
 
  ↓ 写真は京橋駅の入口。 「函館もってきました」のあるローソンは、写真奥のビルの一階です。
    偶然ですが、写真をよ~く見ると、そのビルの一階部分にローソンの「青い看板」が見えます。
IMG_2224




































プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ